FC2ブログ

<憑依>夏空に消える花 ~花は散るもの~

ひとりの不良によって歪められたカップルの幸せ。

彼氏の春樹は、無気力な男に変えられてしまい、
彼女の友香は、不良・和樹のために全てをささげる女にされてしまった。

そしてー友香に飽きた和樹は、友香を捨てた。

無気力なまま、日々を送る春樹。
和樹に捨てられて、自暴自棄になる友香。

引き裂かれた2人の愛、最後のものがたり…。
(本来、もう続きは無かったのですが、
 リクエストを頂きましたので、完結編を書きました!)

夏空に消える花(こちら)の完結作です!
----------------------------

あの花火大会の日が、
全ての始まりだった。

春樹と友香ー。
二人の初々しいカップルは、
そのまま幸せな日々を送るはずだった。

だがー、
憑依能力を持つ不良グループに目を付けられたあげく、
その不良のひとり、和樹によって、
友香は憑依され、思考を塗りつぶされてしまった。

一生、和樹を愛する、忠実な和樹のしもべとして…。

そして、彼氏の春樹も思考を塗り替えられてしまう。
無気力で、何もする気の起きない、無気力男にー。


冬ー。
友香に”飽きた”不良の和樹は、友香に別れを告げて、
友香を捨てた。

和樹こそ全て。

そう、思考を塗り替えられていた友香は、
”絶望”を味わい、失意のどん底に落とされた。


春樹と友香。
幸せだった2人は、
形は違えど、2人とも、失意のどん底に突き落とされていた・・・


時は流れ…
再び夏がやってきた。


部屋にオルゴールの音色が響き渡る。

”誕生日、おめでとうー”


友香から、送られた手作りのオルゴール。
春樹と友香を模した、オブジェが、くるくると幸せそうに回っている。

「-----」
春樹は、何もする気が起きず、
大学も辞めてしまった。

もう、自分には何もない。

朝、起きて死んだ目で、一日中ぼーっとして過ごして
また、寝る。

ある程度の貯金はあった。

けれど、それももうじき尽きる。

そしたら、そのときはーー。

「-----…友香…」
オルゴールを見つめながら春樹はそう呟いた。

何故か、このオルゴールを見ていると、
胸に熱いものがこみ上げてくる。

大切な”なにかー”

記憶をいじられ、もう、それが”何か”も思い出せない。

けれどー
オルゴールを見ていると
”友香”という名前を思い出す。

「---友香…」
春樹は目から涙を流す。

もう思い出せない大切な”何か”

「----はぁ」
春樹はため息をついて、久しぶりに外へと出かけるのだった。


あの日見た、あの光をもう一度、見るために。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場は賑わっていた。

そう、今日は花火大会だった。

ちょうど、1年前、
春樹と友香はこの場所で、二人で花火を楽しんだ。

付き合い出して1ヶ月…、
とても幸せだった。

”あの日”まではー。

友香が不良に憑依されるまでは。


春樹はその、花火大会の会場に、
なんとなく戻ってきていた。

「---花火…か」
春樹はつまらなそうな表情で呟く。

「俺、何でここに来たんだろうな…」

自分は花火を見たかったのだろうか?
いや、別に花火が大好き、ってわけでもない。

では、何故ここに来たのか?

自分でも、よく分からない。


「ーーーまた来年も来ようね?」

可愛らしい声が頭によぎる。

そうだ、”約束”したからー。
1年前、ここで。

”また、来年も花火を見に来る”って…。

でも、誰と?

「----はは、俺、何か大事なこと、
 忘れてるのかもな…」

春樹は目に涙を貯めながら呟いた。

ーー和樹によって、記憶をいじられた春樹は
何事にも無気力に、
そして大切な友香のことも忘れさせられてしまっていた。


空に花火があがり始めた。
周囲のカップルや、友達同士で来ている人たち、
家族連れが盛り上がる。

楽しそうに見ている周囲の人間を
冷ややかに見つめつつ、春樹は、ふと目をやった。

端の方で、着物姿で、花火を見つめる
可愛らしい女性の姿があった。

どこか見覚えのあるその姿。


「-----和樹・・・和樹・・・
 わたし・・・一人じゃ…生きられないよ…」

不良・和樹によって、
染め上げられてしまった友香だった。

目から涙を流しながら花火を見つめている友香。

和樹に憑依され、思考を歪められ、
人生の全てを和樹のために捧げる女に変えられてしまった友香。

しかし、和樹は身勝手にも、その友香を捨てた。

友香は半年間、
廃人のような状態で過ごしていた。

けれどー。
何故だろう。

この花火大会には来なければいけない気がした。

「--どうか、しましたか?」
気になった春樹が声をかけた。

「---・・・あなたは?」
友香が不思議そうに首をかしげた。

不良・和樹は、別れ際に、友香の春樹の記憶を
封印した。

特に理由はなかった。

けれど、なんとなく、
”心の拠り所”を全て奪ってやりたかった。

不良の和樹は、そうして人が壊れていくのを見るのも大好きだった。


「---いえ、涙流してたので、どうしたのかと」
春樹が笑う。

友香が恥ずかしそうに笑う。
友香は、、和樹に捨てられてから半年、一度も笑うことすらなかった。

けれどー。
なんだか、春樹を前にすると、自然と笑みがこぼれた。

「---ごめんなさい、
 私も、よく分からないんです
 ・・・変ですよね?」

友香が言うと、
春樹は「いや、そんなことないですよ」と言って
花火のほうを見つめた。

春樹と友香。
1年前、この場所で二人は最高の時間を送っていたー。

けれど、今の二人には、もうその記憶がない。
憑依薬で憑依され、歪められ、思い出を奪われた…。

「俺・・・1年前まで、真面目に色々やってたんです。
 けど、なんだか急に全てにやる気がなくなって…
 大学も辞めてしまった」

春樹が花火を見つめながら続ける。

「----最近はずっと、家に引きこもってた…
 でも、、、どうしてかな…。

 なんか、今日、ここに来なければいけない気がして…」

春樹が切なく微笑みながら言うと、
友香が言った。

「---奇遇ですね。私もです」

友香が微笑む。
その微笑にはーー
見覚えがあるような気がした。

「私…去年のクリスマスにとっても大事な人に
 振られたんです。
 わたし、、その人のためなら、何でもしようと思ってました。
 たとえどんなことでも…

 でも・・・わたし、捨てられちゃった」

友香が涙を流す。

”和樹のために命を捧げる”
そう、不良の和樹に思考を歪められていた彼女は、
和樹に捨てられてからも、ずっと和樹のことを思っていた。

「---ー」
友香の涙を見て、春樹が表情を歪めた。

「---ど、どうかしましたか?」
友香が不安そうに尋ねると、
春樹が「いえ」と答えた。

花火を見ながら思うー

”自分は、大切な何かを忘れているー”

その、何かが、すぐ側にある気がする。

けれどーー
それを思い出すことが、出来ない。


「---あ、すみません。
 急に話しかけたりしてーー」

春樹が笑うと、
友香も微笑んだ。

「いいえ。心配してくれてありがとうございます」

春樹が会釈をして立ち去ろうとする。


その時だったー。

かつて友香が去年の春樹の誕生日に送った
オルゴールが、春樹の鞄から、転がり落ちた。

2人の、思い出ーーー。

それが、地面に。


友香がそれを見て、目を見開く。

「---あ、ごめんなさい」
春樹が苦笑いしながらそれを拾う。

「大切な人から、貰ったものなんです

 …でも、誰から貰ったのか思い出せなくて」
春樹が言う。

友香はそれを見て思う。
”これ、、、見たことある” とー。

そう、
それは友香が去年、自分で作ったオルゴール。

彼氏である、春樹に送るために作った…。

小さな花火が連続して音を立てている。
春樹が友香のほうを見て微笑む。

「--誰から貰ったか分からない大切なもの、
 なんて、変ですよね」

ーーーこの笑顔…

「------!!」
友香は、その笑顔を見て、はっとする…。

この笑顔はーー。
いつも、、、いつまでも一緒に居たいと思える笑顔…。


これはーーー

「---じゃ、お互い花火大会、楽しみましょう」
春樹はそう言って今一度、背を向けて立ち去ろうとした。

「---待って…」
友香が声を出した。

大きな花火の音で、その声はかき消された。


「---待って……行かないで…」
目から涙が溢れる…。

どうして…
どうして、こんな大切なことを忘れていたのだろう…。

どうして…?

友香は、全てを思いだした。
そう、春樹はーーー

自分の大切にするべき人間は不良の和樹なんかじゃない。

自分は、あの男に憑依され、
記憶を塗り替えられて、弄ばれたー。

そして、春樹との大事な絆を、奪われた…。


「---春樹!!!!!!」
友香が叫んだ。

花火にも、負けない声で。

「・・・・え?」
春樹が振り返る。

友香が駆け寄ってきて、
突然、春樹に抱きついた。

春樹は驚いて、慌てた様子で言う。

「ど、、、どうしたんですか急に!?」

ーーーその言葉に、友香は
涙を浮かべながら言った。

「---春樹、、わたし、、
 友香よ!」

その言葉に春樹は、混乱する。


”友香”

オルゴールを見るたびに、よぎった名だ。

この子はーーー


「----す、、すみません、
 俺、、記憶が曖昧で…」

春樹が言うと、友香が叫んだ

「来年もまた見に来ようねって
 約束したじゃない!!!!

 思い出して!!!春樹!!」

友香が泣きながら叫んだ。

春樹もーー
あの不良男に、憑依されて記憶をいじられている。

そんなことは分かってる。
けれど、
思い出して欲しかった。

「----来年…も」

花火が大きく爆発音を立てる。

周囲から歓声が聞こえてくる。


「こんな瞬間がずっと続けばいいのになー」

春樹はハッとした。

去年のーーーーーー
去年の花火大会、俺は友香とーーー。

そしてーー

「…と、、、友香…」

春樹も、全てを思い出した。

優しく笑いながら、
春樹は、友香をそのまま抱きしめた。

「そっか…
 そうだよな…。
 …ごめん、友香。

 大切なこと、忘れてたよ…」

春樹が涙を流すー。


そうだー
1年前のあの日、二人で花火大会を見に来て…
”また来年も”って約束したんだー。


春樹は、不良グループに友香が憑依されたことを
思い出したー。

そうだ…
不良の和樹に、無気力な人間に変えられてーー

それでーーー


春樹は”思い出した”
全てをー。

「---春樹…ごめんね…
 わたし、、大切にする”樹”を間違えちゃった…」

友香の彼氏は、”和樹”ではなく”春樹”ー。
和樹に憑依されて、和樹に忠実な女に染め上げられてー

そしてーーー自分勝手にも被きは友香を捨てたー。

和樹のことしか考えられなくなっていた友香はーー
”絶望の淵”に居た。

けれどーー
”来年も、また来よう”

その約束だけ、
強く、友香の記憶に残っていた。
だから、春樹のことを忘れていたのにも関わらず、
今日、ここに来た。

それは、春樹にとっても同じこと。

「-----」
春樹が友香の方を見つめる。

1年前よりーー、
随分体つきがいやらしくなってしまった。

あの不良の和樹が好き勝手やっていたのだろう。

視線に気づいた友香が恥ずかしそうに目をそらす。

「--ごめんね…
 こんなわたし、イヤだよね…。。。
 わたし…あの不良と…」

悲しそうに言う友香。

だが、春樹は微笑んで優しく言った。

「---そんなことないよ。
 友香は、どんなになっても、友香だからーーー」

春樹にとって、そんな些細なことはどうでもよかった。
”友香が戻ってきてくれた”


それだけでーー。


花火が空に打ち上がる。

あの時と同じようにー。

綺麗にー。

「----今度はもう、離さないから…」
春樹が涙を流しながら言う。

「--うん、、、ずっと、一緒だよー」
友香も、涙を流しながら、微笑んだー。


そうーーーーー
ずっとーーーー

ずっと、、、一緒だからーーーーーー。


2人はーーー
1年間のときを超えてーー
今、ようやく絆を取り戻したーーー。


花火の輝きが
1年前よりも、綺麗に見えたーーー。

2人の再会を祝福するかのように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不良の和樹は・・・。

”ボロ雑巾”のように、
道端に横たわっていた。


クリスマスの日、
友香を捨てた和樹は、
次のターゲットの女子に、憑依した。

けれど、彼はやりすぎてしまった。
憑依した子の父親はーー
裏世界に生きる人間だった。

娘が憑依されたことで、和樹はその男から、
報復を受け、
徹底的に叩きのめされた。

因果応報ー。

今まで、人を傷つけてきた和樹ー。

ついに、その報いを受けるときがきたのだ。

「---く…そ…」
意識が遠のいていくーーーー

自分のしてきたことを反省はしていない。

だが…

手を出す相手を間違えたと…
和樹は心の底から後悔した。


けれど、、
もう遅い。

今更、後悔してもー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花は散るものー。

けれども、散った花は、また新しい芽となり、
新しい花を咲かせるー。

一度は散った友香という花もまた、
新しい花として咲くことができたー。

多くのものを失った春樹と友香。

それでも、
2人は、一番大切なものを取り戻せたのだったー。


オルゴールを見ながら微笑む二人。

「---お礼言うのに1年もかかっちゃったよ…
 ありがとう」

春樹が言う。
これは、去年の誕生日プレゼント。
あれから1年間、2人は地獄の日々を過ごした。

でも、いつかはその1年間も
笑って話せる思い出になるのかもしれない。

「--ふふっ、ありがとう。」
友香は、嬉しそうに春樹を見て微笑んだ…。


2人ならきっと、
つらい1年間の記憶を克服して、
幸せな人生を歩んでいけるだろう…。


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

え?ホワイトなまま終わり?何これ?
と思われそうですネ(笑)

・・・実はバットエンド(それもかなり酷い)案もあったのですが、
後味の悪い終わり、というのもなんだかすっきりしない
気がしたので、こんな感じになりました!

春樹と友香は幸せになれると思いますよ!

ありがとうございました^^

コメント

No title

バッドエンドバージョンもみたいです

Re: No title

> バッドエンドバージョンもみたいです

バッドエンドバージョン?
実は一度書いたのですが、デリートして
書き直しちゃいました(笑)
直前までどちらにするか迷っていたので…

Re: No title

> バッドエンドバージョンもみたいです

次の記念アクセス(43万)のときに
バットエンド版を公開することにしました!
楽しみに待っててください!
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム