FC2ブログ

<憑依>童貞卒業①~屈辱~

童貞を馬鹿にする女子。
そんな女子に対して、彼は思う。

そんなに童貞を馬鹿にするなら、
お前で童貞を卒業してやるよー

と…。
------------------------

とある高校。

図書委員の話し合いに参加していた
男子生徒・増川 康太(ますかわ こうた)は、
話し合いをしながあ、ある生徒を見つめていた。

クラスメイトで、同じ図書委員会の
星谷 莉菜(ほしや りな)をー。

康太は莉菜に恋をしていた。
いつも優しくて、穏やかな雰囲気の莉菜を。

康太はある決心をしていた。

それは、今日、この話し合いが終わったら、
莉菜に告白する、という決意だ。

康太は、容姿も普通で、
性格も(自称)普通だが、
今までに彼女ができたことはない。
当然、性的な経験もない。

つまりは、童貞だ。

高校2年で童貞なんてたくさんいる。
が、逆に、童貞を既に卒業している人がいるのも事実だ。

だが、彼は別に焦っていなかったし、
それが恥ずかしいことだとも思っていない。

事実、別に恥ずかしがることではないだろう。

しかしー


「---ごめんなさい」
告白された莉菜は、申し訳なさそうに頭を下げた。

「--あ、ぁあ・・・」
康太はそれだけやっと振り絞るようにして言った。

そして、やっとの思いで、
「急な話だから、ごめん。
 全然気にしてないから」とだけ呟いて、
康太は走り去った。

康太の初恋は終わった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

「まぁ、そうめげるなって!」
友人の陸次郎が笑いながら言う。

「--めげるよ…」
康太は落ち込んだ様子で、
いつも通りクラスメイトたちと談笑している莉菜の
方をチラリと見た。

莉菜は大人しそうに見える優等生だが、
女子たちで話している時には
明るく見える。

もしかすると、結構裏表があるのかもしれない。

「--これで、お前の童貞卒業は先送りだな!」
陸次郎が笑った

「お前も、童貞だろ?」
康太はそう呟いた。

陸次郎はいつも、康太のことを童貞ネタで
からかうので、康太が童貞だと言うことは
クラス中に広がっていた。

だが、まだ高校2年だ。
別に、そこまで童貞が珍しいものではなかったし、
クラスにも童貞はたくさんいたから、
陸次郎をのぞいて、ネタにするような人間はいなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・

昼休み。

廊下を歩いていると、
廊下の物陰から声が聞こえてきた。

「え~~告白されたの?」

康太は物陰からその声に耳を傾ける。
この声は、莉菜と仲良くしている女子生徒の声だ。

「うん、でも断った」
莉菜の声がする。

「--あ~そうなんだ。どうして?」
莉菜の友達が言うと、
莉菜が笑いながら言った。

「だって、増川くん童貞だよ?
 ありえない!
 私なんて中学の時に初体験したし、
 私の前の彼氏も何人も経験してた!

 童貞とか、きもくない?」

莉菜が、普段、男子や先生の前では
見せない口調で言った。

「--そ、そうかなぁ、わたしは別に」
莉菜の友人が言うと、
莉菜が笑った。

「--童貞とか、ありえないから!
 本当にきもい!
 告白されただけで、寒気がしちゃった!」

その言葉を物陰から聞きながら
康太は拳を握りしめた。

大人しそうな顔して言ってくれるじゃないか。

康太はーーーー
そのままーーー

立ち去らなかった。

おれは陰キャラじゃねぇ!
言われたままここで隠れてたら、陰キャラだぜ!

康太は、物陰から飛び出した。

莉菜とその友達が驚いている。

「あ、増川くん!」
莉菜が何事も無かったかのように、
笑顔を振りまく。

これだから女ってヤツは怖いんだ!

「---童貞で悪かったな!」
康太は叫んだ。

「-----聞いてたの?」
莉菜が愛想を振りまくような声を辞めて、
少し低い声で言った。

「あぁ、聞こえたさ!
 俺がきもいって?
 俺からすればこの年齢でやりまくってる
 星谷さんとか、他の男の方がきもいね!」

康太が言うと、
莉菜は呟いた。

「そういうのがキモいってんのよ」

小声の呟きだったが、康太は
聞き逃さなかった。

「--何か言ったか?」
康太の言葉に、莉菜は「別に…」と答える。

そして、開き直ったような表情で続けた。

「聞かれちゃったなら、隠す必要もないから、言うけど。
 あんたみたいなやつは、一生童貞卒業なんか
 出来ないわよ!」

莉菜が言う。

優等生の仮面は、偽りか。

「--なんだって…」
康太は怒りに震えながら言う。

「--だって、増川君、男としての魅力が
 全くないもの!だ~れも、一緒になんか
 なりたがらないわよ!」

言いたい放題言う莉菜。

莉菜の友達は困っている。

そしてー

「ねぇ、莉菜、そのぐらいにしておきなよ」
友達にそ言われると、莉菜は「そうだね」とほほ笑んで
そのまま立ち去って行った。

「--ゆるせねぇ」
康太は呟いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅した康太は、少し前にネットで購入した
怪しげな薬・憑依薬というものを手にしていた。

購入したものの、危ない薬なのではないか、と
怖くなり、使うのを躊躇していた薬。

だが、ここまで馬鹿にされて引き下がれるものか。
童貞で何か悪い?
童貞万歳!

「--くくく…お前が童貞を馬鹿にするのなら、
 卒業させてもらおうじゃないか!」

康太は呟いた。
童貞を馬鹿にするのなら、
責任とって、卒業させてもらおう、と

そう考えたのだ。

そしてーー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日、莉菜は、友達に呼び出された。
友達の江麻子(えまこ)。
昨日、童貞云々の会話を一緒に
していた女子生徒だ。

「どうしたの?江麻子ちゃん?」
莉菜が言う。

相変わらず、大人しそうで
優しそうな莉菜。

「---莉菜、昨日は、増川くんに
 どうしてあんなひどいこと言ったの?」

江麻子が言う。

「え?だって本当のことじゃない。
 高2で童貞だよ?信じられないでしょ?」

莉菜が言う。

「ーーわたしには、童貞を馬鹿にする
 莉菜の方が信じられない!」

江麻子が莉菜を睨みつける。
莉菜は何事なのかと、困惑する。

「--ちょ、ちょっと江麻子ちゃん…
 江麻子ちゃんだって、童貞はちょっと…
 って言ってたじゃない。
 急にどうしたの?」

莉菜は戸惑う。

江麻子は、莉菜を壁に追い詰めて、
壁ドンして、睨みつけた。

「---わたし、康太くんのことが大好きなの。
 よくも康太くんを馬鹿にしてくれたわね?」

三つ編みの可愛らしい江麻子が、
莉菜を鋭い目つきで睨む。

「え、、、え…嘘…?」
莉菜が戸惑う。

江麻子はーー
康太に憑依されていた。

童貞を馬鹿にした
莉菜への復讐のために。

「--あ、、あんなやつが好きなんて
 江麻子も変わってるね!
 今日なんか学校休んでるし!
 きっと、昨日…」

そこまで言った莉菜の言葉を遮って、
壁を思いっきり叩いて言う。

「童貞バカにするなら、
 責任とらなきゃね?
 莉菜が童貞卒業させてあげるの!」

江麻子が不気味に笑う

「ちょ、何言ってるの?」
莉菜が叫ぶ。

「童貞ってどうして童貞だか知ってる?
 女の子が見向きもしてあげないからよ?
 童貞を卒業させてあげないからよ。
 悪いのは康太くん?いいえ、違う。

 童貞を卒業させてあげない莉菜!」

江麻子が顔を真っ赤にしながら
怒り狂った表情で言う。

「--え、、、江麻子…ちゃん?」
莉菜は怯えた表情を浮かべる。
江麻子の言わんとしていることが
分からない。

「---バカにするなら
 責任とって、俺の童貞、卒業させてくれよ!
 なぁ!?」

江麻子が本性を現した。

「----!?」
莉菜が困惑する

「お、、俺って…ど、、どういうこと?」
莉菜が戸惑ういながら言うと、
江麻子は自分の胸を触りながら言った。

「俺さ~今、江麻子ちゃんに憑依してるんだよね?
 くくく…
 俺の童貞、馬鹿にしやがって」

江麻子が男言葉で言う。

莉菜は恐怖を表情うに浮かべながら言った。

「---う、、、じ、、、冗談はやめてよ!
 驚かさないでよ!」

憑依なんてこと、
友達からいきなり言われても、おそらくほとんどの
人間が悪戯だと思うだろう。
莉菜もそうだった。

しかしー

「---ふ~ん、でもさ、わたしが
 こんなことする?」

そう言うと江麻子が、廊下で莉菜にキスをした。

「うっ、、やめっ、、やめて、、あぁ?!」
莉菜が悲鳴をあげる。

江麻子は呟いた。

「---今から、俺さ、お前の身体を
 貰うよ…!」

その言葉を聞いて莉菜は恐怖し、
やっとの思いで「やめて…」と声を絞り出した。

「くくく…お前の身体を乗っ取って
 思考を歪めてやる…!
 俺のことが大好きな女に変えてやる…!

 お前は自分の意思で俺の童貞を卒業させるんだ!」

そう叫んだ江麻子は、
突然白目をむいて倒れた。

そして、莉菜はパニックを起こして逃げようとしたが、
「ひぅっ!?」と声を上げて、不気味にほほ笑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜。

莉菜は自分の部屋で、
壁に貼りつけた写真に向かってキスをしていた。

その写真はー
莉菜に憑依している、康太の写真だった。

康太の写真に向かってキスをしまくる莉菜

「あぁん…康太くん♡ 大好き…大好き…」

虚ろな目で、自分に言い聞かせるようにして言う莉菜。

「わたし…あなたなしでは生きられない…♡
 あなたと毎日エッチしたい…
 康太君のことしか考えられない…」

莉菜は興奮で身体を濡らしながら、ほほ笑む。

憑依薬の説明書にはこう書かれていた。

”憑依時は、被験者(憑依されている人物)の
 脳を使用します。
 そのため、強い思考や感情は、被験者の脳に
 影響を及ぼす可能性があるため、
 十分に注意してご利用下さい”

つまりはー
好きだと念じ続ければ、莉菜はーー

「--好き、好き、好き、好き、好き、好き♡」
「康太くん♡ 康太くん♡ 康太くぅぅぅぅぅっぅうん♡」

胸を揉みながら大声で叫ぶ莉菜。

莉菜は康太の写真を舌でペロペロと舐めまくる。
唾液が壁を伝うー。

「--はぁ…♡ わたし…♡
 もう、康太君のことしか考えられないー♡」

莉菜の脳が染まっていくー
一晩かけてーーー

莉菜は、不気味にほほ笑んだ。

「明日から、莉菜は俺のものだぜ」

と。


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

憑依されて染められてしまった莉菜!
康太くんは童貞を卒業できるのでしょうか!

あ、ちなみに、私は童貞の方に偏見を持ったりは
していません!
作中の莉菜の「童貞きもい」発言は、
あくまでも作品上の演出としてなので、
誤解しないでくださいネ!

コメント

No title

投稿お疲れ様です!
染められ物が一番好きなのでこれからの展開が楽しみです!

Re: No title

> 投稿お疲れ様です!
> 染められ物が一番好きなのでこれからの展開が楽しみです!

ありがとうございます!
頑張ります~!
染められモノ、いいですよネ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム