FC2ブログ

<憑依>実験体の暴走

とある研究所ー

そこでは、憑依能力の研究が行われていた。

が、ある日、
実験体が研究所から逃げ出してしまう…。

※リクエスト作品デス
-----------------------

その研究所では、秘密裏に
”憑依薬”の開発が行われていたー

”憑依薬”の開発状況は最終段階ー
まもなく、実用化にまでこぎつけていた。

「神原所長」
若い女性研究員の深夏(みなつ)が言う。

「--なにかね?」
鋭い目つきの男・神原所長(かんばらしょちょう)が
深夏のほうを見る。

「--人体実験を行うって本当ですか?」
深夏の表情は青ざめている。

「ああ…あとは、人間が実際に効果を発揮できるかどうか、
 副作用はないかどうかを確かめるだけだからね」
神原所長の言葉に、深夏は首を振った。

「普通の治験とは違います。
 憑依薬は人体への負担も大きいですし、
 被害者が出る可能性が…」
深夏がそこまで言うと、神原所長は手をあげて
深夏を制した。

「--”上”からの命令だー」

この研究所では、”上”からの命令で憑依薬を
秘密裏に研究しているー
決して表ざたにすることはできないー。

そしてー

この憑依薬の完成のためならー

「---凶悪犯罪者の石沼次郎(いしぬま じろう)を
 好きにしていいと、上から連絡があった」

神原所長はそう言うと、笑みを浮かべた。

石沼 次郎とは
3年前に連続殺人を引き起こした犯罪者で
既に無期懲役が確定している。

「----き、凶悪犯なら、人体実験に使ってもいいと、
 そうおっしゃるのですか?」

深夏の言葉に
神原所長は頷いた。

「ーー憑依薬の研究はね…
 神への挑戦だ。

 神が我々人間に与える身体は、一人ひとつ。
 その神が作ったルールという牢獄から
 飛び出るときがやってきたのだよー。

 安いもんじゃないか。
 凶悪犯、一人の命など」

神原所長は、そう呟くと、不気味な笑みを浮かべたー

そしてー
人体実験が始まったー

縛り付けられた石沼 次郎を見つめながら
神原所長は笑う。

「やれ」
神原所長がそう言うと、
男性職員の会原(あいはら)が、スイッチを押す。

憑依薬が悲鳴を上げる石沼に注入されていくー

石沼はビクンビクンと痙攣をしているー

「--ふふふふふ…」
神原所長は笑みを浮かべながら
その様子を見つめるー

人間への投与が成功すれば
憑依薬はいよいよ実用段階に突入するー

石沼を隔離している部屋の壁には
霊体を遮断する特殊な加工がおこなわれていて、
部屋の外にいる人間が憑依されることはないー

「--よし、モルモットNo2を部屋に入れろ」
神原所長が呟く。

「はっ!」
男性職員の会原が頭を下げるー

モルモットNo2とは
石沼とは別の凶悪犯罪者だー。

桂(かつら)という名前の犯罪者が
悲鳴を上げながら連行されていくー。

石沼が憑依能力を手に入れたかどうか、
確認するために、用意されたのがこの桂。

「--石沼君。ひとつ取引をしよう。
 そこに今、放り込んだ桂という男に
 君が憑依することができたら、君は自由の身だ」

神原所長が笑いながら言う。

「--う…」
石沼は、神原所長を睨みつける。

もう一人の凶悪犯・桂は「助けてくれ!」と叫んでいる。

「--君に今、投与したのは試作段階の憑依薬。
 君は他人に憑依する力を得たー

 ま、その部屋には特殊な加工がしてあるから、
 我々には憑依できぬがね」

神原所長は、窓をつんつんとつつくと、
「さぁ、そこにいる桂に憑依したまえ。
 君が助かる道は、それだけだ」

神原所長は、
ガラス越しに部屋を見つめながら笑う。

石沼が桂に憑依することができたのであれば
憑依薬の人体実験は成功だー
桂ごと、石沼は廃棄処分するー

逆に、石沼が反抗したり、
憑依できなかったら、そのまま石沼は処分して
今度は、桂に憑依薬を投与するー

満足いく結果が出るまで
何度も何度も実験を繰り返してー
そして、

「うっ…うっ…あ、、、あぁああああ!」
部屋の中にいた石沼が突然もがき始めた。

「---!!どうした!?」
神原所長が叫ぶ。

「所長!副作用です!」
女性研究員の深夏が叫ぶ。

神原所長が唖然としながら
部屋のほうを見るー

”わたしが開発してきた憑依薬に副作用などあるはずがー”

