FC2ブログ

100万アクセス記念短編④~覆面ライダー 奇跡~

100万アクセス記念短編小説!
第4弾は「覆面ライダー ~奇跡~」をお送りします!

特撮系TSF小説、
覆面ライダーの後日談をお楽しみ下さい!
-----------------------

異次元世界から現れた存在・オーン。
人間の女性に憑依して悪事の限りを尽くしたオーンは
大首領自らの手で、幕引きが行われた。

オーンが消えた世の中は、
平和が取り戻された。

しかしー。

「--に、してもまたこうして平和な時間を過ごせるなんてなぁ」

あれから2か月。
道生と、彼女の香奈は、遊園地に
やってきていた。

「--こうして、一緒に香奈と遊園地に来れているなんて
 夢みたいだよほんと」

2か月前までの
戦いの日々を思い出しながら言う道生。

色々なことがあった。

オーンが出現し、
目の前で彼女の香奈が憑依されて、
アリサという女性のサポートを受けながらオーンと戦った。

クラスメイトが憑依されたりー
美少女ユーチューバーが憑依されたりー
妹が憑依されたりー

それはもう、大変な日々だった。

そして、サポートしてくれていた女性・アリサこそが
オーン大首領に憑依された女性であったことも、
衝撃的だった。

そして、その大首領自身が、改心して、
助けてくれたこともー。

「--でも、助けてくれてありがとう」
香奈は改めてお礼を言う。

香奈は、半年間を失っている。
けれど、
その分は、これから取り戻して行けばいいー

そう、前向きに考えていた。

「ねぇねぇ、次はお化け屋敷に行こうよ!」
香奈が笑いながら言うと、
道生は顔色を変えた。

「えっ…お、おれは…ちょっと」
道生は、ホラーモノが大の苦手だった。

「--ふふふ、道生ったら、
 オバケが怖いの~?」
香奈が笑いながら茶化す。

「--そ、そんなことないさ、
 俺はただ…!」

そう言いかけた時だった。
突然、悲鳴が響き渡った。

「--!?」
悲鳴の聞こえる方を振り向くと、
そこには、女子高生が不気味な笑みを浮かべて、
道生たちの方を見ていた。

「--美紗(みさ)、どうしちゃったの?」
美紗と呼ばれた子は周囲の友達を
突き飛ばし、刃物を振り回しながら
微笑んでいる。

悲鳴をあげながら逃げまどう観客たち。

そしてー
美紗と呼ばれた女子高生は
道生を睨みながら笑った。

「--見つけたぞ…覆面ライダー!」

と。

道生は”懐かしい名前”を呼ばれて思う。

オーンは全員、大首領の手によって…
元の世界に帰ったはずだと。

「ねぇ美沙!」
周囲の友達の声を無視して、
可愛らしいポニーテールの女子高生、美沙は
道生だけを見据えて言った。

「俺はなぁ、
 特殊な方法で、この世界に残ったんだよ!
 あれから、お前に復讐するために
 ず~っと、ずっと、お前を探してた!

 そして、今日、お前を見つけたんだ!
 えへへへへへへへぇっ!」

美紗は舌でナイフを舐めながら笑った。

「--オーンの残党…」
香奈が険しい表情で言う。

「--俺に任せて」
道生が、香奈を後ろに行かせて、
オーンを睨んだ。

「----」
もう、”覆面ライダー”の力はない。

自分をサポートしてくれていた”アリサ”ももう居ない。

「---うふふふ、死ねぇ!」
オーンの残党に憑依された女子高生、美沙が
刃物を持って襲い掛かってきた。

女子高生とは思えない身のこなしで、
道生を追いつめていく。

「おらおら!どうしたぁ!」
可愛い声で怒声をあげる美紗。

道生は、攻撃を避けることしかできなかった。

この子は、オーンに憑依されているだけ。
暴力をふるうことはできない。

「--なら!」
道生は、柔道の技をかけて、その子を
押さえようとした。

しかし、美沙はバック転して、
それをかわした。

「ひゅう…あぶねぇあぶねぇ」

周囲にギャラリーが出来ているのを
無視して、美紗はつばを吐き捨てて、道生を睨む。

「情けないなぁ!
 もうあの力は使えないってか!?」

笑う美沙。

道生は、否定する言葉も浮かばず、
首を振った。

「---どうにかしないと」
そう呟く道生。

しかし、美沙は容赦なく、道生に襲い掛かった。

必死に攻撃をかわす道生。

ふと、道生は観覧車の方を見つめる。

あの最終決戦の時も、
遊園地に来ていたなー

道生は、そんな風に思った。

「ぐあっ!」
美紗のパンチが道生の顔面に食い込み、
道生は吹き飛ばされた。

「--くふふ・・・
 わたしが、あんたを殺してあげる…♡」

大首領の言うとおり、
既に、このオーンの美紗と同化しているのかもしれない。

男言葉と女言葉が入り乱れた口調で
話しながら、道生に馬乗りになる。

「み、道生!」
香奈が叫ぶ

「に、、、逃げろ!」
道生は叫んだ。

自分は無力だ。
どうすることもできないー。

ただ、香奈を逃がすことぐらいしか。

自分はヒーローだったのだろうか。
いや、違う。
ただ、覆面ライダーの力を持っていたから、
ヒーローになれていただけだ。

自分自身は…ただの、人間。
何もできない、無力な…。


「死ねぇ!」
美紗が刃物を振り上げた。

その時だったーー

”--だらしないわね”

アリサの声が聞こえた。

「---!?」
突然、光に満ち溢れ、
道生の視界を覆い尽くした。

そしてーーー

気づくと、自分は”覆面ライダー”の姿になっていた。

「なっ…」
美紗が驚きの表情を浮かべる。

「これは・・・?」
覆面ライダーに変身した道生も驚いていた。

もう、この姿に変身することはないと思っていた。

でもー

「---アリサ、、ありがとう」
道生はそう呟いて、オーンに憑依された美紗の方を見た。

「--俺たち人間は、お前らなんかに、支配されない!」
そう言うと、覆面ライダーはベルトから光を発光させて、
美紗の身体からオーンを追い出した。

灰色のオーンが美沙から弾き飛ばされる。
下級のオーンだ。

そして…

「--ライダーキック!」
覆面ライダーがオーン本体に強烈なキックを
くらわすと、そのオーンは、断末魔と共に消滅した。


周囲から巻き起こる拍手。

「--なんだ~ヒーローショーだったのか~」
「すご~い!」

勘違いした観客たちが言う。

覆面ライダーは、ポーズを決めて見せる。

ヒーローショーだと思われるなら、
その方が都合が良い。

憑依されていた女子高生・美紗が目を覚まして
友達に心配そうに声をかけられている。


”やるじゃないー”

そう、聞こえた気がした。

そして、気づけば、道生はもとの姿に戻っていた。


道生は、空を見上げて呟いた。
「ありがとう、アリサー」

と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

30分後。騒ぎも落ち着き、
香奈と道生は再び遊園地デートを再開していた。

「--じゃ、行こうか!」
香奈がほほ笑む。

「え?どこに?」
道生が言うと、
香奈は笑った。

「どこって、お化け屋敷よ!」

笑いながら手を引っ張る香奈。

「ひぃぃぃぃ…お、オバケは勘弁してくれ~」
道生はそう叫びながら、香奈に連れられて
お化け屋敷に入って行った…


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

覆面ライダーの後日談でした!
書いている時は、結構楽しかったので、
個人的には思い出のある作品です!


コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム