fc2ブログ

<憑依>この住宅街は支配されている①~闇守町~

とある場所に存在する闇守町(やみもりちょう)-。

閑静な住宅街で、平和な生活を謳歌していたその場所はー
半年前から”地獄”と化していたー。
------------------------

闇守町ー

閑静な住宅街で、
のどかな雰囲気の漂う町ー。

しかし、この町が、そうであったのも
”半年前”までのことー

「おはよう」
小太りで禿げ頭のおじさんが、登校中の女子高生に挨拶をするー。
女子高生は満面の笑顔で「お、、おはようございます」と
頭を下げて挨拶をしたー。

小太りの男は、満足そうに笑うと、
そのままコンビニに入っていくー

コンビニでは、店長をはじめとする、店員が並んで
「いらっしゃいませ!」とあいさつをするー

小太りの男は、満足そうに微笑むと、
ビールとつまみを手に、レジに向かい、
店長は「私がお会計します」と、自分の財布からお金を取り出して、
その男に”奢った”-

堂々と街中を歩く男ー

彼の名は
松重 剛太郎(まつしげ ごうたろう)-。

半年前に、この町にやってきて、
今や、この町を”支配”している男だー

今や、この闇守町で剛太郎に逆らうことのできる人間はいないー。

「--あ、おはようございます」
OLが、礼儀正しく頭を下げる

「おう」
男は、鼻をほじりながら、無礼な態度で挨拶を返すー

それでも、OLは満面の笑みのままー。

剛太郎には、逆らえないからだー。

家に帰宅すると
「お帰りなさいませ!ご主人様!」とメイド服姿のかわいい子が
剛太郎を出迎えるー

「おう」
剛太郎は横暴な態度で、そう返すと、
中年太りした腹を叩きながら
「飯!」と、メイド服姿の女性に言い放ったー。

「はい!すぐに準備いたしますー」
メイドがそう言うと、
チャイナドレス姿の女とバニーガール姿の女がやってきて
剛太郎のお世話をし始めたー

他にもレオタード姿の女やセーラー服姿の女などの姿が見えるー

彼女たちは、全員ー
剛太郎の”力”によって、身も心も支配されてしまった人間たちだー。

剛太郎には、ある力があったー。

それはー
”憑依”-

憑依能力を手に入れた剛太郎は、半年前、この町にやってきて
憑依能力を使い、この町を支配したー。

憑依して他人の身体を乗っ取りー
その身体を遊びつくしたりー
大事な家族や恋人を乗っ取って”脅迫”したりー、
邪魔者を乗っ取って自殺させたりー

そしてー
憑依能力を使って、脳を書き換えてー
本人の性格や思考まで歪めることもあったー

ここにいる女たちは、剛太郎に憑依されて
剛太郎の忠実なしもべになるように、
脳をいじられてしまった女性たちー

「--んっ…ご主人様…きもちいいですかぁ…?」
チャイナドレス姿の女が、嬉しそうに剛太郎のアソコをしゃぶっているー

剛太郎がニヤニヤしながら、
「--うへへ」と呟くー

バニーガールは剛太郎の肩のマッサージを行いー
メイド服の女は、剛太郎のために料理を作っているー

チャイナドレスの女の口に大量に液体を放出すると、
賢者タイムに突入した剛太郎は、「どけ!」とチャイナドレスの女を
蹴り飛ばしたー

蹴り飛ばされても、うっとりとした表情の
チャイナドレスの女ー

「--この町はー」
メイドが作った料理を口に運びながら、剛太郎は笑うー

「--俺のものだー」
とー。


”闇守町”はー
剛太郎に支配されているー

”逆らえば死”が待っているー

半年前ー

剛太郎に逆らった町長は、娘を乗っ取られて、
娘の精神を完全に歪められてしまったー

剛太郎は、目の前で、娘が喜んで剛太郎に”ご奉仕”する様子を
町長に見せつけたー。

町長の心は、簡単に折れたー。

今、チャイナドレスを着せられている女が、
その町長の娘だー。

憑依されて、思考を歪められた娘が、
嬉しそうに汚らしい男にご奉仕している場面を見た
町長は、もう、剛太郎には逆らえずー、
それから半年間、剛太郎の意のままに動いていたー。

剛太郎に逆らった居酒屋の店主は、憑依されて、
そのまま自殺したー。

剛太郎に逆らった自治会の会長は、娘が憑依されて、
笑いながら、目の前で自殺ー
さらには孫娘が憑依されて、会長の目の前で
エッチなことを繰り返したー。
あまりの光景に、その自治会長は、今は廃人同然になってしまっているー。

逆らうものは、他にも大勢いたー。

しかし、乗っ取られて自殺したりー
大切な人間が乗っ取られたり、
乗っ取られて精神や記憶を歪められたりしてー

今や、闇守町で、剛太郎に逆らう人間は、いなかったー。


「--お前!」
帰宅中の女子高生に声を掛ける剛太郎ー

「-ちょっと、ムラムラしてきたから、ヤラせろ」
それだけ言うと、「ひっ!?」と悲鳴を上げる女子高生にキスをして
剛太郎は有無を言わさず、女子高生の身体を奪ったー

下品な笑みを浮かべながら、路上で鞄を放り投げて
そのまま胸を触り出す彼女ー


「---あ…真梨が憑依されてる…」

「--しっ」

他の女子高生たちが、乗っ取られた子ー、真梨から目を覚ますー。

逃げることは出来ないー
闇守町は、剛太郎に完全に支配されているー。

”逃げること”も、許されないー。
転居しようとすればー
剛太郎は、その人間に憑依して”制裁”を加えるー。

黙って闇守町から逃げてもー
それに気づいた時点で、剛太郎はその本人を探し、
見つからなければ、家族や知り合いに憑依して
順番に葬っていくー

まさに、悪魔ー

女子高生の身体で、盛大にイク剛太郎ー。

快感を存分に味わった剛太郎は、その子ー、真梨から
抜け出して、憑依されていたからか、ぼーっとしている真梨を
乱暴に蹴り飛ばすと、そのまま町を歩きだしたー。


”人間のクズー”
”悪魔”
”絶対に許さない”

闇守町の住人たちは、そう思いながらも、
剛太郎をどうすることもできなかったー

剛太郎を殺そうと新聞配達員の男が襲い掛かったこともあるー。
だが、一瞬で憑依されてしまい、
”想像を絶する”殺され方をしたー。

剛太郎には、逆らえないー。
絶対にー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

闇守町で起きていることなど、全く知らずー
この日、闇守町に一人の男がやってきたー。

旅を趣味としている男・峯田 東吾(みねた とうご)-。

東吾の好きな”旅行”は
海外や有名な観光地を訪れることではないー

こうして、閑静な住宅街や、
田舎の村ーなどなど、
人々のそこの暮らしに触れ、その日常をこの身をもって経験するー、
そんな旅行が好きだったー

そして、東吾は今日、この闇守町にやってきたー。

”何の変哲もない普通の町”
けれど、そこには人々の暮らしがあるー。

「----さて、闇守町ー
 どんな町かな?」

そんな風に思いながら、近くにあった定食屋に入るー。

「いらっしゃいませ」
定食屋の店主であるおばさんが、愛想よく挨拶するー。

(昔ながらの定食屋だなー
 こういうところは、案外、美味しいんだよな)

そんな風に思いながら、東吾は
「おばちゃん、からあげ定食を一つ、お願いします」と、
穏やかな表情で微笑んだー。

店内にはOLのような客と、おじいちゃんが既に、順番待ちをしていたー。


そこにー
”悪魔”はやってきたー

バン!と乱暴に扉を開けて入って来たのはー
禿頭の小太りの男ー

この町を憑依能力で支配する剛太郎だー。

「--たまにはクソまずい定食でも食ってやるか。
 おい、ババア、作れ」

剛太郎が横暴な態度で店に入ってきて、
おじいさんが座ってる席に近づいていくと
「どけ!クソジジイ」と、声を上げたー。

”剛太郎が座りたい”と思った席は、剛太郎のものなのだー。

「---」
旅人・東吾は、その様子を見て表情を歪めるー。

「--はい」
おじいさんが慌てて席を開けるー。

店主のおばさんは、剛太郎の料理を先に作ろうとし始めるー

だがーー

「-おい、あんた。失礼じゃないか?
 そのおじいさんが先にその席に座っていたんだぞ?」
東吾の言葉に、剛太郎は「あ?」と表情を歪めたー

おじいさんが慌てて
「いいんです!わしは、いいんです!」と東吾にしがみつくー。

「--なんだァ、お前は?」
剛太郎が不満そうに東吾を睨むと、
東吾は答えたー。

「-ー旅人」
とー。

「-よそ者か」
剛太郎はそう呟くと、突然机を蹴り飛ばしたー

「--お前、俺のことを知らないみたいだなぁ」
小太りで禿げ頭の剛太郎が、東吾を睨みつけるー。

「--ん?おっさん、有名人なの?」
東吾が人を小馬鹿にしたような態度でうすら笑みを浮かべると、
剛太郎は顔を赤くして、ぷるぷると身体を震わせたー。

東吾の態度に、怒り狂っているのだー。

「おい!ババア!こいつをつまみ出せ!」
剛太郎が叫ぶと、
「で、、でも…」と、店主のおばさんは困惑した様子だー。

それを見た東吾が「-おばちゃん、すみません。ご迷惑をおかけしました」と、
店主のおばさんに向かって頭を下げるー。
そして、1000円札を机に置くと、
「--おっさん、お店に迷惑はかけられない。表に出な」と、
東吾が、剛太郎に向かって言い放ったー。

「-ーーふん。俺はこれから飯を食うんだ。」
剛太郎はそれだけ言うと、おじいさんを蹴り飛ばして
「おい!ババア!まだか!」と、店主のおばさんに向かって叫んだー。

それを見た東吾はー
いつの間にか剛太郎の胸倉を掴んでいたー

「--表に出ろ、豚野郎ー」

「---あん???」

東吾の言葉に、剛太郎は顔をひくひくさせながら、
東吾を睨み返したー。

「-(こいつには思い知らせてやる必要があるな)」

剛太郎は、そう思いながら、店の外に出るー。

そしてー
剛太郎は笑みを浮かべたー。

「--お前、自分が誰に喧嘩売ってるのか、分かってるのか?」
鼻をほじりながら剛太郎はそう言うと、
「闇守町は、みんなみんな俺の言いなりだ!
 俺がこの町の王様なんだよ!分かるか?」と笑みを浮かべたー。

だが、東吾は余裕の表情を崩さないー。

「--お前みたいな、横暴な奴が王様?
 妄想もいい加減にしろよ」

東吾の言葉に、剛太郎は笑みを浮かべるとー
突然、東吾にキスをしたー。

”俺が憑依すれば、お前をどんな目に遭わせることだって
 できるんだぜー。
 例えば、そうーー
 自殺させることも、なー”

だがーー

「----!?」
剛太郎は表情を歪めたー。

「--なっ」
憑依するために、東吾にキスをした剛太郎ー。
しかし、自分の身体が霊体になって、東吾に吸い込まれることはなくーー
ただ、東吾とのキスが続いたー。

「--わりぃな」
東吾が呟くー

「-俺はおっさんとイチャイチャする趣味はないんだ」

その言葉と共に、東吾が、剛太郎の頬を思いっきり
殴りつけたー

「ぐほおぁぁっ!?」
吹き飛ばされる剛太郎ー

目から涙を浮かべながら、路上に倒れて、東吾の方を見つめるー。

「--さっきの店での態度ー
 お前は何様だ?
 店のおばちゃんも、おじいちゃんも困っていただろうが。

 いい年して、周囲に迷惑をかけるんじゃねぇ。
 それが理解できねぇなら、
 お前はただの迷惑な豚野郎だ」

東吾はそれだけ言うと、立ち去っていくー

「--(こ、、こいつ、なんで、、憑依できねぇんだ!?)」
剛太郎は、そう思いながら、目から涙をこぼすー。

ビビっていたー。

「---て、、てめぇ!ただで済むと思うなよ!」
叫ぶ剛太郎ー

東吾は立ち止まると、
振り返って笑みを浮かべたー

「そうだ、この町の宿、どこか知ってるか?」

旅人としての質問ー
剛太郎は怒りに震えながらも、宿の一つを東吾に教えたー。

東吾は、宿の位置を確認すると、笑みを浮かべてー
「今日から数日間、この町でお世話になるよ」とだけ呟いて、
そのまま宿の方角に向かったー

怒りに震える剛太郎ー。

”憑依で住宅街を支配する男”と
”憑依されない飄々とした旅人”-

2人の遭遇により、住宅街の運命は大きく変わろうとしていたー。


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

暴君と旅人ー。
憑依で支配された住宅街に、波乱(?)の予感ですネ~!

今日もありがとうございました!

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム