FC2ブログ

<憑依>タイツ狂い~変態女VS堅物男~①

タイツ好きの彼氏に憑依されてしまった
女子高生の涼香。

欲望に溺れた涼香は、
クラスの堅物男で、生徒会副会長の男を
誘惑し始めたー。

タイツ狂いの新作です!
---------------------------

「はぁ…♡ はぁ…♡」
ちぎれたタイツを舌で舐めながら微笑む涼香。

「---さ、、笹原さんが、こんな…こんな
 変態だったなんて、知らなかったよ、本当に…」

彼氏の堂本 茂が言うー。

涼香に憑依した健次郎は、
自分の親友であった堂本を誘惑し、彼氏にした。

最も、恋愛感情なんてない。
涼香の身体の性欲を吐き出すための、おもちゃだ。

「---うふふ・・・♡
 女の子にはね・・ひみつがあるの」

涼香は、甘い声で堂本に向かって囁いた。

「---は…はは…す、、凄いよ…」
堂本が顔を真っ赤にしている。

涼香は堂本に顔を近づけて微笑んだ。

「これからも、もっと激しく、
 ふたりだけの時間を楽しみましょ…?」

その言葉に、堂本は顔を真っ赤にして微笑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

堂本が帰ったあと、涼香は失笑する。

「---下心まるだしの男を誘惑するのにも飽きたなぁ」
涼香はタイツをこすりながら言う。

「--そうだ」
自分の脚を見ながら涼香は笑った。


「---女に興味がない男子を落とすのも
 楽しそうじゃない?」

涼香は不気味に笑う。

「--私の美脚なら…
 どんな男でも落とせるもの…
 ふふふ♡」

涼香は自信に満ち溢れた表情で、
鏡を見つめた…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢を見たー。

ーーーあのころの夢を。

クラスで下ネタ話をしている男子たち。

涼香は、そういう話が嫌いだった。
逃げるようにして図書室に移動する涼香。

「--あれ、笹原さん」
後に彼氏となる、堀川健次郎がそこには居た。

「--堀川くん」

健次郎は、よく図書室に居た。
タイツ好きの健次郎は、美脚女子が出てくる漫画を
読んでいただけなのだが、誰も、そうは思わなかった。

健次郎は本に詳しかったので、涼香と意気投合した。
そして、涼香と健次郎は、毎日、昼休みに図書室で会うようになった。

「--堀川くんと居ると落ち着くなぁ…
 ほら、クラスのみんな…その…そういう話ばっかだし」
涼香が目を逸らして言う。

「--確かに。…デリカシーない奴等だよな」
健次郎は言うー。
本当は”自分も同類”なのにー。


場面が変わる―。

初デートのときのこと。

「--堀川くんと、ずっと一緒に居られたらいいな」

デートの終わりに、涼香はそう言った。
健次郎は「あぁ…俺もそう思うよ」と答えたーー。


そこでーー
夢は終わる。

目を覚ました涼香は、ふと考えた。

”今、本当の涼香はどこに居るのだろう”と。

健次郎が憑依してから既に数か月が経っている。

…けれど…


涼香は鼻で笑った。

「--いいよね?
 ”ずっと一緒に居られる”んだし…」

そう言って、涼香はベットの脇に置かれているタイツを
ペロペロと舐めはじめた…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チャイムが鳴り、
授業の終わりを告げる。

涼香は、ほほ笑みながら
生徒会副会長の、小池 正雄(こいけ まさお)のところに向かった。

「--小池くん、今日時間ある?」
涼香の突然の問いかけに、小池は首をかしげる。

彼はーー
彼女の噂の一つもない、堅物男だ。
女性に興味がないのでは、とも言われている。

涼香は、そんな小池のことを誘惑してみたくなった。

「---時間あるけど?」
小池が言うと、
涼香は微笑んだ。

「---もうすぐテストだし…
 良ければわたしの家で一緒に勉強でもと思って」

涼香はさらに、
成績上位同士、高め合いたいから、という適当な
理由も付け加えた。

「----」
小池は考える。

だが、真面目な涼香のことだ。
本当に勉強目的なのだろうと考え、
小池は涼香の家に行くことを了承した。

「--やった!じゃあ、1時間後にわたしの家に来てね!
 場所は…」

涼香は内心で小池を笑いながら、
呟いた。

”わたしの魅力で悩殺してあげる…” と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1時間後、
小池は涼香の家にやってきた。

涼香の両親は今日は夜、遅くなる。

小池がインターホンを鳴らすと、
涼香が出てきた。

涼香は肩を大胆に露出して、
さらにショートパンツ+タイツで、
惜しげもなく美脚を披露した格好で
姿を現した。

「---あ、小池くん!いらっしゃい!」
微笑む涼香。

「--お邪魔します」
小池は、特に反応を見せなかった。

少しムッとする涼香。
わたしが肩と美脚を見せつけているのに、無反応? と。

「--綺麗だなぁ」
小池が呟いた。

「--ふふ、でしょ?」
得意げに言う涼香。

しかしーー

「--笹原さんらしい家だなぁ…」

”見ている場所”が違った。

涼香は無性に腹が立って言った。

「--他に何か言うことはないの?」
涼香の言葉に、小池は「え?」と首をかしげた。

「--ううん、何でもない」
涼香は笑みを浮かべて、自分の部屋のある2階へと向かう。

ーーわたしの魅力を前に無反応??
あり得ないんだけど!?

涼香はイライラしながら2階へと向かった。

「--ふーー…じゃあ、勉強しよっか」

「--ああ、そうしよう」

勉強を始める小池と涼香。
もちろん、涼香の目的はそこではない。

涼香は、小池のすぐ隣で身体を密着させるように
して、勉強を続けた。
だが、小池はつまらない話ばかり。
ドキドキしている様子もない。

「--ふぅ…」
わざと甘い息を吐いて、髪の毛をかき分けてみたり、
タイツに包まれた美脚を強調してみたりしたものの、
小池は勉強しか見ていなかった。


「---はぁ~あ、おしまいにしよっ!」
涼香はノートを閉じて言った。

「え?まだ20分しか…?」
小池が言うと、
涼香は微笑んだ。

「そんなくだらないことより…
 小池君…今日のわたし、どう?」

ポーズを決めて、自信満々の表情で
小池を見つめる涼香。

「--どうって?」
小池が呟いた。

「---ど、、どうって…?
 ほら、わたしの服装とか、
 どう思うの?」

涼香が言うと、
小池は失笑した。

「--はは、そんなくだらないことはいいよ。
 それより笹原さん、
 この部分なんだけど」

閉じたノートを開いて、勉強の話に戻る小池。

「---ねぇ…タイツって興奮しない?」
涼香は、自分の足をこすりはじめた。

「--ふふ・・・わたしね…
 女の子のタイツ、大好きなの。
 ふふふ♡ 興奮しちゃう」

涼香が顔を赤らめながら言う。

「小池くん…
 せっかくわたしの家に来たんだし…
 わたしの足…触っていいよ♡」

甘い声で、小池を誘惑する。

腰に手を当てて、
涼香は小池が自分の足に手を触れるのを待った。

「---あのさ」
小池がつぶやいた。

「--そんなことはどうでもいいからさ、
 勉強しようよ。
 タイツとか、そんなのどうでもいいし」

小池の言葉に涼香の表情が曇った。

「--は…な、、何言ってるの?
 小池君、男でしょ?
 わたしが誘惑してるんだよ??
 何も思わないの?」

涼香は怒りをこらえて言った。

「---な、何なんだよ笹原さん!
 僕、そういうの興味ないから!
 もうすぐテストなのに、何言ってんだよ!
 信じられない!」

小池が叫ぶ。

涼香は頭をかきむしりながら言った。

「はぁ?あり得ない!
 あんた、バッカじゃないの!
 わたしの綺麗な肩を見て何も思わないの?
 わたしの脚を見て、何も思わないの?」

涼香が声を荒げた。

そして、小池のノートを乱暴に放り投げると、
涼香は、小池にキスをした。

「---素直になりなさいよっ!」
涼香が髪を振り乱しながら小池に、
さらに熱いキスをするー。

そして、小池の手を掴み、自分の足を触らせた。

「---やめろよ!」
小池が叫んで涼香を突き飛ばした。

「きゃあっ!」
涼香が机の角に腰をぶつける。

「--な、、なんなんだよ!」
小池が叫ぶ。

「--…うっざ…ありえないんだけど!」
涼香が大声で叫んだ。

涼香は欲望と怒りから暴走した。
小池を押さえつけて、
足で踏みつける。

「な、、何するんだ!」
小池が叫ぶ。

「--うふふ♡ わたしが”教育”してあげる。
 さ、小池君、わたしの足を舐めなさい」

タイツで包まれた美脚を差し出す涼香。

「--ふ、、ふざけるな!」
小池が叫ぶ。

涼香は胸を触りながら、笑う。

「--ねぇ、わたしを期待させておいて…
 そういうの… あん…♡ ありえないんじゃない??
 女の子に、、失礼だと思わないの…
 ふふふ♡」

涼香が少し興奮しながら言う。

「--小池君に触られて、喘ぎたかったのに…
 ねぇ、、わたしの気持ち分かる?
 わたし、女なんだよ?
 ねぇ…!わたしを満たしてよ!!」

涼香が感情的になって叫ぶと、
小池は言った。

「--この変態女!」

「---はぁ?」
涼香は大声で怒鳴り声をあげて、小池を踏みつけた。

「もういいわ。
 いいから黙ってわたしの足を舐めなさい!」
怒りを込めて言う涼香。

「--いやだ!」
小池が叫ぶ。

「---早くお舐め!」
涼香がノートを小池に叩きつけた。

小池が悲鳴を上げる。

「--、、ゼッタイにいやだ!!!」

涼香は、自分のプライドをズタズタに引き裂かれた。
こんなに、屈辱的なことはない。

なんとしても、屈服させなくてはいけない。

涼香は小池のアゴをつかんで
小池を睨みつけた。

「--涼香お姉さま、足を舐めさせてください」

涼香がそう呟く。
”そう言え”と小池に命令しているのだ。

「---ふざけるな!」
小池が涼香を睨みつける。

涼香は小池を平手打ちした。

「--わたしに、お願いしなさいよ!」
大声で叫ぶ涼香。

その表情に、既に、優しい涼香の面影などない。

「---い…や…だ!」
小池が叫ぶ。

「---この童貞!」
涼香は小池を床にたたきつけた。

もの凄くイライラした様子で、自分のタイツを引きちぎり
始める涼香。

「あぁ、、むかつく!!!むかつく!!!
 うざい!!!!うざぁい!!!!!!!」

大声で叫びながら狂ったようにタイツを破き始める
涼香。
破いたタイツを、怒りのあまりそのまま口に含んで
飲み込んでしまう。

「---うふふふふふふふふ・・・」
乱暴に引出をあけて、新しく25デニールのタイツを
取り出す涼香。

「こんなに綺麗な足を前に何も思わないの?」

小池は反応しない。

涼香は舌打ちをした。

そしてーー

「--絶対に、わたしの魅力で悩殺してあげるから」
そう言うと、涼香は不気味にほほ笑んだー。

涼香お姉さまの恐怖の時間が
始まろうとしていたー。


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

こんなことしちゃうと…
後が大変そうですよ、涼香お姉さま!(笑)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

カテゴリ

検索フォーム