FC2ブログ

100万アクセス記念短編①~悪の魂 忘れられしモノ~

憑依空間がついに100万アクセスに到達しました!
ありがとうございます!

まさかここまで来れるとは思いませんでした!
本当に一人ひとりの皆様に感謝です!

皆様へのお礼と、記念の意味で、短編を10個お送りします!

まずは
100万アクセス記念短編小説①デス!

①では、憑依空間の初期から時々書いている
「悪の魂」の短編をお送りします!
--------------------------

検死官・ジョーは
ワイングラスにぶどうジュースを注ぎ、
それを美味しそうに飲みながらテレビを見ていた。

「--私が、みんなを守る!イェイ☆」

美少女が悪の怪人と戦っていく
アニメだ。

このアニメは、15年前ほどにブームを起こし、
10年前には放送終了、現在では
忘れ去られた存在となっている。

ジョーは、
その”忘れられた美少女キャラ”の悪の魂を
引き出した。

「--まさか、テレビの中からも
 悪の魂を引き出せるとはな」

ジョーは、もはや自分の力が神の領域に
到達していることを確信した。

見ていたブルーレイを停止すると、
ジョーは微笑んだ。

「みおんちゃん…
 君に新しい身体を、与えてあげよう」

ジョーはそう呟くと、悪の魂をもっと
悠々自適と外出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とある高校。

”みおん”の悪の魂を持ったジョーは
不気味にほほ笑んだ。

そして、呟く。

「あの子がいいな…」

人気美少女アニメの主人公”みおん”は
ツインテールの少女。

ならば、同じツインテールの少女に
みおんの魂を放り込むべきだろう。

「---それでさ~」
「え~、そうなの~」

校門前で談笑している女子生徒の一人が
ちょうどツインテールだった。

ジョーは、その女子生徒に、
悪の魂を投げつけた。

「ひぅっ!?」
ツインテールの少女が、変な声を出す。

「--!?どうしたの?奈津美?」
もう一人の女子生徒が言う。

ツインテールの少女・奈津美はすぐに、
「え、、あ、、だ、大丈夫」と答えた。

ジョーは笑う。

「どのように、変化していくのか、楽しみだ」

と。

それから1日、2日と
ジョーは、奈津美のことを密かに観察した。

ジョーはカメレオンのように姿を消すこともできるから
見つかる心配はないのだ。

「---…」
奈津美は、いつもと変わらず生活している。

「--やはり、2次元から取り出した魂では、
 人間を浸食できないのか?」

ジョーはそう呟いた。

その時だった。

「--どうしたの?奈津美?:」
一緒に居た女子生徒が奈津美の異変に気付いた。

奈津美はーー
泣いていた。

「--え?あ、、、あれ?どうしてだろう??
 私、何で、涙なんか?」

奈津美は混乱した様子で自分の涙をふき取った。

ジョーは確信した。
”みおん”の魂に奈津美が浸食され始めていることに。

「--浸食は芸術だ」
ジョーはそう呟くと、奈津美の様子を嬉しそうに見つめ続けた。


その夜ー

奈津美は、自分の自宅で、
一人、泣き続けていた。

「どうして、みんな、わたしを忘れちゃうの…
 どうして…
 あんなに、あんなにわたしのこと…」

奈津美はただただ涙を流している。

「--わたし…わたし…」

ジョーはニヤリと笑みを浮かべて、
消していた姿を、普通の状態に戻し、
奈津美の前に姿を現した。

普通は、自分の部屋に見ず知らずの男が現れたら、
驚くものだろうが、
今の奈津美にはそんな余裕もなかった。

「---世間では、
 美少女戦士みおん はもうオワコンになっている」

ジョーはそう呟いた。

「--お、、おわこん・・・?」
奈津美は泣きながらジョーの方を見る。

「そう。終わったコンテンツだ」
ジョーはドヤ顔でそう呟いた。

検死官ジョーは”悪の魂”というシリーズ自体も
オワコンになりつつあることを一瞬危惧したが、
それは気にしないことにした。

「--ひどい」
奈津美が泣きじゃくる。

ジョーは奈津美の耳元で囁いた。

「私はな、今でもみおんちゃんの大ファンだ。
 どうだ?
 みおんちゃんを忘れたやつらに、復讐しようではないか?」

ジョーがそう言うと、奈津美がジョーの方を見た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

高校では悲鳴が上がっていた。

「--どうして!どうしてみんなわたしを忘れちゃうの!」
奈津美が大声で叫んでいる

「あんなにチヤホヤしてたのに!
 あんなに玩具化されてたのに!
 用済みになったらポイ?ふざけないで!」

叫ぶ奈津美。

奈津美は叫びながら教室で暴れていた。

周囲のクラスメイトはまるで意味が分からんぞ!と
言わんばかりに困惑している。


「---奈津美!どうしたのよ!」
友人が叫ぶ

すると奈津美は鋭い目付きでその子を睨み
怒鳴りつけた。

「わたしはみおんよ!」


唖然とする周囲。

ジョーはその様子を見ながら笑った。

「この子も、浸食されたか。」
そして、興味が失せたかのように、
ジョーはその場から立ち去って行った。

「--私が、みんなに復讐する…くくく☆」
奈津美は、
かつてのみおんの決め台詞をもじったセリフを言うと、
クラスメイトたちに襲い掛かった…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜。

ジョーはベートーベンの曲をピアノで
奏でながら悦に浸っていた。

音程は外れていて、どうしようもない。

ジョーがテレビに視線をやる。

そこには
”憑依空間100万アクセス記念”と書かれていた。

「--ひょういくうかんひゃくまん?」
ジョーはそう呟くと、ほほ笑んだ。

「--どこの馬の骨だか知らんが、
 ま、私には関係のないことだ」

そう言うと、ジョーは立ち上がった。

月を見つめて微笑む。


そして、呟いた。

「わたしはまだ、オワコンではないー」
と。


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

久しぶりの悪の魂を100万アクセス記念に
書いてみました!
オワコン…いえいえ、今後も定期的に
書きますよ~


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム