FC2ブログ

51万アクセス記念短編!「単身赴任~父の末路~」

憑依空間が51万アクセスを達成しました!
ありがとうございます!

まだまだ頑張ります!!!

今回の記念短編は
過去作品「単身赴任」の後日談です!(過去の単身赴任はこちら
----------------------------

単身赴任を終えて、家族の待つ家に戻った
井川 勲(いがわ いさお)を待ち構えていたのは
過酷な現実だった。

妻の芳子(よしこ)は、妖艶な女に変わってしまい、
長女の紅葉(もみじ)は、反抗的な娘に豹変してしまった。
長男の正之(まさゆき)は、何故か男の娘になってた。

戸惑う勲。

彼は、真相にたどり着いた。

しかし、家族豹変の原因であるモノに、
勲の思考と記憶は書き換えられてしまった。

 ”家族のために働く優しいお父さん”
 ”仕事一筋”
 ”家族を何よりも愛している”
 ”でも、家には帰りたくない”
 ”自分は底辺の生活で、お金は全て家族に仕送り”

と…。

あれから1年ー。

勲は、塗り替えられた記憶に従い、行動していた。

自分は家族のために。
毎日、幸せだった。

給料はほぼ全てを家族に仕送りしている。
自分は”働くためだけのゴミ”だ。

「---なぁ、井川さん」
同僚の男が聞く。

海外の過酷な勤務地においても、
勲は常に笑顔だった。

からだはもう、ボロボロなのに。

睡眠時間は毎日3時間。
食事も最低限のものしか食べず、
自由な時間もなく、
仕事以外の時間は副業をして
家族のためにお金を稼いでいる。

「--あんた、家族は?」
同僚の男の言葉に、勲は頷いた。

「---いるよ。大事な妻と息子と娘が」
勲は笑いながら言う。

「…なぁ、前から言おうと思ってたんだけど、
 たまには家族に会わなくていいのか?」

その言葉に、勲はさらに笑う。

「いいんだ。
 俺はもう帰らないと約束したからー」

息子の正之によって書き換えられた記憶。

不思議に思うこともなく、勲は笑う。

「---仲が悪いのか?」
同僚の男が聞く。

「--いや、大好きだよ。
 でも、約束したから」

勲は、自分の言ってることがおかしいことに
気づくこともできない。

髪はぼろぼろになり、
小汚い格好になりながら、
それでも海外の現場作業に従事していた。

日本に呼び戻す話が出たときも、勲は
必死にそれを拒んだ。

本当なら、喜ぶべきことのはずなのにー。

「--なぁ、もうやめろよ!」
同僚の男が勲の手をつかんだ。

「---?」
勲が不思議そうに同僚を見る。

「--あんた、この数週間、顔色が悪いし、
 話し方も変だ!
 そろそろ限界なんだよ!なぁ…分かるか?
 倒れたらそれでおしまいだ!休め!」

同僚の言葉に、勲は腹を立てて、
その手を振り払った。

「うるさい、家族のためなんだ!」

勲は目から涙を流しながら叫ぶ。

「家族が、大切なんだ!!」

大切なのに、なぜずっとここで作業しているんだろう…

そんなことを、考えることすらできずに。

「帰りたい、帰りたくない!帰りたい、帰りたくない!」
勲は狂ったように叫ぶ。

唖然とする同僚。

そしてーー
勲はその場に倒れた。

緊急搬送された勲は一命を取り留めた。
けれどーー
しばらくは働けない


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本で待つ家族3人。

紅葉と芳子が、正之のマッサージをしながら微笑んでいる。

最近、紅葉はAVに出演してお金を稼ぐようになった。


男の娘、の姿の正之は微笑む。

「ふふふ、、壊れたか…」

遠い海外の地で、父親が”壊れた”ことを知る正之。

「ま、姉さんがからだでお金を稼いでくれるから関係ないよね?」
正之が紅葉に言うと、
紅葉は「うん!」と嬉しそうに微笑んだ。


”もう、なにもしなくていい”


正之は、遠い地の父親にそう指令を送ったー。

この指令を受けて、父はどうなるのだろう。

一瞬そう思った正之。
でも、もうそんなことはどうでもいい。


「--お疲れ様、父さんー」

そう呟くと、正之は笑みを浮かべた。



おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

昨年11月に書いた「単身赴任」の後日談でした!
他の作品の後日談も機会があればどんどん書いていきますよ~

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム