FC2ブログ

<憑依>婚約破棄① ~婚約~

婚約した若きカップル。

周囲の誰もが、二人の婚約を祝福した。

しかしー
二人の婚約は”破棄”に向かって動き出す。

憑依の力を持った男によって…。
-------------------------------

とあるファミレスで3人の男女が談笑していた。

「--にしても、二人とも、本当にお似合いだな」

爽やかそうなイケメン風の男、
原田 誠一郎(はらだ せいいちろう)が言う。

ティーカップに入った紅茶を飲みながら、
反対側に座った二人を見つめると、
二人は微笑んだ。


野川 竜輝(のがわ りゅうき)と
尾島 真由里(おじま まゆり)。

3人は同じ大学の出身で、
大学卒業後も親しくしてきた間柄だ。

そして、大学の頃から付き合っていた
竜輝と真由里が、ついに結婚をすることを決めたのだった。

共通の友人である誠一郎は
二人の婚約を誰よりも喜んだ。

「…お前、最初の頃は”三次元の女になんて興味はない”なんて
 言ってたのになぁ」

誠一郎が笑いながら言うと、
ちょっとのんびりした感じの竜輝が言う。

「--た、確かに言ったけどさ」
気まずそうに、ステーキを口に運ぶ竜輝。

「ま、真由里とお前はよくお似合いだよ」
誠一郎が言うと、真由里がほほ笑んだ。

優しそうな、落ち着いた雰囲気の女性。
現在は24歳で、とある会社に勤めている。

「--ありがとう 原田君」

真由里がほほ笑むと、
誠一郎も笑った。

「で、結婚式はいつするんだよ?」
誠一郎が訪ねると、
竜輝が答えた。

「あ~まだ決まってないんだよ。
 ま、決まったら必ず呼ぶからさ」

竜輝が言うと、誠一郎は「そっか。楽しみにしてるぜ」と笑う。

そしてー
二人に向かって、ほほ笑んだ。

「何かあったら何でも言えよ。
 俺が力になるからー。」

誠一郎は容姿、性格ともに華やかな男だった…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰路。
既に同棲を始めている二人は、
スーパーで仲良く買い物をしながら話していた。

「--原田くんって本当に親切だよね」
真由里が言うと、竜輝も頷いた。

「ああ、アイツ、学生時代からみんなに
 好かれてたしな」
竜輝がそう言って、ふとあることを疑問に思い、
尋ねた。

「--そういや、真由里はなんで俺なんかを
 選んでくれたんだ?

 アニメやゲームにしか興味なかった俺なんかを」

そう言うと、
真由里は今晩のすき焼きの材料をカゴに
入れながら笑う。

「---好きだから」

真由里はそう言うと、
優しく微笑んで続けた。

「竜輝のことが好きだったから、竜輝を選んだの。
 他に理由がいる?」

その笑みに、竜輝は顔を赤らめながら言う。

「--はは、なんか、、照れくさいな…」

真由里は、とても心優しい女性だった。

本人は、アニメに興味など無さそうなのに、
竜輝がアニメの話をしても、嫌そうな顔をすることなく、
楽しそうに話に付き合ってくれた。

それだけじゃない。
竜輝の好きなアニメを、真由里自身も見たりして、
話題を合せようとしてくれた。

大学のとあるイベントで知り合って以降、
竜輝は、真由里に惹かれて行った。

”初めて、3次元の存在を好きになった”


そんな時、手伝ってくれたのが誠一郎だった。
真由里とも親しかった誠一郎は、
竜輝と誠一郎をつなぐ橋掛け役として、
竜輝をサポートしてくれたのだった。


「結婚したら…
 二人で幸せな家庭、作ろうな」

竜輝が言うと、
真由里は「うん」とほほ笑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

真由里の会社では少し早い忘年会が
開かれる日だった。

「真由里ちゃ~ん!」
太った男性社員の永坂 陸男(ながさか りくお)が
真由里の方に近づく。

スーツはぴちぴちで今にもはちきれそうだ。

「彼氏さんとは順調かい?」
イヤらしい表情で尋ねる陸男。

真由里は笑みを浮かべる。

真由里はーー
この陸男が苦手だった。

何かとセクハラのような発言をしてくるし、
何より見る目が凄くイヤらしい。

一度、大雨の日に会社に竜輝が迎えに来てくれた際に
偶然、陸男が居合わせたことがある。

その際に、竜輝に「いい彼女さん 持ちましたね。 体もエロいし」
などと言った時には
はっ倒してやろうと思ったぐらいだ。


「う~ん、いい体だなぁ」

じろじろと真由美を見る竜輝。

「---あんまり見ないでください」
真由里が嫌そうにして言うと、

「ふふ、ごめんごめん」と
笑いながら視線を逸らした。

そして陸男は言う。
「今日の忘年会、僕は行けないけど、
 ”楽しんでね”」

そう言うと、陸男は、フー、フー、と息を切らしながら
廊下を歩いて行った。

「---もう…」
真由里は小声でそう呟いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

忘年会が始まった。
真由里はいつも、飲み過ぎないように心掛けて
適度にお酒をたしなむタイプだった。

彼氏の竜輝から着信が入ったため、
一旦外に出る。

家の関係の他愛のない話をして、真由里が
戻ろうとしたその時だった。

突然、体の中に”何かが入ってくる”感じを覚えた。

「---な、なに?」
真由里が驚く。

体の中に風が吹いているような不気味な感じ。

「--え、、、」
驚いて、けれども、何もできず、ただうろたえる真由里。

そして、彼女は体の自由が奪われていくことに気付く。

手が、
足が、、、
動かなくなっている。


「--ひっ…?」

真由里はわけもわからず、恐怖の表情を浮かべる。

そうだーー
救急車…?

でもーー
手が動かない

「---だ、、、誰か!」
真由里は唯一動く口を使って助けを求めようとしたーー。

だがーー

「-----な~んちゃって!」
次の瞬間、不気味な笑みを浮かべて、真由里は
何事も無かったかのように、忘年会の会場へと戻って行った…。



「--お~尾島さん、遅かったじゃないか!」
部長が言う。

真由里は笑みを浮かべると、
座席につき、
日本酒を注文した。

「あれ?珍しいな、尾島さんが日本酒なんて?」

周囲が違和感を覚える。

しかし、真由里は気にも留めず微笑んだ。

”いい、体だー”

真由里は、自分の体を見つめて微笑む。

胸の感触、
髪の感触、
体の感触。

全てが”彼”を興奮させた。

今すぐ、近くの男性社員にキスをして
この場で狂ってしまいたい。

けれどー
それではだめだ。

真由里を傷つけるつもりはないー

”真由里が欲しいのだからー”


憑依した男はそう思って笑う。

「くふっ…」
思わず、表面にまで笑いが出てしまった真由里。

「---?」
周囲が少し変な目で真由里を見たが、
すぐにみんな、料理の方に意識を戻した。


「あ~~~~おいしい!」
真由里が日本酒を平らげる。

そして、カクテルやハイボール、ビールなど、
あらゆるお酒を注文し、どんどん飲んでいく。

「お、、おい、尾島さん、だいじょーぶか?」
酔った部長が訪ねると、真由里は据わった目で、部長を見た。

そして、上着を脱ぎながら
「ちょっと暑くなっちゃいました♡」と色っぽくつぶやいた。

周囲の男性社員の視線が真由里に集まる。

スタイルの良い真由里が、
上着とはいえ、突然脱ぎだしたのを前に、
男性社員たちは内心、興奮し始めていた。


「----このぐらいが限界か」
真由里はそう呟いた。

もっと誘惑したかったが、襲われてしまってはダメだ。

”真由里”を自分のものにしたいのだからー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

深夜。

「遅いな…真由里…」
竜輝が心配していると、乱暴に玄関の鍵が開く音がした。

「---真由里?」
竜輝が行くと、そこには泥酔した真由里の姿あった。


「ただいまぁ~~帰ってきてやったよ」
真由里がフラフラしながら、リビングのソファーに座る。

だらしなく足を広げて座る真由里。


「~~~竜輝ぃ~私が帰ってきて嬉しい~~?
 嬉しいよね~~?」

完全に酔っている。

憑依された彼女は、大量の酒を飲みほした。
そして、今、彼女に憑依している男は
”酔ったふり”をしている。

酔ったのは体であって、
憑依している男の意思には影響はない。

「ずいぶん飲んだんだな…」
竜輝が苦笑いして、水を差しだすと、
真由里が乱暴にそれをはたき飛ばした。

コップが壁にぶつかり、音を立てて割れる。

「調子のんなよ!竜輝ィ~~~
 わたしが、あんたみたいな二次元オタク相手にすると
 思ったぁ~?」

酔った様子で言う真由里。

目が完全にイッちゃっている。

「---真由里、もう今夜は寝よう」
竜輝は”どうしてこんなに酔ったんだろう?”と思いながら
真由里を寝室に運ぼうとする。

しかしーー

「根性なしー!
 男のくせにわたしとエッチもできないなんて根性なしー!」

真由里が竜輝を罵る。

確かに、二人はそういう関係をまだ持ったことが無い。
真由里が、そういうのを苦手としていたし、
お互い結婚してからと約束していた。


「---お前のコレはかざりかよ!」

真由里が汚い言葉で罵る。

だが、竜輝は酔っぱらいの言葉だと、
それを気にしなかった。


「---きもいんだよ!オタク野郎が!
 わたしが、あんたとつきあったのはぁ~~~
 従順な働きアリとして働いてくれるからなの~~
 うふふふふふふっ♡」

竜輝は酷く傷ついた。

これが、本心なのかー?と一瞬そうも思った。

だが、
竜輝は真由里を信じていた。

「---おやすみ」
竜輝はそう言って、まだ意味不明なことを叫ぶ真由里を無視して
リビングへと戻った。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

真由里は今日、休日だった。

仕事の準備をしている竜輝。

「---おはよう…
 き、、昨日、わたし、何時ぐらいに帰ってきたの…?」

真由里が頭を押さえながら言う。


「--あ、真由里、おはよう。
 昨日は深夜1時ぐらいだったかな…」
竜輝が言うと、真由里が青ざめる。

「ごめんねーーー。
 どうしてそんな飲んじゃったんだろう…

 昨日の記憶がなくて・・・・」

水を飲みながら真由里が言う。

彼女の中に憑依していた”男”はいったん彼女から
抜け出したようだ。


「---わたし、、竜輝に酷いことしたり
 してないよね?」
不安そうに言う真由里。

竜輝は昨日のことを思い出す。

男のプライドがひどく傷ついた。


だがーー。
竜輝は笑った。

「大丈夫。いつも通りだったよ」

真由里は「そっか」と微笑む。

だがーー
真由里には分かってしまった。

今の竜輝の笑みは
”人に遠慮して、嘘をついているときの笑み”だとー。


「--ごめんねーー」
仕事に向かう竜輝を見て、真由里はそう呟いた。


竜輝は、本当に怒ってなどいなかった。
真由里のことを、それだけ愛していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜。

カギの音がする。

竜輝だ。

二日酔いも大分回復していた真由里は、
玄関の方に歩いていく。

扉が開く。

「おかえり」
竜輝に微笑みかける真由里。

しかしーーー


「---お前…昨日、俺のこと馬鹿にしたよな?」
竜輝が激しい形相で言う。

「---え?」
真由里が驚いた表情を浮かべると、
竜輝が叫んだ。

「このクソ女!俺を馬鹿にしやがって!」
竜輝が真由里の頬を叩いた。


「---ひっ…!? …りゅう、竜輝…?」

真由里が竜輝の方を見る。

竜輝が恐ろしい形相で、真由里を見つめていた。

「---」

竜輝には”男”が憑依していた。
全ては”自分が手に入れるため”
竜輝と真由里の仲を裂かなければならない。

男は、自らの欲望のために竜輝に憑依したのだ。

鞄を放り投げて
もの凄く不機嫌そうに食事を食べる竜輝。

真由里が何かするたびに、怒鳴り声をあげる。


その日ー
真由里は生きた心地がしなかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝。

竜輝はいつも通りの竜輝に戻っていた。

「あ、おはよう真由里」

「お、、おはよう…」

真由里の体は震えていた。
昨日の恐怖が、頭から抜けない。


「ほ、、、本当に…ごめんね」
真由里が言うと、
竜輝は笑った

「まだ気にしてたのか?だいじょうぶだって、
 本当に何もなかったから」

竜輝は、いつも通り、真由里に気遣い、
真由里が酔った日のことは追及しなかった。

”男”は竜輝から抜ける際に、
竜輝の記憶を適当に書き換えて、
昨日の”普通の一日”を過ごしたことにしておいたのだ。


お互い仕事に向かう二人。


しかしーーー
”亀裂”は少しずつ、
けれども確実に広がっていたー

”婚約破棄”に向かってーー


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

結末が予想できる方は…
たぶん居ないと思います(え?)

続きは明日です!



コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム