FC2ブログ

100万アクセス記念短編⑧~地獄の真実 悪女の末路~

100万アクセス記念短編!
8つめは「地獄の真実」の後日談。

病死した男の彼女は、数多くの男と関係を持つ悪女だった!
あまりの悪女ぶりに、彼氏も呆れて成仏してしまいましたが…?
----------------------------

男子大学生・福留 光保(ふくどめ みつやす)は、
病気により、世を去った。

心優しい最愛の彼女である
星川 藍那(ほしかわ あいな)に看取られて…

しかし、光保の死後、藍那は豹変した。
いやー、本性を現した。

藍那は二股どころか、あらゆる男と関係を持っていた。
そのことに激怒した光保は、藍那や、藍那の関係者に
憑依して、藍那の人生を滅茶苦茶にしようとした。

しかしー
藍那の本命の彼氏はー
光保自身の父親だった。

あまりの衝撃に光保はあきれ果てて、
成仏してしまったのだ。

そしてー
あれから2ヶ月。

「宗助(そうすけ)もそろそろ飽きたなぁ」
自分の部屋で、派手な格好をしながら
藍那は微笑む。

外では"大人しくて優しい女子大生”を演じている。

でも、
自分は"可愛い”
こんなに可愛い自分を男は放って置かない。

だからー
藍那は男たちを自分の魅力で、
自分のものにする。

「--ふふふ、男はわたしのアクセサリ-よ」

藍那は、光保の霊が消えた後も、
好き放題やっていた。

大学は光保に憑依された件で
退学になってしまったが、
今は専門学校に通っている。

そこで、新しい彼氏の小田切(おだぎり)とも出会い、
毎日楽しい生活を送っている。

彼女いない暦=年齢だった小田切を誘惑して
手ごまにした。

もちろん、彼はそう思ってはいないだろう。

こちらも奥手で、初々しい女子を
演じているからだ。

今、大学では大人しいメガネっ子を
演じている。

これがまだ、男受けがイイ。

「--ふふ・・・
 またプレゼント買ってもらおっと!」

藍那は、悪女の笑みを浮かべたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藍那は、バイトを終えて
夜の街を歩いていた。

そこにー
藍那のかつての浮気相手の一人ー
眞城幸之助(ましろこうのすけ)が姿を現した。

死んだ光保が、最初にその存在を知った
浮気相手だー。

光保が藍那に憑依して、妊娠したと嘘ぶいて、
幸之助は逃走し、藍那と連絡を絶っていたはずだった。

「よぉ。久しぶりだな」
幸之助が笑う。

「--ーー」
藍那は憑依されている間に、幸之助に連絡を
絶たれており、その経緯を知らない。

「--どうして、わたしの前から姿を消したの?」
藍那が尋ねると、
幸之助がニヤリと笑った。

「クク…お前が妊娠したと言ったからだろ?」
幸之助が、
前と変わらない金髪を輝かせながら笑う。

「-妊娠?」
藍那が思わず声をあげる。
そんなこと言った記憶もない。

「--でもよぉ、妊娠、嘘だったんだってな!
 お前・・・、俺以外にもたくさんの男、
 作ってたらしいじゃねぇか!」

幸之助が怒りに満ちた声で言う。

「--ほ、、本命は幸之助く…」

「--うるせぇ!このビッチ女!」

幸之助が叫んだ。

そして、ナイフを取り出すと、
幸之助はそれをペロリと舐めた。

「--俺をよぉ、騙した罪は、
 高くつくぜ!」

藍那は思い出したー。
幸之助は、高校時代と中学時代に、2度、
傷害事件を起こしているー。

超がつくほどの危険人物なのだ。

「---ひっ!」
藍那は逃げ出した。

そして、男の一人の電話をかけようとする。

しかしー

スマホの充電を忘れていて
電源が切れてしまっていた。

「--役立たず!」
藍那はスマホを怒りにまかせて振ると、
後ろを追ってきている幸之助から逃れるために、
全力疾走したー

ただ、ただ、逃げたかった。

もしかしたら、自分は
殺されるかも、しれないー

ふと、今までに、自分と付き合った男の
中で、一番優しかった男の顔が浮かんだ―。

病気で世を去った光保の顔がー

「--光保ーー助けて…!」
藍那は目に涙をうかべながら呟いた。

しかしー
その声はもう、届かないー

そして、
仮に届いていたとしても…

「や…やめて…助けて!」
人気のない林の中に逃げ込んだ
藍那は転んでしまった。

男は手玉に取るもの。
そう思っていた藍那は
全力で命乞いをした。

「--藍那ぁ、俺を裏切ったってことが
 どういうことだか、教えてやるよ!」

幸之助はナイフを手に、
藍那の髪を引っ張った。

幸之助に、藍那を殺すつもりはない。
だが、ちょっと脅してやらなければ気がすまない。

だからー

「やめてぇえええええええ!」
藍那がパニックを起こして、
幸之助を叩き始めた。

「このやろ・・・!」
幸之助と藍那はもみ合いになる。

そしてー

「うっ・・・」

ナイフが、貫いたー。

藍那の、胸を・・・

「あっ…あっ・・・」
藍那は、自分の胸部に刺さったナイフを
見つめて、信じられない、という表情を浮かべる。

「ひっ・・・!」
藍那を殺す気のなかった幸之助も、
驚きの表情を浮かべる。

そのまま逃げる幸之助。

「---いや・・・だ・・・」
藍那が最後に見たのは、
自分を捨てて逃げる幸之助の後姿だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

気がつくと、一面が花畑のところに居た。

自分は死んだのだろう。
藍那はそう思った。

そしてー
視線の先には光保が背を向けて
立っていた。

光保は、藍那のことを待ってくれていたのだ。

やっぱり、自分には、光保しか居ない!

藍那は目に涙を浮かべながら叫んだ。

「光保ー!」

そう言うと、光保は言った

「待ってたよ、藍那ー」

そして、振り返った。

「--お前を、俺は絶対に許さないー」

光保の顔は、悪魔のように変貌していたー
藍那は、恐怖に顔をゆがめたー

そしてーーー
藍那の永遠の苦痛が始まるのだったー


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

悪女・藍那は
あの世で光保くんと再会してしまいました。

どうなってしまうのでしょうね・・・。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム