FC2ブログ

<憑依>姉妹の亀裂①~いもうと~

彼女にとって
”お姉ちゃん”はとても偉大な存在だった。

本当に尊敬していたし、
本当に心から慕っていた。

だが、ある日を境に、それは変化していくー。

※「大好きなお姉ちゃんが憑依される話」というリクエストを元にした作品です!
----------------------------

わたしは、お姉ちゃんのことがとっても好き!

いつも、優しくて、
いつも、一生懸命で、
とっても面白いお姉ちゃんがー。

妹のわたしから見ても、
お姉ちゃんは美人でスタイルもいいし、
お姉ちゃんには100年かかっても、敵わない!

そんな、お姉ちゃんがわたしは大好き。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★1日目★

「---何ニヤニヤしてるの?」
突然、お姉ちゃん(近本 美優希(ちかもと みゆき))の
声が背後からして、わたしは驚いた。

「--わっ!お、お姉ちゃん!」
”大好きなお姉ちゃん”のことを考えて一人でニヤニヤしていたなんて
絶対にお姉ちゃんには言えない。

「--何か楽しいことでもあった?」

今日もお姉ちゃんの笑顔が眩しいー。

お姉ちゃんは、高校2年生。
バイトに、学校に、いつも何事にも一生懸命で、
わたしの憧れのお姉ちゃん!
人生の目標って感じかな?

わたしは、中学2年生。
あ、名前は那美(なみ)ね。

わたしは、この世の誰よりもお姉ちゃんが大好き。

「--う、ううん、別になんでもないよ」
わたしはそう答えながら
勉強机に向かった。

お姉ちゃんはクラスでも成績トップ!
わたしもお姉ちゃんに少しでも近づけるように頑張らないとね!


★2日目★

お姉ちゃんより、先に帰ってきたわたしは、
今日も勉強机で勉強中…。

わたしが苦手なのが数学と英語と国語…
って3教科全部じゃんって突っ込みは置いておいて…。

お姉ちゃんと違ってバカだから、
わたしはしっかりと勉強しないと、いけないの。
この前も英語のテスト38点だったし…

・・・。

・・・・・。

20時。
お姉ちゃん、いつもより遅いなぁ…

いつもはもうとっくに帰ってきてるんだけど…。

さっきLINEで"今日は遅くなるね”って連絡が
あったから、大丈夫だとは思うけど、
お姉ちゃんがいないと寂しい。

「--ただいま」

お姉ちゃんの声!

「おかえりー!」
わたしは満面の笑みでお姉ちゃんのほうを振り向いた。

けれどー。
「---チッ」

お姉ちゃんはわたしに向かって舌打ちをした。

え?どうして??
え??わたし、何か悪いことした??

「---部屋…一緒なの」

え???
何???

お姉ちゃんがボソッと言った言葉の意味が理解できず、
私は机で頭を抱えたー。


★3日目★

今日もお姉ちゃんは遅い。

昨日は、一日中不機嫌だった。
いつも明るいお姉ちゃんが、あんなに不機嫌に
なるなんて、何があったんだろう…?

彼氏が居るって、聞いたことはないけど、
彼氏と喧嘩でもしたのかな?

わたしには、分からないけど…

でもでも、お姉ちゃんだって人間なんだし、
そういうこともあるよね…!

「-----ねぇ…」

突然背後からお姉ちゃんの声がした。

「--あひっ!?」
まだ帰ってこないと思っていたわたしは
びっくりして変な声を出しちゃった。

あひっ って何よ…

「---よく見たら、可愛いじゃない…」
え…??え・・・??
お姉ちゃんが色っぽい表情でわたしを見ている。

何この展開??

「---ちょっとだけ、お姉ちゃんと遊んで…ネ?」

え…?
え……??

「お…お姉ちゃん…?」

お姉ちゃんのなんだか
色っぽい雰囲気にわたしは戸惑うことしかできなかった。

ぷるんとした唇がわたしに触れる。

「~~~~~~~~~~!!!」

え、、、え、、、
わたし、お姉ちゃんにキスされちゃった??

「--ふぇえええええええええ~~~~」

興奮のあまり、変な声を出しちゃった…。
大好きなお姉ちゃんにキスされちゃった…

これって、あれかな?
なんだっけ百合とかいうやつ…?

「ふふ・・・お姉ちゃん、興奮してきちゃった♡」

よ、よく見たら、今日のお姉ちゃんは
なんだか雰囲気が違う。

なんだか、大人っぽい服装で、
とっても綺麗…

って、お姉ちゃん、服を脱ぎ始めてる??

「--一緒に、女の興奮に溺れましょ?」

お姉ちゃん、今、なんて…??

あぁ、もうダメ!
これ以上はわたし、おかしくなっちゃう!

「ダ…ダメ!」

わたしは思わずパニクって、お姉ちゃんを
突き飛ばしてしまった。

「---ぎゃっ…」
扉に腰を打ったお姉ちゃん。

「あ、、ご、、ごめん お姉ちゃん…だ、大丈夫?」
わたしが慌ててそう言うと、
お姉ちゃんは舌打ちして、二段ベットの下の段に潜り込んでしまった。

ーーあぁ…ドキドキが止まらない…
大好きなお姉ちゃんの…
大人の一面??っていうのかな???

もうダメ。
わたしは、壊れちゃう…


★4日目★

今日は、お姉ちゃんが帰ってこない。
一体どうしたんだろう?

お母さんも心配してるけど…。

わたしがLINEを送っても、既読がつくだけで
返信が来ない。

不機嫌だったり、
急に大人っぽくなったり…

やっぱりお姉ちゃん、
彼氏でもできたのかなぁ?

なんだか、やきもちやいちゃう!


★5日目★

「ーーーーふん」
帰ってきたお姉ちゃんが、わたしを見て不機嫌そうに
言った。

「--あ、お、、おかえり」

わたしとお姉ちゃんは部屋が一緒だから、
喧嘩をするととても気まずい。

わたしはお姉ちゃんのことが大好きだし、
お姉ちゃんはとても優しいけど、
それでやっぱり喧嘩をすることはある。

人間だし、仕方がないよね。

「---お、、一昨日はごめんね。
 急なことだからびっくりしちゃって…」

わたしが謝っても、
お姉ちゃんはスマホをいじったまま、
反応してくれない。

「--お姉ちゃん…ごめんね…」
涙が出てきちゃった…

わたし、嫌われたのかな?

ーー今日は、お姉ちゃんにほとんど口を
聞いてもらえなかった。

そういえば、ベットに潜ったお姉ちゃんが時々、
「うぅ…ん」みたいなうなり声を上げていたけど、
どこか、体調でも悪いのかな?

ちょっと心配。


★6日目★

今日は、友達と話していて、帰りが遅くなっちゃった。

お母さんとお父さんは、今日は仕事で遅いから
居ないけど、
お姉ちゃんを心配させちゃう!

早く、帰らなきゃ。

もう、お姉ちゃん、帰ってきてるだろうなぁ…。

「--うふ…あぁん♡ 気持ちいい・・♡
 もっと♡ もっとわたしを滅茶苦茶にして…♡」

部屋の前で、
わたしは変な声を聞いた。

お姉ちゃんの声…?
でも、なんだか変な感じ…。

「美優希…お前は最高だぜ!
 こんなエロい女だったなんてな…」

男の声…?
やっぱり、彼氏が出来たんだ。

だからー。

「うふふ♡ そうでしょ?
 わたし、えっちな女の子になっちゃったの♡
 うふふっ♡」

真面目なお姉ちゃんもやっぱり、
女なんだなぁ…。
中学生のわたしにはよく分からないけど、
お姉ちゃんが気持ちよさそうで良かった。

「--”こいつの身体、乗っ取って正解だったぜ”」

お姉ちゃんが突然、変なことを言った。

”乗っ取るー?”

「--こいつの身体は俺のものだ!!
 くくく…
 まぁ、妹が居て邪魔くせぇけど、
 あいつは放っておけばいいし…」

ーーーーーーーーーーー!!!

お、、お姉ちゃん…
どういうこと…?


「いざとなったらアイツの体に憑依して
 廃人にしてやるから…
 そうすればこの部屋はわたしだけのものだし…
 うふふふふ♡」

部屋の中から聞こえる声。
わたしは、恐怖して、家の外に逃げ出したー。

3時間後…

こっそりと家に帰ると、
お姉ちゃんはもう、ベットで休んでいた。

「た…ただい…ま」

私はそれしか言うことができなかった…。



★7日目★

お姉ちゃんが帰ってきた。

昨日のお姉ちゃんの言葉。
あれはどういう意味だろう。

ショートパンツ姿の、男を誘うような格好の
お姉ちゃんがわたしを見ている。

そういえば…
なんだかここ最近お姉ちゃんが変だ。

ーーーー聞きたい

ーーーー聞かないといけない。

聞いてしまったらわたしは、どうなるか分からない。
けどーー

わたしはお姉ちゃんが大好きだから、
聞かずにはいられなかった。

”体を奪った”

そんなことがあるわけないけどー。
たぶん、えっちするときの楽しみ方の
一つなんだと思うけどーー

でも、不安。

「あのさ…お姉ちゃん」

わたしが声をかけると、お姉ちゃんはわたしを見た。

「---昨日の、男の人とのお話…
 あれって…」

わたしはそこまで言って、震えが止まらなくなってしまった。


「--あぁ、聞いたの?」
お姉ちゃんは不気味に笑った。

わたしは”確信”したー

「---あ、あなた誰?
 わたしのお姉ちゃんじゃ、ないーーー!」

わたしは、そう叫んだーー


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

お姉ちゃんの身に何が起きたのかは、
明日の”おねえちゃん”編で、見てくださいネー!

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

カテゴリ

検索フォーム