FC2ブログ

憑依小説 ”悪の魂” ⑤ <藤森彩乃編>

悪の魂を投げ入れた藤森綾乃に変化は見られない。

綾乃は、悪の魂を乗り越えられるのかー。
それとも、他の人間と同じように飲まれてしまうのかー。
-------------------------------------------------

退屈だー。

ジョーは藤森彩乃の姿を影から見ながら
そう思った。

悪の魂を藤森彩乃に投げ入れてから既に5日。
彼女には何の変化もない。

今のところ、全てにおいていつもの日常だ。

彼女は夫の倉木毅を送り出し、
一人家事を行い、
帰ってきた倉木を迎え入れる。

そういう、何ら変わりのない日常を送っていた。


「---案外、退屈なものだな」

ジョーは呟いた。

彼は”悪の魂を乗り越えることのできる人間”を
探し求めていた。

特に、理由は無い。

ただ、人間は悪の魂が入り込んだだけで、
そう簡単に変わることは無いー。

そういう証明を見たかっただけだー。


だが、それがこんなにも退屈なモノだとは。。

ジョーはどこかで人が変わっていくサマを楽しんでいた。
最初は、男女問わず 悪の魂を放り込んだ。

だが、最近は女にばかり悪の魂を放り込んでいる。

その、崩れていくサマがたまらないからだー。


「……ん?」
しかし、その時、ジョーは異変に気付いた。

自宅でテレビを見る彩乃の顔が真っ赤になっている。


姿を透明にできる能力(幽体離脱みたいなもの)で
ジョーは、彼女の家に入りこんだ。

ちょうど、ドラマのラブシーンの最中だった。

「あっ…」
テレビを見ていた彩乃が自分の胸を少しだけ触って
声をあげた。

その声は色っぽかった。

「---始まったか」
ジョーは確信した。

彼女には
確か、男好きの浮気女の死体から取り出した
悪の魂を放り込んだ。

もちろん、生前の人物の影響が100パーセントでるわけではないが、
今のところ、生前の人間の”悪い部分”が表に出やすいことまでは
分かっている

「--イヤ、私ってば何考えてるんだろう…」
真っ赤な顔をした彩乃が気を紛らわすかのように首を振る。

ーー自分はこういう行為が苦手では無かったか。

だから、それを理解してくれる毅と結婚したのではなかったのかー

本来、倉木姓を名乗るべきなのに、
自分の実家が、うるさいからと悩んでいた自分に
「無理して変えなくていいよ」とほほ笑んでくれた夫。

そして、子づくりも
「君が、受け入れられるようになったらでいいから」と
微笑んでくれた夫。

そんな優しい夫が愛おしくてたまらなかった。


だが、最近の彩乃は不満を抱くようになっていた。

ーーー夜、夫が満足させてくれないーーー。


彼女の心の中の欲求は日に日に強くなっていた。

夫を誘惑して、とびかかりたい。

夫を押し倒して、
そのまま壊れてしまいたい。

本能のままに、夫と溶け合い、
女の歓喜の声を発したい。


そう思うようになっていた

「ーーー、、、変な事考えてる場合じゃないよ、私!」

一人、彩乃はそう呟くと、キッチンへと向かって行った。


その様子を見たジョーは、
感心したような様子で笑みを浮かべた。

「ホゥ…なかなか強い精神力を持っているようだな」


ーーーそれから2日。
彼女の”我慢”は限界に達していた。

「ねぇ……たけし…」
夜。

甘い声を出しながら夫の毅に近寄っていく。

「どうした?急に?」
毅は彩乃のいつもと違う雰囲気に少し戸惑った。


「---わたし、、もう我慢できない」
彩乃はそう言うと、なりふり構わず夫をベットに押し倒した

「なっ、、おい、急にどうした!」
毅が叫ぶ。

ふと毅は妻の顔を見る。
その表情にはいつものような優しい笑みはなく、
雌の本能に狂った彩乃の姿があった。


「ねぇ毅ぃ!私を、わたしを滅茶苦茶にして~~!」

そう叫びながら彩乃は、毅に覆いかぶさった。

しかし、毅は咄嗟に彩乃を振り払った。


「お、、おいどうした!やめろよ!
 急に、、」

毅とて、別に行為が嫌なわけでは無かった。

ーーーしかし!!


「悪い。今日は気分じゃないんだ」
毅はバツが悪そうにそういうと、足早に別室へと立ち去って行った。


「----何よ!」
彩乃の心は不満で満たされた。。。

我慢しても、我慢しても、、湧き出てくる
自分の欲を抑えられなくなっていた


「何よ何よ何よ!」

優しかった彼女は、、
欲と怒りで表情をゆがませて、そう叫んだーーー


⑥へ続く

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム