FC2ブログ

<憑依>タイツ狂い② ~誤算~(完)

3度の飯より、タイツが好き!

タイツがあれば3日3晩は寝ずに語ることができる!

クリスマスプレゼントには、タイツが欲しい!


そんな俺が、彼女の体を手に入れてしまった。
するべきことは一つしかない。

※今日はこの小説以外にももう1作
「27万アクセス記念短編」も掲載しているので、もしよければご覧ください!
(この記事の1個前の記事として投稿してあります)
-----------------------------

俺は堀川健次郎。
彼女の笹森 涼香さんの体を憑依薬で
乗っ取ってしまった。

最初はそんなことをするつもりはなかったのだが、
憑依薬が見つかってしまったから
仕方がない!

それに、タイツを穿いてくる方が悪いんだ!


「----くふふ・・・素肌が透けて見える!」
涼香の声でそう言うと、
俺は足をじたばたとさせて喜んだ。

もう止まらない!

3分ぐらいタイツを両手でこすりながら
じたばたしていただろうか。

「はーっ…
 はーっ…」

息を切らしてしまった。

でも、そんな涼香の声も可愛い。

くふふ・・・このままタイツに溺れていたい。

実際に女の子の体でタイツを穿いて
それを両手でこすってみると、
デニール数に応じて触りごこちが違うのが分かる。

さっきの60デニールとは違い、
25デニールの方が手の感触が良く素肌に伝わる。

しかも、その手もスベスベで綺麗と来た。

さっき脱ぎ捨てたミニスカートを
部屋の端っこに蹴り飛ばす。

あはは…涼香のやつ完全にヘンタイじゃないか。

顔を真っ赤に染めて、獣のような飢えた表情で、
スカートを脱いだタイツ姿で部屋を徘徊しているなんて。

それを俺がさせているというのがまた興奮する。


俺は自分のスマホをとり、
カメラを起動した。

カメラで次々と、涼香のタイツ姿を収めていく。

「うふふ・・・タイツ姿のアップ!」

「スカート穿いてないタイツ姿の写真!」

「タイツで足を組んだ写真!」」

次々と色々なタイツ姿を写真にとっていく。
俺のスマホの中には「夢の王国」が出来上がった。

あぁ…もうダメだ。
俺はこのまま死んでも良いかもしれない。

「--あぁ…なんか気持ち悪い…」

ふと気づいた俺はそう呟いた。

涼香のショーツがびしょ濡れになっていた。
涼香の体が俺の意識に従って
興奮してしまっているのだ。

「ま、いっか…
 これも脱いじゃえば!」

涼香が飛んでもない事を嬉しそうに口にする。

いや…口にさせている。

そろそろ20デニールにも飽きた。
脱ぐのは面倒くさい。

また、破ってしまえ!

「いひひ…ひひひ…タイツぅ!愛してるよぉ♡」

そう言いながらタイツをひきちぎっていく涼香。
破れた部分から白い素肌が見えるのが、またそそる。

「うぅぅぅ最高~~」
スマホを手に取って、動画の撮影を開始した。

嬉しそうに、狂った笑みを浮かべてタイツを破り、脱ぎ捨てる
涼香。

最高だ。

一生のおかずになるぞ。

「タイツ!タイツ!タイツ!
 ふふふふふ、あははははははははははっ!」

聞いたこともないような大声で笑いまくる涼香。
こんな狂った笑い方ができるなんて。

何だこの顔。

鏡に映った涼香の顔を見て思う。

普段の優しさに満ちた笑みはそこには無い。

欲にまみれて理性を失った獣の姿がそこにはあった。

「えへへへへ…」
びりびりに引きちぎった20デニールのタイツを
放り投げる。

髪の毛をボサボサに振り乱しながら
続いて、引出にしまってあった120デニールのタイツを手にした。

その前に、、

「これも、脱いじゃお!濡れてて気持ち悪い!」

そう言って、俺は涼香の濡れまくったショーツを脱ぎ捨てる

「うわっ!きったな!」
液体だらけのショーツを脱ぎ捨てて、床に放り投げる

「---うふふふ、涼香ったら変態!」

自分がやらせているのに
この言いよう。

いいんだ。
今は俺の体なんだから。

手についた愛液を
ペロペロと舐めてみる。

「ぐふふふふふふ、うふふふふふふふっ!」

言いようもない快感に飲み込まれて
不気味な笑い声を浮かべる。

いや、今のこの姿も不気味だ。

上半身は普通なのに、
下半身には何も身に着けていない。

……。

さて…

「120デニールのタイツに挑戦♪」

俺は再び、無理やりタイツを穿くと、
今度はその温かさに感動を覚えた。

「むふっ…あったかい…
 25デニールとは大違い!」

ショーツが無いので、
変な感じだし、すぐにタイツが濡れ始めた。

「--ははぁ…タイツ…タイツ…」
うわごとのように呟きながら再び両手で
タイツをこすり始める涼香。 いや、、俺か。。

生地が分厚いから、
また手触りが違う

「あはっ、タイツっ!タイツっ!タイツぅ~~~♡」

体を激しく上下させながら、
タイツを上から下へ、下から上へと
手でこすっていく。

涼香の手が摩擦で熱くなっていくほどに。


「あは…はっ…はぁ…はぁ…」

10分はこすっただろうか。
流石に疲れてきた。

「あ・・・はぁ…はぁ…」
だらしなくその場に座り込む。

部屋の中はベタベタとした液体ー
引きちぎられたタイツ。
びしょ濡れのショーツ。

そしてその中心に涼香がいる。

「くへへ…なんだよこの状況…」

さっきまで穿いていたタイツのニオイを
狂ったように嗅ぎながら俺は笑った。

「ふぅ…さすがに…ちょっと疲れて来たかな」
俺はそう呟いた。

とりあえず、この場を片づけて、涼香に体を返すか。


だがーーー。
ふと俺は思うー。

”どうやって、戻るんだ?” と。

自分の体を見つめながら思う。

「戻りかた…わかんねぇじゃん…」
涼香の口から乱暴な言葉が漏れる。

120デニールのタイツを脱いで、
40デニールに履き替えながら思う。

”どうやって戻ればいい?”

「--」
120デニールのタイツはちぎらなかった。

何故か?
頭からかぶるためだ。

涼香は今、
40デニールのタイツを穿き、
120デニールのタイツをアタマからかぶっている。

完全にヘンタイだ。

タイツをペロペロ舐めながら俺はスマホを手にした。

出品者の愛染 亮に聞いてみるか。

電話すると、すぐに愛染は出た。

俺は、憑依薬を使ったこと、
そして彼女の涼香から抜ける方法を教えて欲しい、と伝えた。

すると…

「ザンネンだけど、それは無理だ・・・
 君に売ったのは、一方通行の憑依薬。
 一度憑依したら抜け出すことはできない」

愛染が無情な事実を告げた。

俺はスマホを握る手が震える。

「--でも、僕とて鬼じゃない。
 もとに戻りたいだろう?
 戻る為の薬を8万円で用意してある。どうだい?」

愛染が言った。

手を震わし、黙り込む俺に、愛染は続ける。

「--僕に悪い評価をつけるかい?
 でもよく考えろ…?
 僕はあらゆる憑依薬を持っている…その気になれば君だって…

 書いただろ?説明文に。
 ”ノークレーム・ノーリターンでお願いします”ってな」

愛染は責め立てるようにして言う。

俺は…もう、戻れないのか。
涼香は…もう…?

俺は手をさらに震わせた。


「何とか言ったらどうだ?」
愛染が電話先で言う。

「------」
俺は手をプルプル震わせた。


「---くくく、ははははははははは!」
涼香の声で笑う

「あ~~~ははははははははははは!!!!
 ありがとう!ありがとう!!ありがとうぉぉぉぉぉ!」

俺は電話口で叫んだ。

この震えは”怒り”などではない。
”歓喜”の震えだ。

ずっと、ずっと涼香の体でいられる??
誰にも邪魔をされずに、タイツとの日々を送れる!???

最高じゃないか!!!!!!

「な…何を言って…」
愛染が引いたような声で言う。

「うふふふふふふふふふぅ…
 これで私、毎日タイツと戯れる変態女になっちゃう!
 うふふふふふふふ~~~」

笑いが止まらない。

最高だ。

俺が涼香だ

いいや、わたしが涼香よ!!

ふふふふふふ~タイツぅ~


ブチっ…
愛染が電話を切った。

もう俺も愛染に用はない。


「---最高ぉ!最高ぅぅぅぅ!」

俺は机の中から狂ったように
網タイツを出した。

40デニールのタイツを引きちぎりながら、
120デニールのタイツを被った涼香は笑う。

「くふふふふ・・・
 まだまだ楽しんじゃうよぉ!」

40デニールを引きちぎり、
120デニールのタイツの顔の部分だけをちぎると、
タイツを被った変態涼香の顔が見えた。

そして、俺は、40デニールのタイツを口に含んで
ペロペロと舐めてみる

「ふぅぅんぁ…涼香の味だぁ…」

そして、ボタボタと液を垂らしながら、
網タイツを穿いてみた。

「えへへへへへへ!網タイツ~~~!
 ダメだ!もう最高すぎる!!!」

俺は床が抜けるんじゃないかと思うぐらい
激しく足をじたばたさせた。

もうダメだ。
全て壊してしまいたい。

おかしくなってしまいたい!


俺は、涼香の胸や、アソコを狂ったように
刺激しながら、網タイツの感覚を味わった。

「あ、、網タイツエロすぎ…
 涼香の網タイツぅ…♡」

鏡を見るー
120デニールのタイツをかぶり、顔の部分だけ
穴を開け、ショーツも穿かずに網タイツを穿き、
服も髪も表情も乱れきっている涼香がそこには
写っていた

「あぁ…最高に美しいよ…涼香」

美の結晶ー。
まさに、それはこのことを言うのだろう。

涼香の体を攻めながら俺は思う。

自分の口から喘ぎ声があふれ出す。

なんだこの感覚は、凄すぎる!凄すぎる!!

「ひひひひひひひっ!!!!
 あはははははははっ
 タイツ、タイツ、タイツぅ~~~~~~♡」

ありえないぐらいの快感と同時に、
大量の潮を吹き、俺はその場に突っ伏した。

「もうだめ……さいこう……」
うわごとのように俺はそう呟いた…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1週間後。

堀川健次郎ーーー
元の俺の体は突然の心不全で死亡した。

だが、そんなことはどうでもいい。

今日は高校は開校記念日で休みだ。


俺は、
手に入れた”新しいからだ”で、
超がつくほど短いミニスカートを穿いて、
色っぽく街を歩いていた。

男の視線が気になる。
いや、それすらも快感だ。

25デニールのタイツを穿いて、
美脚を惜しげもなく披露しながら、俺は服屋へと向かう。

そう、
今日の夜、楽しむための
タイツを買う為にー。

俺の魂はー
タイツと共にあるー。


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

タイツフェチの変態さんのお話しでした^^
いかがでしたか??

この小説を書いている私本人は…

・・・あ、
そろそろお時間です!

ちなみに、タイトルの「誤算」は憑依している堀川君ではなく、
憑依薬を出品していた、愛染にとっての誤算です(笑)

お読み下さり、ありがとうございました!

コメント

No title

特別タイツフェチと言うわけじゃないが
タイツは美しい足が履いてそこに現れた
ラインを自由なアングルから見たり。
他人として匂いを嗅いだりするのが
一番なのではないだろうか。
( ˘ω˘ )

Re: No title

> 特別タイツフェチと言うわけじゃないが
> タイツは美しい足が履いてそこに現れた
> ラインを自由なアングルから見たり。
> 他人として匂いを嗅いだりするのが
> 一番なのではないだろうか。
> ( ˘ω˘ )


専門家のご意見、恐れ入ります(違(笑))

私の場合は・・・

あっ、、言わないでおきます^^

No title

タイツステキ。。。おみ足を舐めたい

Re: No title

> タイツステキ。。。おみ足を舐めたい

自分で憑依するか、
誰かに憑依されたコで遊ぶか、
迷うところ…??
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム