FC2ブログ

100万アクセス記念短編③~フュジティブif~

100万アクセス記念短編!
3作品目は「フュジティブif」デス!

作中に登場した凶悪犯・座間は
修学旅行の日に、消滅しました。

しかし、もしもあの日、
正体がばれていなかったらーー?

ifの物語です!
-------------------------

これは”あったかもしれない”
もう一つの未来。

もしも、修学旅行の日、
由香里に憑依していることが
発覚していなかったら・・・

座間の望む"卒業式の日”を
そのまま迎えてしまっていたらー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

卒業式。

「--今日でおしまいだね~」
市村 龍平(いちむら りゅうへい)の彼女、
松本 彩香(まつもと あやか)が言う。

「--何だかあっという間だったよね~」
スポーツ女子の淳子が笑う。

「--ま、そんなもんじゃない?」
おしゃれ好きの美香が言う。


「---くくく・・・」
由香里が不気味な笑みを浮かべていた。

それに気付いた龍平が
違和感を感じて言う。

「--清水さん、どうかした?
 何だかさっきからニヤニヤしちゃって?」

龍平が言うと、
由香里がいつもの笑みを浮かべて言った。

「ううん、なんでもない!」

雑談をしているうちに、
卒業式が行われる体育館への
移動が指示された。

移動していく生徒たち。

由香里は、一人教室に残って、
机に飛び乗ると、足を組んで笑った。

「--あはははははは!
 JKの人生、最高だぜ!
 この由香里とかいう女の人生も!」

彼女はーー
2年生のとき、
凶悪犯罪者の座間に憑依されたー

そしてー
由香里に"成りすました”座間によって、
誰にも気付かれることなく、
今日、卒業式の日を迎えてしまった。

座間は卒業式の日にあることを
する決意をしていた。

それはーー
憎き警察官、市村孝彦の息子である
龍平をこの手で殺し、
大笑いしながら由香里の体を引き裂き、
また、別の体に移動するという決意だ。

「--わたし、今日で死んじゃうの・・・
 くふふふ・・・あはははははっ!」

由香里は嬉しそうに自分の胸を
触りながら体育館へと向かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

卒業式が始まった。

クラスの生徒が順番に呼ばれていく。

「--市村 龍平くん」
担任が、龍平の名前を呼ぶ。

「はい!」
龍平は元気よく返事をした。

3年間ー
色々あった。

凶悪犯罪者の座間に、彼女の
彩香が憑依されたときは、どうなることかと思った。

しかし、あのとき”座間は消えて”
それからは平和な学校生活だった。

檀上へと上がる龍平。

「くふふふふふふ…♡
 ふふふふふふふふふ」
由香里が、急に笑い出した。

「由香里…?」
彩香が不思議そうに由香里の方を見る。

「どうしたの?」
淳子と美香も、笑い出した由香里を見つめて
不安そうな表情を浮かべる。

由香里が突然立ち上がった。

彼女にとって、
夢にまで見た
最高の瞬間がついに訪れた。

「--ゆ、由香里?」
彩香が由香里の肩に手をかけると、
由香里は叫んだ。

「どけ!」
彩香を乱暴に振り払う由香里。
そのまま檀上の方に歩いていく。

ざわめく卒業式の参加者たち。
先生たちも何事かと、戸惑いを隠せない様子だ。

卒業証書を先生から受け取る龍平。

そこに、由香里が登ってきた。

「--清水さん…?」
卒業証書を手にした龍平が首をかしげる。
由香里は大笑いしてーー
スカートの中に隠していたナイフを手にしたー。

「---!!」

龍平はーーー
避ける間もなく、ナイフを首に突き立てられてしまう。

「---が…あっ…!?」

龍平は首から流れる血を
押さえながら、床に崩れ落ちる。


「きゃあああああああああ!」
体育館中が悲鳴に包まれた。

「くくく…あははははははあは!
 ひははははははははは!
 あ~~~~ははははははは!」

由香里が髪の毛を振り乱しながら
大笑いする。

そして、龍平を踏みつけて言う。

「市村く~~~ん、
 わたしね~、
 ず~~~~っと、
 座間に憑依されてたの!」

由香里の言葉に
周囲は困惑する。

意味を理解できる
龍平と彩香、美香、淳子は
唖然とした。

「--ず~~っと、この女に成りすまして
 生きて来たのさ!ひははははははは!
 だ~~れも俺に気付かねぇ!

 くくく…!
 俺があのとき、消えたとでも思ったか!」

由香里が大声で叫ぶ。

先生たちが壇上に上がろうとする。

「--動くんじゃねぇよ!」
由香里が、壇上の校長からマイクを奪い取り、
大声で叫んだ。

「---ひっ…!」

「--お前らは外見しか見ちゃいねぇ!
 本当に愚かなやつらだ!」

由香里がそう言うと、
龍平に馬乗りになって、
ナイフを引き抜くと、ほほ笑んだ。

「--ばいばい、市村くん!」

由香里はそう言うと、一想いにナイフを
振り下ろした。

悲鳴に包まれた体育館。

「--やった…ようやく…
 ようやくあの警察官の息子を
 ぶっ殺してやったぜ!
 うふふふ、ふふふふ、あはははははは!」

由香里は龍平の血を顔に
塗りつけると、
大笑いしながら叫んだ。

由香里の興奮は頂点に達し、
愛液がボタボタと流れ落ちている。

そしてーー

「もう、この女にも用はねぇ!」
由香里が叫ぶ。

「--由香里、今日、ここで死んじゃいま~す!
 えへっ!」

そう言うと、由香里は持っていたナイフで
自分の首を勢いよく掻き切った。

首から血を吹き出して、
由香里はそのまま満面の笑みで倒れた。


「--龍平!龍平ーー!」
彩香が叫ぶ。

その声は、もう龍平には届かない。

そしてー
座間はまた新たな身体に
憑依したーー
かねてから目をつけていた、
1年の女子生徒にーーー

逃亡者(フュジティブ)は
永遠に、捕まらない、

そう、永遠に…。

・・・・・・・・・・・・・・・

ぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴ!


やかましい音が聞こえる。

「---ひっ!」
彩香は飛び起きた。

「---はぁ、、はぁ、、、ゆ、、夢…」
彩香はそう呟いて、目覚まし時計を止める。


修学旅行の時、由香里に憑依していた座間は
本性を現して、龍平の決死の行動により消えた。

もしも、あのとき、座間に気付いていなければー


「----夢みたく、なってたのかもしれない…」
彩香は呟く。

でもー
現実は違う。

座間は修学旅行の日に消え、
由香里は正気を取り戻した。

「---はぁ~あ、ifの夢見ちゃうなんて
 朝からブルーだなぁ」

彩香はそう呟くと、
高校に登校するための準備を始めるのだった。


今、ある運命は、奇跡の連続で出来上がったもの。
少しでも、何かが違っていればー
また、別の結末を迎えることになっていたのかもしれないのだからー


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

成りすましモノ祭りに投稿したフュジティブ、
そのifの物語です。

座間は修学旅行の日に、消えましたが、
もしも消えずに残っていたら、
彩香が見た夢のようになっていたのかもしれません!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム