FC2ブログ

<入れ替わり>煉獄①~事故~

明るく、真面目で誰からも愛される女子高生ー。

自分勝手で、破滅の人生を歩んできた42歳無職男。

2人の身体が入れ替わってしまったそのときー、
人生は"逆転”するー。
--------------------------

学校のチャイムが鳴る。

放課後。
女子高生の江崎 愛梨(えざき あいり)は、
図書室で、彼氏の友野 祐樹(ともの ゆうき)と
談笑していた。

2人は、読書好きだった。

「---この前、愛梨から教えてもらった本、
 面白かったよ」

祐樹が言うと、愛梨が「よかった」と微笑む。

2人とも、クラスでは上位の成績を誇る
俗に言う優等生だ。

「--あ、そうそう、来週の日曜日だけど…」
祐樹が言うと、
愛梨は嬉しそうに微笑んだ。

「うん。大丈夫。ちゃんと予定、空けてあるよ」

その言葉に、祐樹も嬉しそうに微笑んだ。

二人は来週の日曜日にデートをする。
仲良しな二人は、お互いにその日を楽しみにしていたー。

「ふふふ、また、ラブラブムード?」

女子の声が聞こえた。

愛梨が振り返ると、
そこにはクラスメイトの女子生徒、
理紗(りさ)が居た。

「ーーーり、理紗…き、聞いてたの?今の?」
愛梨が顔を赤らめながら言うと、
「聞いてたよ~、ご馳走様って感じだね」
と、理紗が茶化す。

「--か、亀山さん、どうしてここに?」
祐樹が尋ねると、理沙は答えた。

「--どうしてって?ほら、本を返しにきたのよ」
理紗が微笑みながら、借りていたと思われる本を
見せびらかした。

愛梨、祐樹のカップルの2人にとって、
”共通の友人”に当たるのがこの理紗だった。

理紗は、二人の関係を心から祝福し、
祝ってくれた。
お調子者の理紗は、よく二人の関係を
こうしてからかっている。

けれども、
それはそれで、楽しいいつもの穏やかな日常だった。

そう、今日、この日まではー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「くそっ!」
道端の石ころを蹴り飛ばしながら、歩く、
汚らしい風貌の男が居た。
その手には自転車を引きずっている。

42歳にして無職。
親と同居しながら、親の貯金を食いつぶしながら
部屋に引きこもる日々を送っている男。

彼女いない暦42歳。
彼は、魔法使いになれると信じていた。

彼女が居ない理由ー。
それは、挙げればきりがない。

何事からも逃げる性格。
好きなだけ食べることによって生じた肥満。
身だしなみに全く気を使わない。
その上、自己中心的ときた。

そんな男に、彼女が出来るはずなどなかったのだ。

「--ふざけやがって」
イライラした様子で呟く彼は、
家で、母親と喧嘩して苛立っている。

「--あぁぁぁ…ムカつく!」
怒りに身を任せて、彼は自転車に乗り、爆走を始めた。

通行人たちをベルを鳴らしてどかしていく。


やがて、彼は公園に入った。
曲がり角を物凄いスピードでカーブする。

彼はーー
何か気にいらないことがあると、
こうして自転車で爆走するのだー。

「---!!!」
曲がり角を曲がったそのときーー
彼は、目を見開いた。

仲良く歩くー
高校生カップルが目の前に居たー


「---しまっ…」

「----ひっ!?」

カップルのうちの女子高生が振り向くのとー、
男が声をあげるタイミングが重なった。

そしてーーー

自転車は、女子高生と衝突して、
女子高生と自転車に乗る男は激しく吹き飛ばされた。

「---愛梨!」
彼氏の祐樹は叫んだ。

図書室でデートの約束を再確認した二人は
いつものように、穏やかな下校を楽しんでいたはずだった。

しかしーー

今、目の前には、自転車に乗っていた男と、
跳ね飛ばされた愛梨が横たわっている。

「---あ、、、愛梨… 愛梨!」

祐樹は必死に彼女の名前を呼んだ。

「---うっ…」
呼びかけに、愛梨が反応を示した。

「---愛梨!大丈夫か?愛梨!」
祐樹がそう叫ぶと、
愛梨は不思議そうに「あいり…?」と声を出した。

そして、愛梨は周囲を見渡す。

「-----!!」

愛梨は気付いた。
目の前に"自分”が横たわっていることに。

「--あれ、、お、、おれ…」
愛梨は一瞬そう呟いた。

「…?」
祐樹が不思議そうな顔をする。

けれどー、
愛梨は、”気付いた”。


「---あ、、、…あ、、お…わ、、わたし…」
愛梨が言うと、
祐樹は「怪我はないか?」と尋ねる。

「あぁ…ねぇ…、、ううん、ない…ないよ!だいじょうぶ!」
愛梨が可愛らしく微笑む。

「--そっか。良かったー」
安心して頷く祐樹。

愛梨は、祐樹に見えないように”笑った”

目の前に横たわる自分ー
そしてーーー
この感触…

もしかしてこれはーー。

「---入れ替わった…のか?」
愛梨が小声で呟いた。

見たところ、自分の身体はまだ横たわっている。

他人の身体から見る自分はー
とんでもなく”ブザマ”だった。

まるでゴミのようだ。
汚物のようにすら見えた。

「----ぷっ…」
愛梨は、口を半開きで倒れている
元自分の身体を見て、思わず吹き出してしまった。

「--愛梨?とりあえず救急車を呼ぼうか」
祐樹が言う。
まぁ、当然の反応だろう。

しかしー。

「--呼ぶ必要ねぇ…、、な、ないよ」
愛梨が笑みを浮かべて言う。

「--え?でもこの人、やばいって!」
祐樹が言うと、
愛梨は「放っておけば誰かが救急車呼ぶでしょ。早くいこっ!」
と、言って、祐樹の腕にしがみついた。

「---あ、愛梨…でも…」
祐樹は戸惑っている。

愛梨は「いいから早く!」と少し語気を強めて
祐樹を引っ張るようにしてその場から離れた。

スカートの履き心地・・・
こんなにもスースーして、なんだか
何かを穿き忘れているような、そんな感覚すらする。

これがー。
ヒラヒラして、頼りなさすら受けるこんなものを、
女子たちは毎日、身に着けているのか。

「---」

そして、胸・・・
目線を下にやると、膨らんでいるものが目に入る。
しかも、ちょっと胸のあたりに違和感を感じる。
男とは、体の構造が違う。
だから、感覚も違うのだ。

「----」
愛梨は無意識のうちにニヤニヤしていた。

「--あの…愛梨、怪我はないか?」
一人でニヤニヤしている愛梨を心配して、
祐樹が声をかけた。

「--あ、うん。大丈夫。
 あ、、あのさ…」

今の愛梨は、”おそらく彼氏”であろう
この男の名前を知らないー。

入れ替わったのか、それとも自分だけがこの体に
飛ばされたのかは分からないー。
だが、この子の記憶を引き出すことは出来ないようだ。

「---ちょ、ちょっと用事思い出しちゃったから、
 も、もう帰るね」

そう言うと、戸惑う祐樹を残して、
愛梨は一人走り去ってしまった。

近くの公園の隅っこに隠れるようにしてやってきた愛梨。

鞄をガサガサといじる。

鏡ーーー。

「---うわっ!可愛い!!」
可愛らしい顔が、鏡に映る。

「---はぁぁ…こ、、これが俺かよ…」
愛梨は喜びに体を震わせた。


今まで蔑まれ続けてきた自分がー
こんな可愛い子になっている。

自分のガサガサな手とは違い、
つるつるで綺麗な手。
思わず愛梨は自分の手の甲をペロリと舐めてしまう。

「うぅん…♡」

愛梨は一つの決意をした。
もう、自分の体なんて、どうでもいい。

これは一つのチャンスだ。

「---」
愛梨は鞄から生徒手帳を取り出し、
自分の名前を知った。

「ふぅん…江崎 愛梨ちゃんね…」

そう呟くと、不気味に笑みを浮かべた。

「今日から、わたしが、江崎愛梨…
 くくくく…ふふふふふふふふふふ♡」

笑いながら愛梨は住所欄を確認して、
自分の家へと向かうのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ただいまー」
愛梨が家の中に入ると、
母親が「おかえりー」と返事をした。

自分の部屋はどこだろうか。

なんとなく2階にある気がして、
愛梨は、2階へと向かった。

案の定、2階に自分の部屋があったー。

部屋を開けると、
綺麗に整理された、明るい雰囲気の部屋があった。

「----ふふふふふふ・・・
 やった…!わたし、、今日から女子高生だよ!!」

一人、置いてあった鏡にピースをしながら
ウインクすると、
そのままベットに飛び込んで、
ベットの上で、甘い息を吐きながら、嬉しそうに笑い始めた…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事故現場ではーー、
自転車ごと吹っ飛んだ42歳の無職男が目を覚ましていた。

「---ゆ…祐樹…?」

男は、異変に気付いた。
自分から出る声がーー
低く、男のものになっていることに。

そしてーー
太った体に、異臭ー。

「---え・・・な、、何・・・これ」

男には、愛梨が入れ替わっていたー。

近くのトイレに駆け込み、
男は鏡を見る。

そして、悲鳴をあげた。

「きゃあああああああああ!」


パニックを起こした男は、男の鞄のスマホを手にした。
アニメキャラの絵が待ち受けになっているスマホを
使って、男はーー、
男の中に居る愛梨は、自分の電話番号を入力した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「--い、、、いいよな・・・」
愛梨が部屋で呟いている。

「--い、今は、わたしの身体なんだし・・・」
制服を脱ごうと、ボタンをはずしていく愛梨。

その時だった。
スマホの着信音が鳴り、
愛梨は舌打ちをして、スマホを手に取る。

表示されている番号はーー
見覚えのある番号だった。

愛梨は、それを見て、不気味な笑みを浮かべた。


その番号はーー
自分のスマホの番号だったからだー。

「---もしもし・・・」
愛梨が気弱そうな雰囲気で電話に出る。

「---な、、、なんでわたしが・・・?」
男の声が電話先でする。

愛梨は確信した。
自転車でぶつかった女子高生と自分の身体が
入れ替わったのだと。

「---ね、、ねぇ、あなた誰なの??
 わ、、わたしの身体・・・返してよ!」

自分の声がー
女言葉で話している。

愛梨は思わず失笑した。

「--誰って?
 私は江崎愛梨ですけど?
 あなたこそ、誰なの?」

愛梨は冷徹な声で言った。

「--う、嘘・・・!
 嘘つかないでっ!私の身体を返して!!!」

電話先の男が叫ぶ。
中身は、この女子高生なのだろう。

「--ごめんなさい、
 よく分からないので、失礼します」

愛梨は電話を切った。

そのあとも、何度も何度もスマホがなっている。


愛梨は、上着をはだけさせて、
自分の胸をわしづかみにしながら呟いた。

「これまで俺の人生は悲惨なものだった。
 けど…
 今日からは違う…」

愛梨は汚らしい笑みを浮かべる。

「今日からは、、、俺は…女子高生になったんだ…!
 ひひひひひっ!あはははははははははっ!!!」


ピンポーン

数分後。
インターホンが鳴った。

愛梨は気にせず、自分の髪型を色々な髪型に
して遊んでいた。

髪の毛一つで、女は大きく変わる。

色々な愛梨を見て、自分自身で、彼女は興奮していた。


「--ねぇ!!!お母さん!お願い、助けて!!!」

”自分”の声がしたー。

愛梨は、ニヤリと笑う。
”俺の身体と入れ替わったこの子が、
 家に来たのか”と。

愛梨は玄関の方に歩いていく。

「どうしたの?”お母さん”」
愛梨は、怯えた様子でそう言った。

この子が、母親のことを”お母さん”と呼んでいることは
分かった。
元々の自分の身体が「お母さん」と泣き叫んでいるからだ。

こうして、徐々に周囲の情報を得ていけば、
自分は、江崎 愛梨になりきることができるー。

「--あ、、…お母さん!そこのわたしは偽物なの!!
 ねぇ、信じて、わたしが愛梨よ!」

太った汚らしい男が、叫ぶ。

「---ちょっと、困ります。
 警察呼びますよ」
母が言う。

「---お母さん!!!信じて!!!」
男がボタボタと涙を流している。

「---お母さん、何なのその人…?」
愛梨は、わざと怯えた様子で、母親に尋ねる。

「大丈夫よ。愛梨。下がっていて」
母親がほほ笑みながら言う。

「---血液型は!!!」
男が叫んだ。

「---あんたが本物だって言うなら、
 血液型、分かるでしょ!?
 答えてみなさいよ!」

男が叫ぶ。

母親は戸惑った様子で、愛梨を見た。

「----…」
愛梨に中に居る男は思う。
”まずい”と。

今、質問攻めされたら何も答えられない。

ちょうど、これから部屋でLINEの履歴などを
見ながら、この子のデータを探ろうとしているところだった。

だから、まだ”何も知らない”


「----あの…そうやってわたしのこと
 聞き出そうとしているんですよね…?」

愛梨は振り返ってそう言った。

血液型を答えることはできない。
勘で答えるのもリスクが高い。
ならば、こうするしかない。

「---ほら、お母さん!
 そこに居る私は偽物よ!
 血液型も答えられないじゃない!」

男が叫ぶ。

「---そういうあなたは答えられるの?」
愛梨は尋ねた。

「---A型よ!A型のRH+!」
男が叫んだ。

母親が一瞬、男の方を見る。

だが、愛梨はうろたえなかった。

体を怯えた様子で震わせながら
”こう言った”

「ど、どうしてわたしの血液型を知ってるの?
 …こ、、怖い…」

と。

涙を目に浮かべながら言う愛梨。

その姿を見た母親も意を決したようだ。

「-ーあなた娘のストーカーですか?
 警察呼びますよ!」

「--お母さん、警察呼ぼう!」
愛梨もそう言うと、母は電話の方に向かう。

愛梨は、自分の身体だった男の方を見て
邪悪な笑みを浮かべた。

「---”俺”の身体、やるよ。
 名前は、宮国 太郎(みやぐに たろう)だ。

 俺は、愛梨として生きていく。
 お前は太郎として生きるんだな…!」

愛梨とは思えない様な、
怖い顔で、笑う愛梨ー。

「--やめて…わたしの身体…返して・・・」
男が涙を流して、その場に蹲る。

「---お前は太郎だ…
 ほら、早くしないと警察が来るぞ」
愛梨が脅すようにして言うと、
太郎は目に涙を浮かべて走り去って行った…。

愛梨は笑みを浮かべる。
「---天国と地獄ーーー。
 ふふっ…これからわたしっ、女子高生ライフを
 楽しんじゃおっと★」

嬉しそうに言うと、愛梨は部屋の方に駆け上がって行った…。


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

憑依空間、数少ない入れ替わりモノです!
たまには息抜きにお楽しみください!!

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

カテゴリ

検索フォーム