FC2ブログ

<憑依>ホームレスの憎悪 ~エデン~

偽りの平和。

クラスメイトも家族もみんな、
あのホームレスたちに憑依されている。

そんなことは、分かっている。

けれどー。
どうすることもできないから…。

ホームレスの憎悪の続編です!
----------------------------

「おはよう!」

麻江が学校に入ると、
親友の桃花がほほ笑んだ。

「お、おはよう・・・」
麻江は少し引いた笑顔を浮かべる。

最近、クラスの女子たちがみんな、
色っぽくなった。

クラスメイトたちはおしゃれブームだと
喜んでいるー。

けれど、
麻江には分かっている。

あの日ー、
河川敷に居たホームレスたちに憑依されたクラスメイトたちを前に、
麻江は心が折れたー。

そんな麻江に、ホームレスのリーダー格に憑依されている桃花が言った。

「"もとの生活”に戻りたい?」

ーと。

そして、麻江は、泣きながら嘆願した。
戻りたい、と。

気づいたときには、麻江は自宅に居た。
憑依されていたはずの姉と母は”いつも通り”

そして、桃花をはじめとするクラスメイトたちもー。

けれど…。

「--見てみて、またスカート短くしちゃった!うふふ♡」
クラスメイトで生徒会長の双海(ふたみ)が喜びながら
他のクラスメイトに自分のスカート丈の話をしている。

双海はそんな子じゃない。

「---どうしたの?怖い顔して?」
桃花がほほ笑む。

「--ねぇ。麻江もスカートもっと短くしたら?
 私たち、せっかく女に生まれたんだから
 もっとそれを武器にしなくちゃ」

桃花が言う。

ーー桃花は、こんな子じゃない。

麻江は拳を握りしめた。

でもーー
怖かった。

例えそれが”偽りの平和”でもー

再びみんなを失うのが怖かった。

「--も、桃花、そういうの嫌いだったじゃん…」
麻江が桃花を揺さぶるようにして言うと、
桃花は微笑んだ。

「--わたしも、気が変わったの!うふふ・・・♡」

いやらしい笑み…
明らかにこの子は桃花じゃない。

桃花の体と、記憶を乗っ取った
あのホームレス。

いや…
クラスの女子生徒”全員”が、あのホームレスたちに
憑依されている。


放課後。

「ね~ね~、今日、東地区の高校と、
 カラオケ行くけど麻江も行く~?」

クラスメイトの芙由子が笑いながら言う。

最近は、化粧が濃くなり、
女らしさを前面に押し出している。

芙由子は大人しい子だったのに。

「--東地区の高校ってあの…?」
麻江が言うと、芙由子が笑った。

「ふふ、心配しなくていいよ!
 不良多いけどさ、
 その分、わたしたちを興奮させてくれるから…!

 あぁ…今日も楽しみ♡」

芙由子が自分のからだを抱きしめながら笑う。

「---ふ、芙由子!あんな奴らとつるんじゃだめよ!」
麻江は叫んだ。

東地区の高校ー。

この辺でも”ワル学校”として有名なところだ。

「---何よ、文句あんの?」
強気になった芙由子が言う。

「--で、、でも…
 わたしは…私は芙由子を心配して…!」
麻江が涙を浮かべながら言うと、芙由子は微笑んだ。

「--ふふ、心配してくれてありがと。
 でも、大丈夫よ」

そう言うと、芙由子たちは笑いながら”カラオケ”へと
向かって行った。

夕暮れの廊下を一人さびしく歩く麻江。

みんなは、変わってしまったー。
わかっているー。
あのホームレスたちに憑依されたままなのは。

「元の生活に戻りたいー?」

あれは、ホームレスたちの悪意。

友達を救えずに、臆病にもおびえ続ける
麻江を、ホームレスたちは少女のからだで
あざ笑っている。

けれどー
麻江には何もできない。

「--みんな…ごめん…」
麻江が夕日差し込む廊下で、
一人涙ぐむ。

「---麻江ちゃん?」
ふと、声がした。

背後を振り向くと、
隣のクラスの、逢阪 鈴夏(おうさか りんか)の
姿があった。

鈴夏は同じ中学の出身。
ただし、それほど親しい間柄ではなかったため、
あまり高校に入ってからも接点はなかった。

「--お、逢阪さん…」
麻江が涙を拭きながら立ち上がる。

「どうしたの…?」
鈴夏が尋ねる。

麻江は鈴夏の目を見たー。
ちょっと大人しくて気弱でー
けれども無邪気なところもある鈴夏ー。

彼女は、彼女のままー。

そもそも、河川敷に居たホームレスが全員、
誰かに憑依しているにしても、人数に限界がある。
クラスメイトと、麻江の母と姉…
恐らくは隣のクラスにまでは及んでいない。

「---ごめん…」
麻江は安心感から、そのまま鈴夏に泣き付いてしまった。

「--ちょ、……えっ…?」
鈴夏は戸惑いながらも、
麻江を受け入れてくれたー。


校舎脇のベンチに座りながら麻江は鈴夏に
これまでのことを全て話した。

「…うそ…そんなこと…」
鈴夏が戸惑う。

当たり前だ。
クラスメイトがホームレスたちに憑依されているなんて。

「--わたし、どうしたらいいか、分からないの…」
麻江が涙を流しながら言う。

「--……わたし、信じる」
鈴夏は麻江の方を見た。

「--麻江ちゃん、昔から嘘なんてつかないもんね。
 …麻江ちゃんが言うなら、本当なんだよね…」

そして、鈴夏は続けた。

「--わたしにできることは無いかもだけど…
 わたしもできるだけのことはする」

鈴夏の言葉に、麻江はありがとう、とお礼の言葉を口にした。

「--あ、そうだ…そのホームレスたちのこと…
 麻江ちゃんはどう思ってるの…?」

鈴夏が尋ねる。

「---絶対に許せない!
 みんなをあんな目に遭わせて!
 ホームレスのくせに、許せない…!」

麻江は憎しみと差別の言葉を口にした。

「---そうだよね。許せないよね…。」

鈴夏は悲しそうにつぶやいて、麻江を見た。

「--わたしも手伝う。
 だから、一緒に頑張ろう?」

微笑む鈴夏。

麻江は握手を交わしたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カラオケルーム。

女子生徒たちがスカートをめくったり、
胸を露出させたり、
不良男と抱き合いながら喘ぎ声をあげている。

「--あはははははっ!もうさいこうっ!」
桃花が自分の足を触りながら笑う。

「---いやぁ、女子高生っていいよねぇ!」
生徒会長の双海が下着姿で、笑いながらピザを食べている。

「--ふふふふふっ…たまんねぇよ!はぁ♡ はぁ…♡」
芙由子が男と抱き合いながら顔を真っ赤にしている。


「--ねぇ、どうするのよ?」
双海が、桃花に尋ねる。

「何を?」
桃花が不気味にほほ笑んだ。

「--麻江のことよ。
 まだ”偽りの日常”過ごさせてあげるの?
 そろそろぶっ壊してやらない?」

双海が言うと、桃花は首を振った。

「いいさ、今の状況は今の状況で地獄ー。
 だんだんおかしく…」

その時、桃花のスマホの着信音が響いた。

「--なに?」
桃花が電話に出ると、
電話先の声が告げた。

”ホームレスのくせに絶対にゆるせない”
だってーーー

と。

「----」
桃花は電話を切ると、怒りに満ちた表情で、
スマホを握りしめた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

「--ねぇ」

教室についた麻江に桃花が話しかけた。

「--あんた、”自分の立場”わかってる?
 麻江?」

桃花が低い声で言う。

「え…?ど、どういうこと…?」
麻江が声を震わせながら言う。

「--わたしを怒らせたらどうなるか
 わかってるよね?麻江ちゃん」

桃花がにっこりと微笑んだ。

「--そんなに”楽園”から追い出されたいの?」
桃花が顔を近づけて、麻江の頬を舌でなめた。

「---いいの?それで?」
桃花の声には、脅しの感情がこもっている。

「----な、、、なんのこと!?」
あくまで麻江はとぼけた。

「ふぅん…」
桃花が鋭い目付きで麻江を睨む。

「まっ・・・いっか、ごめんね!」
そう言うと桃花は微笑みながら立ち去って行った。

麻江の体はガクガクと震えていた。
そしてーー冷や汗が流れ出ていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放課後。

「--麻江。
 桃花が呼んでる。
 体育館に来いってさ」

生徒会の双海がそっけない様子で言う。

「え…?」
麻江は不安になりながら、双海に分かった、と告げる。

そしてー
麻江は体育館に向かった。

体育館に入るー。
すると、
体育倉庫から声がする

「あっ♡ んっ♡ やめっ♡ やめてぇぇ♡」

麻江は、慌てて倉庫にかけこむと、
そのこにはーー
乱れきった姿の、隣のクラスの女子生徒ー、
鈴夏の姿があった。

「逢阪さん…?」
麻江が言うと、
鈴夏は涙ぐんだ目で、麻江を見た。

「---ふふっ、麻江、だめじゃない」
脇から桃花が姿を現した。

そして、乱暴にイスに縛り付けられた鈴夏の
胸を触る

「あぁ、♡ やめ♡ やめて♡ いや♡ あぁああ♡」

鈴夏がポタポタと液体をこぼしながら
はぁ…♡ はぁ♡ と息を上げている。

「--鈴夏ちゃんは、関係ないんだけどね…。
 あの時、ベンチで話しているアンタと鈴夏ちゃんの
 こと、見張ってたのよ。」

麻江と鈴夏が離していた場面はー
麻江の別のクラスメイトに見張られていたー

だからーーー
麻江の悪口もホームレスたちに伝わっていた。

「お仕置きしなきゃね…!」
桃花が、鈴夏に大人のおもちゃを無理やり押し付ける。

「んあああああああああっ♡」

鈴夏が甘い声で絶叫をあげる。


「---麻江、あなたが余計なことするから、
 この子は巻き込まれちゃった…」

そう言うと、桃花の背後から
汚らしい男が姿を現した。

「--ホームレス仲間の、リョウジさんだ」

桃花がそう言うと、
リョウジさんと呼ばれたホームレスは
ニヤリと笑って、憑依薬を飲み干した。

そしてーー

「あぁ、、わ、、わたしの中に…
 何か… で、、出て行って…
 い、、いやああああ」

鈴夏がもがき始めた。

そしてーー


「---うふふ♡わたし、
 えっちな女の子になっちゃった♡」
鈴夏が不気味に笑う。

桃花は鈴夏を見つめると、拘束を解いて、
鈴夏を自由にした。

「---お、、逢阪さん・・・」
麻江は、自分が巻き込んだという罪悪感で
膝をついた。


「---ホームレスの仲間なんて、
 何人でもいるわよ。
 私たちを甘く見ないことね」

桃花が麻江の手を踏みつけながら言う。

「--最後のチャンスよ。
 ”どうする?”」

桃花は尋ねたー

麻江はーーーー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3か月後ーー

麻江は、桃花たちと一緒に、
カラオケルームに来ていた。

乱れ狂う女子生徒たちー。

麻江は一歩引いた笑顔を浮かべながら
カラオケルームに居るー。


”もう、刃向えない”

”刃向えば被害者は増えるー”


麻江は、桃花たちの”友達”になる道を選んだ―。


「--ごめん、ちょっとトイレに」
麻江はそう言って、カラオケルームを出た。

桃花の喘ぎ声が廊下まで響くー。

「----ごめんなさい…」
麻江は涙を流しながら、トイレへと向かうのだった…


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

ホームレスの憎悪、の後日談を書いてみました!
もう、どうにもならないですねー、これは…。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

カテゴリ

検索フォーム