FC2ブログ

<憑依>デス・マンション①~幽閉~

肝試しを楽しむ5人の女子高生。

しかし、朽ち果てた豪邸に入った5人は、
そこに閉じ込められてしまう。

怯える5人に、声が聞こえてきた。

”君たち5人の中のひとりに憑依した” とー。

脱出する方法はひとつ。
”憑依された子を見つけ出し、残りの4人で、その子を殺すこと”
-------------------------

夜の人気のないところで、
女子高生5人がワイワイと騒いでいた。

夜ー、と言っても、
まだ19時。
親の許可を5人ともとっていたし、
非行に走っているわけではない。

彼女たちは、肝試しをするために、
町はずれの山林地帯へとやってきていたのだった。

綾川 真登香(あやかわ まどか)
生徒会長で優等生ー。誰にでも心優しい人物。

増本 悠子(ますもと ゆうこ)
ショートヘアーの活発系女子で、今回の肝試しの立案者。

藤井 早紀(ふじい さき)
気が弱く、いつもおどおどしている女子生徒-。

乃木 瑞帆(のぎ みずほ)
協調性に欠け、自分勝手で気の強いおてんば女子高生。

富村 幸代(とみむら さちよ)
天然系女子。突然の爆弾発言で周囲を困惑させることもしばしば。

この5人が、肝試しを楽しんでいた。

「あ~楽しかった!」
活発女子の悠子が言うと、

「悠子ちゃん、一人でずっと騒いでたもんね」
と生徒会長の真登香が優しく微笑む。

「--もうこんな時間だよ~」
天然系女子の幸代が言う。

「そうだね。そろそろ帰ろうか」

真冬ー
日が沈むのが早いこともあり、
5人は、2時間ほど前から肝試しを楽しんでいた。

「---・・・」
早紀が、何かを見つめているのに他の女子が気づいた。

「---どうしたの?」
真登香が訪ねると、早紀が「あれ・・・」と指をさした。

そこにはー
朽ち果てた豪邸のようなものがそびえたっていた。

「な・・・なにあれ?」
山岳地帯の奥底にある朽ち果てた豪邸。

いかにもな雰囲気に、
5人は不気味さを感じた。

「---ふふっ、ちょうどいいじゃない」
高飛車でプライドが高い瑞帆が、
髪をかきあげながら、その豪邸の方に向かう。

「ちょ、ちょっと瑞帆?」
悠子が瑞帆を呼び止めるも、
瑞帆は止まらない。

「まだ、30分ぐらい平気でしょ?
 朽ち果てた豪邸・・・
 肝試しにぴったりじゃない」

入口の扉に手を触れる瑞帆。

扉はー
開いているようだった。

「--ちょ、ちょっと・・・やめようよ」
臆病な早紀が震えながら声を出す。

早紀は、活発女子の悠子に無理やり
つれてこられて、今回の肝試しにも参加している。
最初から、乗り気ではないのだ。

「--いいじゃない。少し中を見るだけよ」
瑞帆の強引な提案に、
他の4人の女子も仕方が無く豪邸の中に足を踏み入れた。

「----」

豪邸の中には、人がいない。

だがーー
奥の扉から、明かりが漏れ出ていた。

「--だ、誰か居るの?」
生徒会長の真登香が不気味そうに言うと、

「--おばけがいたりして~!」
と天然女子の幸代が笑った。

「こ、怖い事言わないでよ」

ーーその明かりのある部屋に向かう5人。

そしてーーー

「--なにこれ」
瑞帆が、表情をゆがめる。

その部屋には、
まるでこれから誰かを祝うかのように、
豪華な食事が並べられていた。

食卓の上には蝋燭ー。

そして、食卓には、”5人分”の食事が並んでいる。

まるで、彼女たちがここにやってくることを
知っていたかのようにー。

「---や、やばくない?」
悠子が言う。

誰も居ないはずの廃墟の豪邸に、
食事が用意されている。

しかも、自分たちの人数分。

「か、帰ろうよ・・・」
早紀が消えてしまいそうな声で言う。

「--そ、そうね」
流石におてんば女子・瑞帆も気が引けたのか
そう言った。

その時だったー

突然部屋の照明が消える。

「きゃあああああ!」
”誰か”の声がした。

5人は混乱するー。

「な、、何よ・・・!」

慌てふためく5人。

そしてーー。

”ようこそ ボクの屋敷へ…”

機械音声のような、男の子の声が聞こえた。


照明が灯る。

「な、、何…何なの?」
真登香が慌てた様子で言うと、
機械音声の声は答えた。

”ボクはこの屋敷のマスターだ。
 ずっと人が来てくれなくてさびしかったんだよ”

早紀が涙ぐんだ目で周囲を見渡す。

瑞帆は困惑した表情を浮かべているー。

天然女子の幸代は何故か楽しそうだー。

活発女子の悠子は「こわ…」とつぶやいている。


”きみたちを歓迎するよ”
 出会いを記念して、食事も用意したから
 食べて食べて”

無邪気な様子で言う男の声。

「-----」
いきなり、こんな不気味な場所で食事を振る舞われて、
喜んで食べる女子高生など、居るのだろうか。

彼女たち5人は、沈黙した。


”冷たいなぁ・・・
 あ、そうそう
 この屋敷に入ってきた君たちには
 僕と”ゲーム”をしてもらうよー。

 脱出を賭けたゲームだ”

男の声は笑った。

「な・・・何言ってるのよ!」
真登香が声を荒げる。

「---真登香・・・?」
悠子が心配そうに真登香を見る。

普段優しい真登香が声を荒げるのを初めて見て、
不安になってしまったのだ。

”君たち5人のうちの”ひとり”の身体ー
 ボクが貰ったよ ケケケ・・・!”

「---!?」
5人は、それぞれ、周囲の仲間を見渡す。

”君たちがこの屋敷から脱出する方法はひとつ!
 ボクが憑依して操っている友達を見つけ出して、
 その友達を君たちの手で殺すことだ”

「--はぁ?ふざけないでよ!」
瑞帆が叫ぶ。

「こ・・・怖い・・・」
早紀が涙を目に浮かべて震えている。

”ボクはーー残りの4人・・・
 君たちを罠にかけて殺していく。
 
 君たちは、殺される前に、ボクに憑依された友達を
 見つけ出して、殺さなくてはならないー。
 
 逆に、僕は、君たち4人に正体がばれる前に、
 君たちを殺さなくてはならない

 そしてー勝った方が屋敷から出れるんだ!
 どうだい?楽しそうだろう!
 これがデスゲームだ!うひゃひゃひゃ”

音声アナウンスの男の声が笑う。

”タイムリミットは3日間ー。
 それまでに、ボクがどの子に憑依してるか
 気づけなかったら”ゲームオーバー”だ”

「--・・・」
5人の女子高生たちは恐怖を目に浮かべていた。

”くくく…ボクが憑依した子…
 いい身体してるね…くふふ・・・
 早く脱出して、女の子として生きたいなぁ~”

男の声がそう言うと、
最後に一言加えた。

”君たち4人で、ボクに憑依された一人を見つけ出すこと
 君たちが生き延びる方法は、それだけだ”

そう言うと、
ジーと、音がして、放送が途絶えた。

どうやら、録音だったようだ。

「--わ、、わたしたちの一人が、
 今の男に憑依されてるの…?」

生徒会長の真登香が言う。

5人とも、友達の顔を見比べる。

誰がー
憑依されたのか。

「…と、とにかく、ここから出ましょう」
生徒会長の真登香の言葉に、
他の4人が頷いた。

”人に憑依する”
そんなこと、できるはずがない。

ただの、脅しだ。

「---開かないよ!」
活発女子の悠子が言う。

入口の扉が開かなくなっていた。

そしてー
窓はすべて何かの板で封鎖されていて、
開けることができない。

「ど…どうしよう…」
大人しい早紀が、目に涙を浮かべて動揺している。

「--ふん」
ワガママ女子の瑞帆が、
スマホを取り出す。

しかし、電波が届いていないのか、
外に連絡することができない

「チッ」
瑞帆は不満そうに舌打ちした。

5人は一旦、食事が置かれている部屋へと戻った。

「--いい?必ず助けは来る。
 だからみんな、慌てないで」

生徒会長の真登香が他の4人に対して言う。

「---そ、そうだね」
活発女子の悠子もそれに応じる。

生徒会長の真登香はこんな時でも冷静で頼りになる。

真登香が居てよかったー。
女子たちのうち何人かは、そう思った。

「まぁ、とりあえず、お腹もすいたし、
 この料理食べようと」
天然女子の幸代が言うと、
「ダメ!」と真登香が叫んだ。

「--へ?」
幸代が美味しそうなパンを持つ手を止めて、
首をかしげた。

「ーー毒でも入ってたらどうするの?
 こんな怪しいところの食べものなんて
 食べたらだめよ」

真登香が幸代からパンを取り上げると
幸代は不満そうに「でも、美味しそうなんだけどなぁ~」と呟く。

「---みんな、何か食べ物持ってる?」
真登香の言葉に、
何人かが頷いた。

お菓子だとか、昼間に残したパンだとか
そんなものばかりだった。

「--これを分け合って食べるしかないわね。
 助けが来るまで少し時間がかかるかもしれないから、
 計画的に食べましょう」

生徒会長の真登香が、他の4人の統制を取り、
少女たちはなんとかパニックを抑えていたー。

今日、5人が帰宅しなければ、
5人のうちの両親の誰かが、あるいは複数が、自分たちを
探し始めるはず。

そうなれば、必ず助けは来る。

真登香は、そう思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜ー。

色々脱出手段を考えて、
館の中を探したものの、
脱出手段は見つからなかった。

真登香は、団体行動を提案したー。

何故なら、複数に分かれて行動すればー、
”もしも本当に誰かが憑依されていた場合”
危険が生じるからだ。

2:3で行動していて、
二人で行動しているうちの一人が憑依されている子だったらー?

そのもう一人は間違えなく危険な目に遭うだろう。

そう考えて、真登香は、5人全員での行動を提案していた。

そして夜ー。
3人ずつで交代に見張りながら寝ることを提案した。

豪華なベットが5人分用意された部屋で、
5人全員が寝るのはまずいー。
何かされるかもしれないからだ。

しかしー

「私は寝るから」
ワガママ女子の瑞帆が言う。

見張りをする気は、彼女にはないようだ。

「ちょっと、こういうときぐらい協力しなよ!」
活発女子の悠子が反論するも、
生徒会長の真登香がそれを止めた。

真登香はやむを得ず、二人ずつでの交代で
見張りをしながら寝ることを提案した。

”何かあれば、すぐに全員を起こすように”と。


深夜2時ー。

天然女子の幸代と、
気弱な早紀が見張りをしていた。

「--ねぇねぇ、本当に誰か憑依なんてされてるのかな?」
幸代が言う。

「--ど、、どうなんだろう…」
早紀が困り果てた様子で言う。

真登香、悠子、瑞帆の3人は寝静まっている。

「--憑依されるって、どんな感じなのかなぁ~
 むかし、漫画で読んだことあるんだけど、
 体奪われちゃうってヤツ…
 ちょ~っと、どんな感じだか気になるなぁ~」

天然な幸代は不謹慎なことを口にした。

「すーっ・・・すーっ」
ふと気づくと、一緒に見張りをしていた早紀が
寝静まっていた。

「--あらら、寝ちゃったのね。
 ま、早紀ちゃん、今日は1日疲れただろうしね」

そう言うと、幸代は不気味にほほ笑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガシャン!

もの凄い物音で、真登香は目を覚ました。

「---!な、なに?今の?」
真登香が周囲を見渡す。

他の”3人”も驚いている。

「---さ、幸代は?」
天然女子の幸代が居ないことに気付く。

ガラン!