やがて、石沼は青ざめたまま動かなくなったー。
死んでいるように見える。

「所長!扉を開けてください!」

死んだ凶悪犯の石沼と、
いまだに悲鳴をあげているもう一人の凶悪犯・桂のいる部屋に
深夏が入っていくー

その時だったー

ビクン!と一瞬深夏が震えたー

「---?」
神原所長が深夏のほうを見る。

深夏はにやりと笑みを浮かべると
実験室から外に出る。

そしてー

凶悪犯が逃亡した時のために
用意されていた銃を突然手にすると、
研究員の会原を銃撃したー

「--!?」
神原所長が驚くー。

「--ひっ…ひひひひひひひひひ
 あはははははははは~」
深夏が大笑いしながら両手を広げる。

「あ~~~…
 いい女の身体、げっとぉ~!」
深夏が舌をペロペロさせながら笑う。

「--…まさか、、、石沼!」
神原所長の言葉に深夏が笑う。

「そうだ!俺だよ…!くくくくく
 死んだふりにひっかかってくれるなんてなぁ~!
 おかげでこの女の身体はこの俺がもらった!」

深夏がゲラゲラと笑う。

自分の眼鏡をはずして放り投げる深夏。

「--ひっひひひひ…
 どうする?この女を撃つか?
 あ?」
深夏が挑発的な笑みを浮かべながら言う。

神原所長は両手を上げながら
「待て…話し合おうじゃないか」と呟く。

その表情はーー
焦っている表情ではなかったー

周囲の研究員たちは
戸惑っているー

目の前で同僚の会原が殺されたうえ、
憑依薬によって、深夏が
乗っ取られてしまったのだー

焦らないほうが無理だー。

「---へへへへへ…」

その時ー
実験室に閉じ込められていた
もう一人の凶悪犯罪者・桂が
隙をついて実験室から飛び出す。

「---ひゃはははは!」
それに気づいた深夏が笑いながら振り返って
桂を容赦なく撃つー

悲鳴をあげてその場に倒れる桂ー

だがー
パァン!

背後から音がした。

深夏が自分の身体を見つめる。

「ふひっ…」
そして、笑みを浮かべたー

深夏の身体から血が噴き出している。

「えへへ…女の血だぁ…」
深夏の手について血を嬉しそうに舐める深夏ー

「---所長!」
他の女性研究員が叫ぶー

深夏を撃ったのは、
神原所長だった。

「-我々は神に挑もうとしているのだ。
 憑依薬の完成のためなら
 多少の犠牲は仕方がない」

神原所長が、狂気的な笑みを浮かべながら
振り返る深夏に、もう1発、銃弾を放つ。

「ぐぁっ!」
深夏が口から血を流しながら笑う。

「ひひひ…ひ…
 マッドサイエンティスト野郎が…!」
深夏がニヤニヤしながら言う。

「--マッドサイエンティストで結構。
 時代への扉を開くのは、
 私のような、狂った研究者なのだよ」

そう言うと、神原所長は容赦なく、
深夏ごと凶悪犯罪者の石沼を葬り去ったー

深夏が動かなくなるー

女性研究員の深夏ー
男性研究員の会原ー
凶悪犯罪者の石沼と桂ー、
4人の遺体が横たわる状況に
周囲の研究者たちは唖然としている。

「ーー安心したまえ」
神原所長が笑みを浮かべながら
他の研究員たちを見るー。

「我々、政府から秘密裡に研究を
 依頼された選ばれた研究者たちだー。
 多少の犠牲は政府も目を瞑るさ」

それだけ言うと、
他の研究員に対して
「ごみ掃除は任せたよ」と
肩を叩きながら呟き、
神原所長はそのまま所長室へと戻っていったー

残された研究者たちには、
唖然とすることしかできなかったー

・・・・・・・・・・・・・・・

1時間後ー

女性研究員の亜理紗(ありさ)は
笑みを浮かべていたー

「---亜理紗?大丈夫か?」
男性研究員の一人が
亜理紗に声をかける。

「えぇ…大丈夫よ…」
亜理紗はそう言うと、振り返りざまに
その男性研究員に液体を投げつけた。

「うわっ!?」
悲鳴を上げる男性研究員。

亜理紗が、笑いながら走り去っていくー

「くくくくくー
 俺は生まれ変わったー
 深夏とかいう女の身体は
 殺されても、俺は死なねぇ…!」

深夏に憑依していた凶悪犯・石沼は、
気体となって深夏の身体から抜け出し
この亜理紗に憑依したのだ。

「へへへへっ!憑依薬…
 いいもんくれたぜ」

幼い顔立ちの亜理紗が表情を
鬼のように歪めて笑うー

そして、亜理紗は研究所の外を目指して走るー

・・・・・・・・・・・・

「--いよいよ…憑依薬が完成する」
神原所長は自分の部屋で笑みを浮かべていたー

神原所長のバックに潜む
胡桃沢厚生労働大臣に報告を送るー

そしてー

「--わたしは、神になるー」
神原所長が邪悪な笑みを浮かべた
その時だったー

部屋に他の研究員が駆け込んでくる。

「--な、なんだね?」
神原所長が言うと、
研究員は叫んだー

「い、、石沼が!まだ生きてます!
 亜理紗の身体を奪って逃走中!」

その言葉を聞いて、神原所長は「なんだとぉ!」と叫んだー

・・・・・・・・・・・・・・・・・

亜理紗が警備員たちをやり過ごして
出口に向かうー

”一人の女性研究員”が外出するー

そんなことはよくあることだ。

だから、亜理紗が乗っ取られていることを
知らない警備員たちにとって
亜理紗が通過することは何の異常事態でもなかった。

「---馬鹿なやつら」
亜理紗は悪い笑みを浮かべる。

「それにしても…憑依…すごい力だぜ」
亜理紗は自分の手を見つめながら
クスクスと笑うー

「他人の身体が、思いのままだー」
亜理紗は自分の手をペロペロと舐めると
「もう俺は誰にも捕まらねぇ」とゲラゲラと笑い、
そのまま歩き出す。

”全関係者に告ぐ”
神原所長の声が研究所内に響きわたった。

”研究員に凶悪犯罪者の石沼が憑依、
 逃亡している。
 外に向かう研究員を発見次第、捕獲せよ
 
 生死は問わない”

「--けっ」
亜理紗は舌打ちした。

これで、今までのように警備員たちを
苦労せずにやり過ごすことは
難しくなってしまったー

「---さっさとずらかるか」
亜理紗は笑いながら研究所の外に向かうー

「--止まりなさい!」
警備員の男が亜理紗に気づいて声をかけるー

「--ふふふ…この身体なら…」
亜理紗は服に手をかけて、
服を脱ぎ捨てた。

「こんなこともできるぜぇ!」
身体を見せつけて警備員がドキッとしている間に、
亜理紗は警備員に絡みついて、
そのまま首を絞めつけた。

「--へへっ」
服を脱ぎ捨てた亜理紗が笑う。

「便利な身体…いいや、俺の入れ物だぜ!へへへへへ」
亜理紗は下品に笑うと、
上半身下着姿のまま歩き出す。

警備員が戸惑う。

亜理紗は制服のズボンも脱ぎ捨てて
警備員たちを混乱させる。

”何をしている!早く確保しろ!”
神原所長の声が響き渡る。

所長は、警備主任の部屋で
部下たちに指令を下していたー

しかし、
亜理紗が捕まらないことに業を煮やした
神原所長は、そのまま部屋を飛び出した。

・・・・・・・・・・・・

「-----」
憑依された女性研究員・亜理紗は
研究所の建物から出て、
外に向かう敷地内に立っていたー

パァン!

