FC2ブログ

<憑依>小学生エンペラー①~支配者~

この町は、次第に支配されていくー。

一人の、女子小学生によって。

これは、
一人の少女によって支配される町の物語ー。
------------------------

「行ってきまーす!」
小学4年生の元気な女の子、
橋田 千華(はしだ ちか)が、元気良く玄関先で声を出す。

「いってらっしゃい!」
母親の橋田 理沙子(はしだ りさこ)が返事を返す。

帰郷も千華は、元気に学校へと向かう。
持ち前の明るさと、誰にでも優しく接することのできる
柔軟さ、
そして、美少女と呼ぶにふさわしい容姿。

千華は、それら全てを兼ね備えた子供だった。


「--おはよう千華!」

「あ、おはよう」

千華の友人、浪子(なみこ)が挨拶をすると、
千華も微笑みながら挨拶を返す。

もうじき、遠足がある。

千華と浪子は今回も、一緒のグループで
遠足に行くことにしていた。

そんな、いつも通りの日常を送っていたー。

この田舎町は、比較的小さな町で、
子供たちの数もそれほど多くはない。
それゆえに、地域の結束力は固く、
今日も平和が保たれているのだった。


だがーーー
それは”この日で終わる”


「----」

歩いていく、二人の女子小学生を見つめる姿があった。

彼はーーー
”この町に、恨みがあったー”

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放課後

「じゃあ、明日ね!」

「うん、ばいばい!」

浪子と、千華が手を振りながら別れる。


いつものような夕方。
今日も、家に帰れば母親が晩御飯の
支度をしている時間帯だ。

そんな、いつもの日常を一人の男の声が
打ち壊した。

「--きみ」

男は下校中の千華を呼んだ。

「--え?」
千華は振り返る。

そこには、見知らぬ男。
当然、千華は警戒する。

「---」
有無を言わさず近づいてくる男をv見て、
千華の中の危険信号がともる。

千華は、そのまま後ずさった。

しかし、男は予期せぬ行動に出た。

千華に、そのままキスをしたのだ。

「----!?」
千華が驚いて目を見開く。

しかも、驚いたことに千華にキスをした男は、
そのまま消えてしまったのだ。

跡形もなく。

「---ごほっ!ごほっ、ごほっ」
千華が苦しそうに、咳き込んでその場に
蹲る。

「ごほっ…は… はぁ…はぁ…」
千華はようやく落ち着いてきた咳を
抑えながら立ち上がる。

「--大丈夫?」
近所のおばあさんが千華に声をかけた。

「あ、…はい」
千華は自分のからだに何も起きていないことを確認した。

「よかった」
おばあちゃんが優しく微笑むと、
そのまま立ち去っていく。

千華は思うー。
「今のは、何だったの…?」と。

おばけ?
いや、でも…。

千華は不安になりながらも家へと帰宅するのだった。

「ただいま~」

「おかえり~」

いつものように声を掛け合う親子。

「お母さん、今日の晩御飯なに~?」
千華が尋ねると、
「今日は、シチューよ!」と言う返事が
帰ってきた。

「やった!楽しみ!」
そう言うと、千華は2階への階段を
かけ上がって行った。


2階に到着した千華は、
ランドセルから教科書を取り出し、
明日の授業の時間割を見ながら
明日の授業に使う教科書たちを
ランドセルに入れていく。

これも、いつもの行動。

何ら、変わりはない、いつも通りの行動。


どくん…

「--!?」
心臓の鼓動が突然、大きく聞こえた。

どくん…

どくん…

「-な、、なに…?」
千華がおびえたような表情を見せる。

さっきの男の顔が頭に浮かぶ。

「ひっ…!」
男の顔が、目をつぶっても、浮かび上がることに気付く千華。

「---わ、わたし、どうしちゃったの…」
恐怖に表情を引きつらせる千華。

「--き、きっと…疲れてるんだ…わたし!」
千華はそう言うと、部屋の隅のベットに寝転んだ。

「--はぁ」

そうため息をついた千華は、眠りについた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「千華ー!
 晩御飯よ!」

母親の呼ぶ声で千華は目を覚ました。

「--あ、寝ちゃった!
 いけない いけない!
 宿題もやってないや」

悲しそうにそう呟くと、
千華は、1階へと向かおうとした。

しかしーー

「---!?」

体が…
勝手に動いている…?

「---くくく」
千華は笑った。


ーー!?
ど、どういうこと!?

千華はそう喋ろうとした。
けれどもー
その言葉が口から出ることは、なかった。

「---はいお待たせ千華!シチューの完成よ!」

父親は遅い。
母親と二人での夕食。

しかしー。

「---くくく…お前がこの子の母親か」

千華が突然、低い声で笑った。

「--どれどれ?」
机にひじをつき、挑発的な態度でシチューを
食べ始める千華。

「--ち、千華…?どうしたの?」
母親の理紗子は、困り果てた様子で
千華の方を見る。

そしてー
千華は鼻で笑って、
シチューの皿を机の下に叩きつけた。

「はい!不合格!
 まっず!
 こんなモン娘に食べさせて恥ずかしくないの?」

千華が大声で怒鳴り始めた

「え…ち、、千華…
 どうしちゃったのよ」

母親が困り果てた様子で言うと、
千華は机の上の食器を、両手で全て机の下に
叩き落とした。

「--ちょ、ちょっと何してるの!」
温厚な母親が怒るー。

「---くくく…これからね、わたし、
 この町を支配するの…!」

「な、何言ってるの?」

娘の意味の分からない言葉に困惑する母。

街を支配する?
一体何を言っているのか?

「-ーち、千華!拾いなさい!」

母親の言葉を腕を組んだまま無視する千華。

「---拾いなさい!」
母親が声を荒げて、千華の肩を掴もうとした。

その時だった。

千華が母親のアゴをつかんで、
恐ろしい力で壁に叩きつけた。

「--お母さん、わたしがこの町の支配者。
 いい?
 女王様になるの。」

千華の目は正気ではないー。

「--ち、千華…な、何を言って?」
母親は、千華のあまりの力に驚く。

千華が、こんな馬鹿力を出せるわけがー。

「--女王の命令は聞くものでしょ?
 返事は?」

小学生とは思えないような冷たい声で言う千華。

「--ち、千華…!?」
母親はうろたえる。

「返事しろってんのよ!」
大声で叫ぶ千華。

恫喝だった。


「ひっ…」
目に涙を浮かべる母親。

「--どうするの?私に従うの?
 それとも…」

その時だったー。

「----あっ…う…やめて…」
千華が突然、頭を押さえながら蹲った。

「ーーち、、千華!?ど、どうしたの?」
さらに混乱する母親。
もう、何が何だかさっぱり分からない。

「--、私の中に知らないおじさんが…
 お、、お母さん逃げて…!」

千華は叫んだ。

「--逃げて!」

と。

「--…・!千華!しっかりして!」
けれど、母親に最愛の娘を置いて
逃げることなどできなかった。

当たり前だー。

「---くそ餓鬼がぁ!」
千華は大声で叫んだ。

そして、続ける。

「聞いたかババア!
 この女の子は俺のものだ!
 どうする?俺に従うか?
 従わなければ今すぐ、服を全部脱いで
 表を走ってやってもいいんだぜ!

 けけけ…
 ぎゃはははははははは!」

本性を現した千華が、汚しく大笑いする。

「--や、やめてください!千華を…」
そう言いかけた母親を千華は睨んだ。

「--最後のチャンスだ」
千華がスカートに手をかける。

「や…やめ…やめて!」
母親が泣きながら土下座した。

「--やめてください、だろうが!」
千華が大声で怒鳴りつけた。

「--や、やめてください!お願いします!お願いします!」
母親の言葉を聞き、千華は笑みを浮かべた。

「-- なら、今日からお前は俺の家政婦だ。
 いいな」

そう言うと、頭をポンポンと叩いて、
千華は笑いながら、2階へと上がって行った。

2階についた千華は、
机に足を乗せて笑った。

「くくく…この町への復讐だ!
 一人の女の子に支配される町…!
 くくく、あははははははは!」

千華は愉快そうに笑い続けたー。


夜ー
父親が帰宅して、母から事態を聞かされた父は、
2階へと登ってきた。

「--千華」
父の南夫(なみお)が呼びかける。

千華はーー
自分の体を楽しんでいる最中だった。

「貴様ぁ!」
父は千華を抑えようとした。

しかしーー
千華は、千華本人が知らないはずの武術を駆使して、
父親を逆に抑えた。

「--お前も従え。
 娘の私に」

千華が邪悪な笑みを浮かべる。

「---くっ」
父親はじたばたとした。

だがー、それは無意味だった。

「娘を壊すぞ?いいのか?」

その言葉に、父の心は折れたー
刃向うことなどできないーーー

千華は父親の手を踏みにじると、
笑った。

「明日はーー学校のやつらだー」

千華は、間もなくこの町の支配者となるー
それを止められるものは、
居るのだろうか…。


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

さて、この先はどうなってしまうのでしょうか。
続きは明日です!

目の調子?いつも通りデス!

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

カテゴリ

検索フォーム