食堂の方から凄い物音が聞こえる。

「---!」
真登香は寝室から飛び出した。

そしてー

食堂で倒れている幸代を見つけた。

「--さ、幸代!」
真登香が慌てて駆け寄ると
幸代が苦しそうに口を開いた。

「--や、、、やっぱ、、、毒・・・」
幸代はそれだけ言うと、白目を剥いて
痙攣し始めた。

「---バカ!何で食べたのよ!」
真登香は食卓の上の食べかけのパンを
見つめた。

やはり、屋敷に用意されていた食べ物には、
毒が入っていたー。

「---ねぇ!死んじゃダメ!」
真登香が幸代の心臓マッサージを始めた。

他の3人も、遅れて食堂へと駆け付ける―。

「ねぇ!!戻ってきて!ねぇ!」
次第に真登香の手つきが荒くなる。

「--ねぇ!早く!救急車!」
真登香が叫ぶ。

「--真登香・・・救急車は・・・呼べないよ」
活発女子の悠子が目に涙を浮かべながら言った。

この屋敷から外部への連絡は出来ないー。

「--な、なんとかしなさいよ!ねぇ!」
真登香がパニックを起こしている。

「--もう、無理よ」
ワガママ女子の瑞帆が真登香の手をつかんだ。

心臓マッサージをしていた真登香が手を止め、
その場に泣き崩れる。

「----」

泣きじゃくる真登香。

仲間の死に、気弱な女子の早紀も泣き崩れている。

活発女子の悠子は目に涙を浮かべ、
ワガママ女子の瑞帆は、険しい表情をしている。

「---殺さなきゃ」
泣いていた真登香がつぶやいた。

「え?」
悠子が不思議そうに聞き返す。

「---私たちが、殺される前に、殺さなきゃ・・・
 あなたたち3人のうちの誰かが
 ここのマスターに憑依されてるんでしょ?」

真登香が泣きながら笑っているー。

生徒会長の真登香はー、
真面目で優しい生徒ー

しかし、それは”他人に嫌われたくないから”
そう振る舞っていただけ。

本当の彼女はー
自己中心的で、臆病で、傲慢だったー。

緊急事態を前に、かろうじて保っていた理性がー、
仲間の死によって壊れた。

「ふふふ・・・憑依されているバカをぶっ殺せば
 わたしたち、生きて帰れるんでしょ?
 なら、そいつを殺せばいいじゃない」

真登香が狂ったように笑いながら言う。

「--や、、やめてよ・・・」
早紀が泣きながら言う。

「--ま、真登香、落ち着いて…
 誰かが憑依されてるって決まったわけじゃないでしょ?」
悠子が言う。

「--そうよ、アンタ、パニックにならないでよ」
ワガママ女子の瑞帆が言うと、

真登香が笑みを浮かべた。

「そうだね…ごめんね」
そう言うと、真登香は寝室の方に戻っていく。

そしてー
寝室からヒステリックな叫び声と暴れる音が聞こえてきた。

「--真登香」
悠子は目に恐怖を浮かべながら言った。

「--恐怖で、壊れたのね」
瑞帆がため息をつく。

こういう状況において、正気を失うやつが一番厄介だ。
瑞帆はそう思いながら首を振った。

”頼りになる生徒会長”はもう、居ないー

「どうしよう…どうしよう」
臆病な女子の早紀は、この先どうすれば良いか途方に暮れる。

「・・・・・」
活発女子の悠子は、”もう真登香には頼れそうにない”と
頭の中で考えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日目ーー

早朝。
一人の女子が、鏡の前で不気味にほほ笑んでいた。

「--まず一人…うふふ♡」

彼女は、鏡に写った自分の舌をペロリと舐めると、
妖艶にほほ笑んだ…。


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

不気味な館から無事に脱出できるのかどうか、
続きは明日デス!


コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

カテゴリ

検索フォーム