FC2ブログ

<憑依>デス・マンション③~脱出~(完)

最終日―。

幽閉されてしまった豪邸からの脱出を目指す3人の少女。
残る3人のうち、誰かに館のマスターが憑依しているー。

憑依されている子を見つけ出し、
脱出することは出来るのだろうか…。
--------------------------

増本 悠子(ますもと ゆうこ)
ショートヘアーの活発系女子

藤井 早紀(ふじい さき)
気弱な、大人しい女子生徒。

乃木 瑞帆(のぎ みずほ)
協調性に欠ける、自分勝手なお嬢様

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12:00

最終日。
今日、憑依されている子を見つけ出し、
その命を奪わなければ、
”敗北”なのだと言う。

この屋敷の”マスター”は、
タイムリミットを迎えたとき、どうなるのかについては
言わなかった。

けれどー。
既に命を奪われた
生徒会長の真登香、
そして天然女子の幸代の二人を見る限り、
無事に生きて返してくれるとは思えない。

恐らくはー

「--大丈夫?」
悠子が、青ざめている顔色の早紀に話しかけた。

「--え?あ、う、うん…」
早紀は不安そうに返事をした。

最後の食糧であるパンを、3人で分け合いながら食べる。

パニックを起こしていた真登香が死んだことで、
3人は一応の平穏を取り戻した。

けれどー
この中の一人が憑依されているなんて…。

3人とも、残り二人の様子を伺いながら、
”疑いたくない”という気持ちと、
”もしかして”という気持ちが交錯しているー。

「・・・・」
早紀はパンを食べながら、
悠子と、瑞帆の表情をさりげなく見つける。
二人とも、複雑な表情をしている。
その心中を、早紀にはかり知ることはできなかった。

「ーーーー」
活発女子の悠子も、二人のことを密かに観察していた。
早紀かー、それとも瑞帆か。
いや、そもそも憑依されている子なんて居るのだろうか。
緊急事態だったとは言え、昨夜、真登香を槍で殺した
瑞帆のことを、悠子は疑っていた。
けれどー、早紀が憑依されていないとも限らない。
悠子は、答えを出せずにいたー。

「とにかく、ギリギリまで助けを待つべきね」
瑞帆はそう言いながらも、二人の観察を欠かさない。
自分が憑依する立場の人間だったらー?
恐らくは、本人のフリをするだろう。
早紀か。悠子か。いや、もしかするとー
”無意識のうちに”自分が憑依されているのかもしれない。
瑞帆はそんな風にも思い始めていた。


18:00

マスターは沈黙を続けている。

今日が終われば”ゲームセット”
一体どうなるのだろう?


少女は、モニターが並んだ部屋で
足を組みながら微笑んでいた。

「---くふふっ♡」
イヤらしい笑みを浮かべて、
”残りの二人”の恐怖に歪んだ表情を見つめる。

”不安”や”絶望”
何とも言えない二人の表情をモニター越しに見つめて、
少女はゾクゾクとしたー。

「ふふふ…
 イイ顔じゃない」

少女は、写真を見つめるー。


自分は、裕福な家庭に生まれた一人息子だった。
母親と、父親に、囲まれて。

けれどー。
ある日、強盗がやってきた。
金目当ての強盗だ。
幸せな家庭は壊されたー。

強盗に襲われた時、父と母は
”自分の身を守ること”を優先した。
息子である”ボク”を見捨てた。

人は、極限状況下に置かれると、パニックを起こす。

ーー母は、息子である”ボク”を、
強盗の方に押し飛ばした。

ボクは、そのまま強盗に刺されてー死んだ。

結局、母と父も、その強盗の手によってー。

そして、この屋敷は朽ち果てた。
でも、”ボク”の残留思念は消えなかった。

人は汚いものー。
この屋敷にやってくる人間を、幽閉しては、ボクは
人間たちに恐怖を味あわせて、始末した。

けどー
今回はー。

”初めて女子高生がやってきた”

可愛いー。
こんな子たちになって、ボクはもう一度人生をやり直したい。

そう思った。


「---くくく…ボクはこの女として、生きる」

館の”マスター”は、鏡に映る可愛い顔を見ながら
表情をゆがめた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あ、早紀…。悠子が見当たらないんだけど?」
瑞帆が訪ねると、早紀は首をかしげた。

「…わ、私も見てない…」
早紀が戸惑いの表情を浮かべる。

20:00-

あと4時間しかない。

このタイミングで、悠子が姿を消した?

「--」
瑞帆は早紀を見つめながら思う。

「---」
そして、早紀も瑞帆を見つめる。

今、”ふたり”になっているこの状況が正しいのか。

それともー。

”目の前に居る友達”こそが、
悪魔なのか。

「---とりあえず、悠子を探しましょう」
瑞帆は言った。

ワガママな彼女は、冷静だった。

残る3人の中でも、一番冷静だったかもしれない。
ワガママ、それは”一人で生きる”ということー。
他人に属さない生き方をしている彼女は、
メンタル面において、強かった。

こういう環境においては、一番適していたのかもしれない。


23:00ー
あと、1時間しかない。

「あ、、、」
悠子は、目を覚ました。

屋敷の中の隠し扉を見つけて、
その中に入った悠子は、古びた日記帳を見つけた。

それを読んでいるうちに、ロクに眠らず行動していた
悠子は、眠ってしまった。

時計を慌ててみる悠子。
23:00ー
もう1時間しかない。

それは、
この屋敷の”マスター”とされる人物のものだった。

「---マスターって…」
悠子は呟く。

マスターは、死んでいるー
そう、30年も前にーーーー。


「いやああああああああっ!」

外から、早紀の叫び声が聞こえた。


「早紀ー?」
悠子は慌ててその部屋から飛び出す。


そこにはーーー
血まみれになって倒れた瑞帆の姿があった。

「--瑞帆!?
 ど、どういうこと…」

早紀が真っ赤にそまったナイフを手に、
泣き崩れている。

「--早紀…?」
悠子が早紀に声をかける。
早紀は、涙ぐんだまま悠子の方を見た。

「--の、、、乃木さんが、急に…襲ってきて…」
早紀が泣きながら言う。

「--み、瑞帆が」
瑞帆の身体を確認する。

既に、息は無い。

「わ…わたし…乃木さんを…
 刺しちゃった…どうしよう…どうしよう」

泣きじゃくる早紀。

悠子は立ち上がって放送機の
方を見つめる。

早紀を襲ったということは、
マスターが憑依していたのは、瑞帆。

ならばー

「--わたしたちの勝ちよ!
 早くここから出しなさーーー」

そこまで言いかけて、悠子は凍りついた。

”瑞帆が憑依されていたなら、
 なぜ、”ゲーム”が終わらない?
 なぜ、まだゲームが続いている?”

悠子はハッとして振り返った。

早紀が、悠子の方を見る。

「---どうしたの?」
早紀が尋ねる。

「--早紀、あんた…」
悠子が言うと、
早紀は、口元を三日月のようなカタチに歪めた。

「--どうしよう…
 わたし…殺しちゃった…!」

早紀が笑いながら言うー

「--大好きな…友達を
 この手で…殺しちゃったぁ!」
早紀が狂気の笑みを浮かべた。

「---あ、あんただったのね!」
悠子が叫ぶと、
早紀は瑞帆の死体を踏みつけながら笑った。

「うふふふふふふふぅ~♡
 せいか~~い!気づくの遅かったね!!!」
早紀が、弱気な仮面を脱ぎ捨てて、
見下すような目付きで悠子を見つめる。

「--…わ、、わたしたちを弄んで…!
 何が目的なの!?」

悠子が叫ぶようにして言うと、
早紀は答えた。

「--ふふふふふ!
 お前たちの歪む顔が見たいの!

 あの生徒会長の真登香ちゃんだっけ!
 最高だったよ!
 優しい生徒会長が恐怖で狂ってく姿!

 あは、あは!あははははははははぁ~」

早紀が舌をペロペロしながら笑いまくる。

「--黙って!
 早紀を返しなさい!」

悠子が叫ぶと、
早紀は自分の胸を触りながら言う。

「--イヤだね!
 これはもう、ボクの身体だ!

 いや、わたしの身体!
 最初に言ったよねぇ?
 わたしを殺さないと、君たちの勝ちはない!」

早紀が胸を揉みながら言う。

「早紀!目を覚まして!」
悠子はすかさず叫んだ。

けれどー。
早紀はスカートをめくって、濡れた下着を
見せながら笑う。

「くふふふふふ♡
 どう、わたし、ボクの意思に従って興奮しちゃってる…

 今、わたしの身体が感じていること…わかる?
 興奮よ…!
 ゾクゾクするの…!
 大人しいわたしが友達を殺してる状況!
 そして、わたし自身のえっちな体に…!
 
 うひ…うひひひひひひっ!」

早紀が時計を見る。

23:50-

「--さぁどうするの?
 ”わたしを殺す”?
 それとも、”おまえが死ぬ”?」

早紀が挑発する。

悠子は歯を食いしばって早紀を見つめる。


早紀が初日、
幸代と一緒に見張りをしていた際に、居眠りした”フリ”をしたのは、
天然女子である幸代は一人になれば、必ず毒入りの食事を
食べに行くと計算していたからー

生徒会長の真登香に襲われた際は、正直、焦った。
けど、真登香に不満を感じていた瑞帆が、真登香を
殺すことは予想できた。
だから、大声で悲鳴をあげた。

「--あんたに、私は殺せない」
早紀が、”自分が王だ”と言わんばかりに
悠子を見下すー

「ーーいい身体してるじゃない」
早紀が今まで見たこともないような、
イヤらしい笑みを浮かべて、悠子を見る。

悠子に近づいた早紀は、
悠子の胸をわしづかみにした。

「--くふふ・・・♡ 悠子ちゃん…イイ体してるね」
早紀が、エロい表情を浮かべながら、
汚らしく笑みを浮かべる。

「やめて!」
悠子が早紀の手を払いのける。

「--いいから触らせろよ!」
早紀はそう言うと、乱暴に悠子を地面にたたきつけて、
その上にのしかかった。

「---どうせお前は死ぬんだよ!
 ならわたしの好きにさせなさいよ!」

早紀がペロリと唇を舐めると、
悠子にキスを始めた。

「--や・・やめ…っ!」
悠子は、密かにポケットに隠していたナイフを手につかむ。

瑞帆と同じように、悠子も”護身用”に
武器を持っていたのだ。

これを早紀の首に突き立てれば、
全ては終わる―

”憑依されている子を殺せば”

でもーー

悠子は、早紀に胸をつかまれながら、
時計を見る。

23:55---


「---ねぇねぇ、早紀、
 肝試ししようよ…」

悠子が、今回の肝試しに早紀を誘った時のことを思い出す。

「--え…肝試し…」
早紀は怖がりだ。
イヤそうな顔で悠子を見る。

「--大丈夫大丈夫!
 何かあったらわたしが守るから。ネ?」

悠子がそう言うと、
早紀は微笑んだ。

「うんーー、悠子ちゃんが居れば…
 安心だね…」



そう、守ると約束したーー。

親友の早紀を殺すことなんて…

小学生の頃からずっと一緒だった早紀を殺すことなんて…。


悠子にとっては、肝試しに来たメンバーの中で、
誰よりも長い付き合いの早紀。
その早紀を殺すことなんて…。


「---あはははははは♡悠子ちゃん!悠子ちゃぁぁぁん!」
早紀が狂ったように笑っている。

悠子は、目を閉じた。

もう、いいー。
わたしが死ねば、
早紀はもしかしたら、いつか助かるかもしれないーー

なら…。


”悠子ちゃんーーーー”

声が聞こえた。

気づくと、辺り一面、真っ白な空間にいた。

「--早紀…?」
悠子の目の前には、早紀が居る。

早紀は悲しそうに、けれども、優しく微笑むー。

「悠子ちゃん…
 わたしのことはもういいから…」
早紀が言う。

「いいって…?
 …だめだよ!わたし、早紀を見捨てて逃げることなんて!」

悠子が言うと、早紀は悠子の手を優しく掴んだ。

「その気持ちだけで十分だよーー。
 このままじゃ、二人とも脱出できないーー。
 だったら、悠子ちゃんだけでも逃げて」

早紀の言葉を聞き、悠子は涙を流す。

「でも、わたし…」
悠子が言うと、早紀はさらにつけ加えた。

「--知らない男の人に、体を操られたままなんて
 わたし、イヤだよ…

 悠子ちゃん…
 ”守ってくれる”って約束したよねーー。

 だったら…わたしを…
 わたしを……刺して・・・」

早紀は涙をこぼして、そう言った。


そしてーーー



23:57---

「---あひひひひひひひひひ!
 この女の身体で、ボクは女子高生としてーー」

ーーー!?

早紀に憑依しているマスターは異変に気付いた。

「----早紀!!!ごめんね…!!!!」
悠子が泣きながらそう叫ぶと、早紀の喉元にナイフを突き立てた。

「か……?」
早紀は驚いた表情を浮かべて、悠子を見る。

「----う、、、嘘……だ…」
早紀はそのまま血を流してその場に倒れる。

悠子は悲しそうに倒れた先を見つめた。

「----…」
早紀がうつろな目で悠子を見て、ほほ笑んだ。

「----ありがとう……」
そう言って、早紀は動かなくなった。


「---ごめん…ごめんね…」
悠子はその場に泣き崩れた。

23:59---。

悠子は、ゲームに勝ったのだ。
友達を失いながらもー。


ボーン ボーン ボーン

古時計が音を立てる。

0:00--

タイムリミット。


”うひゃひゃひゃひゃひゃ、
 ゲーム終了~~~~”

放送機から声が聞こえてきた。

悠子は放送機を睨みつける。

「ーーーわたしの勝ちよ!
 早くわたしをここから出して!」

悠子は、マスターが憑依していた早紀を殺した。
このゲームは、悠子の勝ちだ。

まだ声がしているということは、
マスターは恐らく、早紀の身体から抜け出したのだろう。

”ざんねーーーん!
 時間切れだよ”

マスターが言う。

「はぁ!?ふざけないでよ!
 23:59には、あんたが憑依していた早紀は死んでたわ!」

悠子が言うと、
マスターは大笑いした

”あのさぁ、ボク、最初に何て言ったかな?”

マスターが言う。

「---はぁ?
 
 ”君たち4人で、ボクに憑依された一人を見つけ出すこと
 君たちが生き延びる方法は、それだけだ”

 って言ったでしょ!?
 
 今更話を変えるなんて、許さないから!」

悠子が怒りを込めて言うと、
マスターは”約束は守るよ”と言った。


”君たち”4人”で、ボクを見つけ出せって言ったよね?”

マスターが言う。

「え?」
悠子の顔色が青ざめる。


”君たち4人で”

「---…ま、、、まさか…」
悠子が絶望の表情を浮かべる。

”そう、4人全員で、ボクを見つけることが勝利条件。
 最初に言った通りさ。

 だからさぁ、君たちは初日の夜の時点で負け確定
 だったんだよ。
 毒入りの食事喰ってあの子が死んだ時点でねぇ”


「---ふ、、ふざけないで!この鬼畜!」
悠子が叫ぶ。

”ゲームする前に、
 ちゃ~んと、ルール理解しなきゃ駄目だろう?

 敗北者の君からは、大事なモノを貰うよ”


「----や、、やめて…助けて!」
悠子が恐怖に震える。

”--ボク、あの早紀とか言う体で外に出ようと思ってたけど
 君に殺されちゃったから、仕方ないや!
 キミの身体を貰うことにしたよ!”

マスターはそう言うと、
悠子の周りに闇の霧のようなものが現れた。

「や、、やめ…!」

霧が、悠子の口をこじ開けて侵入していく

「がぁ…あっ…やめ… ぐほっ!」
悠子はその場に苦しそうに蹲る。

そしてーー


「----ふふふっ♡」
悠子は不気味にほほ笑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後日。

山奥で、4人の女子高生が遭難して死亡したー。
生存者は、増本 悠子という生徒のみ。
肝試しの最中だったらしい。

警察も、世間も、この事件には深入りしなかった。

何故ならー

今まで、”あの館”に関わった人間はーーー

だから、マスコミも警察も
”悠子が生き延びた”ということ以外に
一切、触れようとしなかった。


「--ねぇねぇ、悠子、
 最近、なんか女らしくなったよね?」

クラスメイトが悠子に声をかける。

そこには、ロングヘアーになった
おしゃれな悠子の姿があった。

部活は退部した。
スポーツなんか、彼女にとって、どうでも良かった。

今、悠子は”夜のスポーツ”にはまっている。

「ふふ・・・そう?」
悠子は微笑む。
少し、体もイヤらしくなったー。


「--彼氏でもできたの?」
クラスメイトが尋ねる。

「--んふふ・・・ひ・み・つ♡」
悠子はそう呟くと、不気味にほほ笑んだ。

”この身体は、ボクのものだー”


悠子は、口元にイヤらしい笑みを浮かべて、
その日の夜の予定を考え、
一人で興奮するのだった…


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

ちょっとだけ補足しておきますネ!

①で初日の夜に早紀が居眠りした理由
一人になれば天然女子の幸代が毒入りの食べ物を
食べに行くと計算しての行動です。

②で生徒会長の真登香が不気味にほほ笑んだ理由
一人ひとりが個室で寝ることになったので、
一人ひとり始末して、自分が脱出できると、たくらんだためです。

②でシャワーを浴びている瑞帆が自分の身体を褒めていた理由
ただ単に、自分が好きなだけです(笑)
彼女は自分を可愛いと思っているタイプの子でした。

②の「今、”おやすみ”と告げた悠子の口元が
歪んでいたように見えたー。」という描写
=これは、憑依されている早紀から見て、そう見えただけ
(勘違い)です。ミスリードですネ。


早紀が憑依されていることは最初から決まっていたので、
早紀の心理描写を書かないように、かつ、早紀の描写が少なくならないように
気を付けました!


コメント

No title

面白かったです!
ミスリードに釣られて憑依されたの悠子かなと思ってました

Re: No title

> 面白かったです!
> ミスリードに釣られて憑依されたの悠子かなと思ってました

ありがとうございます^^
なるべく分からないようにするのに苦労しました!

No title

私はこの手のゲームをプレイしているので、①のラストで大体絞れて②である程度確信的になりましたね。

描写はなかったから推測でしたが、①の鏡の前で不気味に微笑んでいた。これが部屋なのか共同の洗面台なのかは分からなかったけど部屋であれば二人部屋の死んだ幸代と共に泊まった早紀ならこの描写が出来るのではないかと怪しめでみて、②の方は早紀は怯えてしまう性格もあったけど、誰も疑いには行っていない。
他の生存者がそれぞれ他の人を疑っていて、早紀は傍観者的な立ち位置でいたから、ここである程度早紀だろうと見てしまいました。

おやすみの所は若干騙されそうになりましたが、予想が当たって良かったです!

Re: No title

> 私はこの手のゲームをプレイしているので、①のラストで大体絞れて②である程度確信的になりましたね。
>
> 描写はなかったから推測でしたが、①の鏡の前で不気味に微笑んでいた。これが部屋なのか共同の洗面台なのかは分からなかったけど部屋であれば二人部屋の死んだ幸代と共に泊まった早紀ならこの描写が出来るのではないかと怪しめでみて、②の方は早紀は怯えてしまう性格もあったけど、誰も疑いには行っていない。
> 他の生存者がそれぞれ他の人を疑っていて、早紀は傍観者的な立ち位置でいたから、ここである程度早紀だろうと見てしまいました。
>
> おやすみの所は若干騙されそうになりましたが、予想が当たって良かったです!

コメントありがとうございます!
予想的中おめでとうございます^^

早紀だけ傍観的描写しかないのは、
大きなヒントでしたネ!

途中で早紀がほかの人を疑う心理描写を入れたら
おかしくなっちゃいますし…笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

カテゴリ

検索フォーム