背後から銃声が響き渡るー

「---!」
亜理紗が自分の身体を見つめるー

「---う…」
亜理紗が苦しそうな表情を見つめながら
背後を振り返ると、
そこにはー神原所長がいたー。

部屋から飛び出して、自らが追跡してきたのだ。

「人類の新たなる一歩…
 そのためなら私は、何人でも犠牲にする覚悟だ」

神原所長が驚く亜理紗にさらに銃弾を放つ。

亜理紗がその場に倒れて
苦しそうに声をあげる。

「しょ…しょちょう…どうして…」

とー。

亜理紗は、もう憑依されていなかったー
敷地内で解放されて
石沼は既に別の身体に移っている。
正気を取り戻した亜理紗は
近くの警備員に救出されて、
落ち着いたところで、外の空気を吸いに来ていたのだったー

「--!?」
神原所長が表情を歪める。

「あっははははははは!」
背後から別の女の笑い声が聞こえてきたー

「ばーか!」
警備員の女だったー。

神原所長が振り返るー。

痛い、痛いと苦しむ亜理紗の髪を掴んだ
警備員の女が笑うー

「ーーこの女は、もう解放されていたのに!
 あっははははは!人殺し!」
煽るように叫ぶ警備員。

神原所長が慌てて銃を取り出すー

しかしー
女警備員が突然倒れるー。

「ひゃははははは!最高だぜ!」
女警備員から飛び出す霊体ー

憑依能力にさらに馴染んだ石沼は、
気体になったり、液体になったりー
自分の身体を自由自在に変化
させられるようになっていたー。

もはや、無敵と言ってもいい。

「---くそっ!私の研究の邪魔をするな!」
神原所長が叫ぶー

「お前など!憑依する身体を全部なくしてしまえば」
神原所長が発狂して、
笑いながら、苦しむ亜理紗と
気を失ったままの警備員を撃つー

動かなくなった二人を指さしながら
「--何もできまい!」と叫ぶー

”できるぜ”
石沼は笑うー

「うっ!」
神原所長がうめき声をあげたー

そしてー
笑いながら自分に銃を向ける。

「こんなこともなぁ!」
憑依された神原所長は笑いながら
自分を撃ちぬいたー

そのまま崩れ落ちる神原所長ー

そして、石沼は-
近くにいた猫に憑依するー

猫の身体を乗っ取った石沼は
そのまま研究所内の敷地から
飛び出して、嬉しそうに外の世界へと飛び出したー

・・・・・・・・・・・・

それから1週間ー

石沼の行方は今でも分かっていないー

事件のあった研究所では、
何事もなかったかのように
神原所長の後任である、梅津田所長が、
憑依薬の研究を続けていたー

その結果、欠点が判明したー。

”短時間で憑依を繰り返す”と、
霊体に戻れなくなり、その身体から抜け出せなくなることが
判明したのだー

「---まだまだ改良の余地がありそうだな」
梅津田所長は、静かに呟くと
憑依薬の研究を続けるのだったー


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

リクエストによる作品でした!

少し前の「治験」と似たような舞台に
なってしまいましたが
まったく別物デスー!

リクエストの原文は

”> 実験体の暴走
> とある研究所で憑依の実験体となってた男が隙を見て脱走。その際、
一時的に研究員へ乗り移るのもあり
> そいつは液体・気体化の憑依能力を使い、可愛い娘に憑依しながら追っ手をかわしていく。
> しかしその力は不完全であったがために最終的には・・・
> 特に結末の要望はしないけど、憑依した娘のカラダから
抜け出せなくなる、つまり憑依能力が無くなる?みたいな
> あまり低年齢はダメみたいだが小1くらいなら抜け出せなく
なっても長く楽しめそうだから良いかな、と思ってます。”

というものでした!

2話や3話にすればもうちょっと
色々な身体に乗り換えて追撃を
逃れることもできましたが
今回は1話にしたので、
こんな感じになりました!!

少しでもお楽しみ頂けていれば何よりデス!
今日もありがとうございました!!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

無様>
石沼さんのその後は…
想像が膨らみますネ~笑

15日からのは、
久々の3話ものデス~!
楽しみにしていてください~☆
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム