FC2ブログ

<入れ替わり>ストーカーはお姉ちゃんif

姉の絵梨香とストーカー男が
入れ替わってから3週間…

姉の絵梨香は妹の萌美を助け出そうと、
決死の行動に出るのだった…。

もしも…
”もしも”異なる選択を妹がしていたら…?
ifの物語!

※リクエストによるifバージョンデス。
 第3話の結末とは異なる結末をお楽しみください~☆
 (先に本編をお読みくださいネ)
----------------------

高校1年生の少女
杉本 萌美(すぎもと もえみ)に
付きまとう不気味なストーカー男がいた。

小田切 和馬(おだぎり かずま)という名前の男だ。

妹・萌美がストーカーに
付きまとわれていることを知った萌美の姉、
絵梨香(えりか)は、妹に付きまとう男を
追い払うためにー
そのストーカー男と対峙した。

しかしー
その最中に雷が落ちて、
絵里香とストーカー男が入れ替わってしまう。

絵里香になったストーカー男は、
絵里香として、萌美を愛でていくー。

「もえみ…もえみ…もえみ…♡
 ふふっ…も~えみ♡ もえみ♡
 えへへへへ♡ へへへへへへへへへぇっ♡」
姉の絵里香になって、
萌美を愛でたい放題のストーカー男・和馬。

やがて、和馬の中には
姉としての感情までもが生まれていくー。

妹の萌美も、相手が姉の絵里香だということで、
警戒も何もしていないー

そしてー
入れ替わりから数週間。
姉の絵里香(和馬)と、妹の萌美は
休日を利用して姉妹で遊びに出かけていた。

妹の萌美として、
入れ替わってしまった姉に何の違和感も
なかったわけではない
自分を散々付け回していた
あのストーカー男は、自分の前に姿を現さなくなったー
そして、あの直後、姉の様子がおかしいと感じるときもあったが、

今はふつうー
いや、”前よりも強い愛情を感じる”

もしかしてー

妹の萌美は、どこかでそう思っていた。

けれどー
憧れのお姉ちゃんがこんなにも良くしてくれるし、
萌美によっても、最近の姉妹の関係は理想の関係だった。

うすうす”何かが起きているかもしれない”ことを
妹の萌美は気づいていた。

そんなとき、和馬(絵里香)が二人の前に姿を現したー

”最後の手段”を手に入れた和馬(絵里香)-。

自分が、本物の絵里香だとー
入れ替わってしまったのだと信じてもらうためにー

戸惑う萌美。
言葉巧みに言い訳を続ける絵里香(和馬)

そしてー
和馬(絵里香)はため息をついて、カエル柄のピンク色のスマホを出した。

そこにはー”最後の手段”が保存されているー

あの日、体が入れ替わってしまった瞬間、
それを録画した映像

たまたま、近くで遊んでた不良たちが、
”修羅場”として、面白半分で撮影した動画ー

ピンク色のカエルのスマホに拒否反応を示す萌美。

そこにはー
雷鳴と共に倒れる2人ー
目覚めた二人の様子が明らかにおかしいことー

「--僕が…萌美ちゃんの…
 お姉ちゃん…?
 ふふふふ…
 ふほ、うへへへへへへへへ!」


という絵梨香の言葉が映し出されていたー

「こ…これは…」
萌美は、姉の絵梨香(和馬)の方を見る。

絵梨香の表情からは先ほどまでの笑顔が
消えて、表情には焦りが浮かんでいたー

「--萌美!騙されないで!
 わたしが、絵梨香!」

目の前にいるストーカー男・和馬(絵里香)がそう叫ぶ。

「お姉ちゃんー」

萌美は呟いた。

「---そ、そんなもの、
 いくらだって、、合成できるでしょ…!」
絵梨香(和馬)が裏返った声で言う。

明らかに苦し紛れな言い訳ー

2人が入れ替わっているのは、
もう、ほぼ確実だった。

それでもー
萌美はここ1、2週間のことを考えた。

大好きなお姉ちゃんとさらに仲良くなれて
毎日がとても楽しかった。
今までよりも楽しいと感じたし、
仮に中身が、ストーカー男だったとしても、
その楽しい日々は事実だったし、
姉は、本当に自分を心配してくれているー。

そしてー
目の前にいるストーカー男の和馬(絵里香)を見る。

「--萌美…」
和馬(絵里香)は目に涙を浮かべて萌美を見ている。

正直、”気持ち悪い”
そう思ったー

小太りの男が、目に涙を浮かべながら自分の名前を呼ぶ。

生理的嫌悪を感じたー。

仮に、
仮に中身が姉の絵梨香だったとしてもー

”気持ち悪い”
心からそう思った。
吐き気がする。

入れ替わっているという話は本当なのか?
萌美は頭をフル回転させる。

恐らく本当だー。
あの日、少しだけ姉の様子がおかしかった。
まるでストーカー男のように感じた。

けれど、最近は違うー
毎日が楽しい。

もしもここでー
ここで入れ替わったことを認めたらー?

横に居る姉の絵梨香はーー
中身がストーカー男の絵梨香は、どういう態度を示すのだろう…?

それにー
2人は元に戻ることができるのだろうか?
もしもできないなら、自分は、気持ち悪い男と一緒に
暮らすことになる?
中身が姉だと分かっていてもー気持ち悪いー
そんなのは嫌だ…絶対に…。

「お姉ちゃん…わたしを…守ってくれる?」

萌美は答えを出せないまま
そう呟いた。

「--当たり前でしょ…。萌美…!」
和馬(絵里香)が微笑みながら言う。

吐き気がする―

「---萌美…わたしを信じて」
横にいる姉の絵梨香(和馬)が優しく微笑むー

萌美は決断したー

もしーーー
もしも、この時の選択が違っていたのであれば、
その後の運命はー
大きく変わっていたのかもしれないー

「---どんな姿でもー
 お姉ちゃんはお姉ちゃんだから」

萌美はそう呟いてー
和馬の姿をした絵里香のほうについたー

「----!!萌美…!」
絵里香(和馬)が表情を歪めるー

なぜだー?
あんなに、僕のことを気持ち悪がっていたのにー

「---萌美…」
和馬(絵里香)が、萌美の手を握る。

萌美は少し嫌そうな表情をしたものの
すぐに和馬(絵里香)の手を握った。

「-ーどんな見た目でも…
 わたしのお姉ちゃんは…お姉ちゃんだけだから」
萌美が言うと、
和馬の姿になってしまった絵里香は
嬉しそうに頷いたー

「--ちょっと、見た目は気持ち悪いけど…」
萌美が苦笑いしながら言うと、
和馬(絵里香)も苦笑いしたー。

自分に付きまとっていた男の身体を
気持ち悪いと思うのは当然かもしれないし、
仕方がないーー

和馬(絵里香)はそんな風に思ったー

「わ…わたしが…わたしが絵里香よっ!」
絵里香(和馬)が叫ぶ。

「そんな、そんな気持ち悪い男に騙されないで!」
絵里香(和馬)が明らかに動揺しているー

「---…お姉ちゃんに、身体を返してあげて」
萌美が言う。

しかし、絵里香(和馬)はイライラした様子で
髪をぐしゃぐしゃに掻きむしると
乱れた髪型のまま叫んだ。

「---ははははははは!
 僕のこと気持ち悪がってたのに!
 どうして、どうして、そっちに行くんだ!」

絵里香(和馬)が本性を現したー
挙動不審な動きをしながら叫ぶ絵里香(和馬)

「僕は、萌美ちゃんを愛してる!
 この身体で、萌美ちゃんを愛してあげる!
 ほら、こっちに来なよ!
 うへ、、うへへへへへへへへ」

絵里香(和馬)が欲望に満ちた笑みを浮かべるー

あのストーカー男が浮かべていた笑みと同じー
紛れもない、中身があの男だと証明していたー

「--元に戻る方法は、もうないよぉ…!」
絵里香(和馬)がひひひひひ、と笑いながら言うー

「---そんな」
和馬(絵里香)が表情を歪める。

「僕のこと、気持ち悪いって言ってたよねぇ~?
 中身が本物のお姉ちゃんだとしても
 そんなキモイ奴と一緒にいるなんて
 耐えられないんじゃないの~?

 それに、
 お父さんやお母さんは理解してくれるのかなぁ~?」

絵里香(和馬)が悪い笑みを浮かべた。

遊園地の賑やかな音が耳に入らないぐらいに
萌美は、どうするべきかどうか、悩むー

けれどー
答えは決まっていた。

「-ーお父さんとお母さんは
 わたしのこと、信じてくれるもんー

 それにー
 ちゃんと、お姉ちゃんとして振舞うから
 安心して、萌美」

絵里香(和馬)が
再び絵里香の口調に戻って
萌美に手を差し出した。

「--萌美!」
和馬(絵里香)が叫ぶー

”騙されないで!”と言いたげにー。

そしてー
萌美が、絵里香(和馬)に向かって手を差し出す。

勝ち誇った表情を浮かべる絵里香(萌美)
”僕の勝ちだぁ…
 萌美ちゃんは、僕のものだぁ…!!!!”

しかしー

パチン!

萌美は、絵里香(和馬)の手を握らずー
はたいたーーー。

「-!?」
絵里香(萌美)が表情を歪める。

「あんたなんて、お姉ちゃんじゃない!
 見た目も記憶も、お姉ちゃんのものを
 持っていたとしても、
 あんたは、お姉ちゃんじゃない!」

萌美が、和馬(絵里香)の手を掴むー

「中身がお姉ちゃんじゃなきゃ、
 記憶も見た目もお姉ちゃんでも
 それは、お姉ちゃんじゃないの!」

唖然とする絵里香(和馬)。

「いこっ!」
萌美は、和馬(絵里香)の手を掴むー

たとえ、見た目が
ストーカー男でも
お姉ちゃんはお姉ちゃんだ。

たとえ、元に戻れないのだとしてもー


ひとり残された絵里香(和馬)は
笑い出す。

「くくくくくく…
 くくく…
 ははははは、
 あははははははははははは♡」

絵里香(和馬)は絵里香の身体を奪っても
萌美に逃げられたことに絶望し、
泣きながら笑っていたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅した萌美は、
和馬(絵里香)を外に待たせて
両親を必死に説得したー

けれどー
両親もそう簡単には納得してくれなかった。

当たり前だー。
娘とストーカー男が入れ替わったなどと
信じられるはずもない。

「-----」

「-----」

それでも、萌美は必死に説得を続けー
和馬(絵里香)はなんとか家に置いてもらえるようになった。

両親はまだまだ半信半疑のようだったし、
警察に通報する、などと言っている。
父親に至っては、娘の身体を奪ったやつを
見つけ出して八つ裂きにしてやる!
と怒り狂っているような状態だー

けれどー
それでも、
少しずつ
和馬(絵里香)は、絵里香として
認めてもらえるようになっていきー

1か月が経過したころには、
和馬は、元々の和馬の容姿とは
大きく異なる、清潔感のある容姿になっていたー。

「---なんか、ずいぶん変わったよね」
萌美が笑うと、
和馬(絵里香)はほほ笑んだー

「もう、戻れないかもしれないのに、
 いつまでもくよくよしてるわけにはいかないから…」

和馬(絵里香)は笑った。

入れ替えられてしまったー
自分の身体を奪われてしまったー

けれど、
絵里香はまだ生きているー
家族といられる幸せがこの手にある。

和馬(絵里香)は仕事を探しながら
バイトをしている。
今の時代、なかなかすぐに正社員は
難しいけれど、
それでも、できる限りのことは
していきたい。

そう思ったからー。

「---それにしても、
 お姉ちゃんとお兄ちゃん、
 両方の立場を経験することになるなんて
 思わなかったなぁ~」

和馬(絵里香)がほほ笑む。

その言葉を聞いて
萌美はにっこりとほほ笑んだー

「--ふふふ、
 わたしもびっくり!
 お姉ちゃんとお兄ちゃん、両方を
 持つことになるなんて、ね?」

ふたりは笑い合うー

正直ー
”どっち”を選ぶかー
迷った。

姉の絵里香の姿をしたストーカー男を
選ぼうと、一瞬迷ったー。

それも事実だー

けれどー
やっぱりー。
記憶と、外見を持っていてもー
お姉ちゃんじゃないやつは、お姉ちゃんじゃない。

そしてー
お姉ちゃんは
お姉ちゃんだー。

「これからもよろしくね!」

「うん!」

ふたりは、笑顔で手を取り合ったー

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ーーーー萌美は目を覚ましたー

これは、もしも、の物語ー。

もう、選んだ道を引き返すことはできないー

「----ごめんね」
萌美の目から涙がこぼれたー

わたしはー
本当のわたしは、
”お姉ちゃんを捨てる道”を選んじゃったからー…


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

「もしも、最後の選択で
 ストーカー男の身体のお姉ちゃんを選んだら」を見たいという
ご希望から生まれたifのお話でした!

ストーカー男(お姉ちゃん)を選んでいた場合は
こんな感じかな~!と想像しながら書きました!!

でも、、
事実を変えることはできないので、
最後はこんな感じに(笑)

お読み下さりありがとうございました!!

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム