fc2ブログ

<憑依>未知の惑星ポゼロン①~希望~

近未来ー。

地球に危機が迫っていた。
人類の計算よりも早く、太陽が寿命を終えることが判明し、
人類は、新天地を求めて、宇宙の調査を続けていた。

そしてー、
地球とほぼ同じ条件の惑星を発見したのだった。

SF X TSF 作品!
------------------------------

太陽の寿命が尽きかけている。
人類は、恐怖の事実を知ってしまった。

何十億年と先だったはずの太陽の最後は
あと数百年のところまで、迫っていたのだ。

今まで人類が知らなかった太陽のとある
特性によって、そのことを知った人類は
急ピッチで”人類の移住先”を探したのだった。

これだけ広い宇宙であれば、
どこかに地球と同じような条件の惑星があっても不思議ではない。

幸い、この時代の科学は既に、
現代とは比較にならないほどに発達していた。

人類は、100を超える調査船を派遣し、
吉報を待ったのだった…。


そのうちの一つ
”ダイダロス号”が、発見した惑星ー。
そこには…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「艦長!」

SF映画で見かける様な宇宙船
”ダイダロス”の艦長に一人の女性が声をかける。

寺崎 魅音(てらさき みおん)。
ダイダロス号に唯一登場している日本人女性だ。

まだ22ながら、
主に生物学を中心とした優れた知識を買われ、
このダイダロス号に乗船しているのだった。

「---惑星の環境はどうだ?」
艦長のケネスが、魅音に声をかける。

「はい。地球とは若干異なる待機成分もありますが、
 人類が活動する上では十分すぎる気候であると思われます」
魅音が言うと、
ケネスが、宇宙船の窓から、少し先にある
青い惑星を見つめて微笑んだ。

「そうか…ついに見つけたな。”希望”をー」

ダイダロスをはじめとする100を超える宇宙船は、
特殊なワープ・ドライブ技術により、太陽系の遥か遠くの
惑星を、それぞれ調査していた。

しかしながら、宇宙船を派遣してから30年。
成果を挙げることができず、地球に帰還した宇宙船もあれば、
音信不通になった宇宙船もある。

また、衝撃的なことに
”宇宙人”から攻撃を受け、撃墜された宇宙船もあった。

3年前ー
生物が存在する惑星を発見した”オデッセイ”号は、
地球との交信中に、謎の攻撃を受けて壊滅した。

その翌年、その惑星の調査に、
”プロメテウス”号が派遣されたが、それも撃墜されたため
地球はこの惑星を諦めている。

それから3年ー
ついに、ダイダロスが、新たな希望を見つけたのだった。

「--地球政府へ連絡を」

特殊な光学通信技術によって、
地球から遥か遠くのこの場所からでも、
地球との連絡が可能だ。

「--こちらダイダロス号、
 現在、地球と酷似する環境の惑星を発見、
 これより、調査に向かう」

艦長のケネスが言う。

惑星周辺からのスキャンにより、
地球と酷似する環境、
つまり、人類が生きていくことのできる環境だと判断された
惑星は”調査”されることになる。

調査内容は、
”惑星へ上陸して1か月間の現地調査”を行うこと。

環境上は生存可能でも、
人類の外敵となる先住種族や、特殊な環境、物質などが
存在する可能性もあり、
現地調査が必要なのだ。

現地調査は主に、惑星を発見した
艦隊のメンバーが行う。

これまでにも、4度、現地調査が行われた惑星があった。

しかし、
一つ目の惑星は、人類を攻撃する猛毒の巨大昆虫が居たため撤退、
2つ目の惑星は、気候の変動が激しすぎるため、人類は生活できなかった。
3つ目の惑星は、謎の「時空のゆらぎ」が発生し、人類がねじり殺されるため、
調査困難となり、撤退した。
4つめの惑星は、時が惑星内で逆流していることが判明し、
調査に入った人間は、赤ん坊まで退行し、消滅してしまった。

そしてー、
この惑星が人類史上、”5番目”の現地調査対象となった。

「--これより、惑星の調査を開始する」
艦長のケネス以下、20名のスタッフが
ダイダロスには乗船している。

ケネスと、副館長のセルゲイ、
エンジニアのレオン、医療スタッフのシンディ、
戦闘要員のジャックとトーマス、
そして、日本人スタッフの魅音、
現地食糧アドバイザーの、ケイト、
素性不明の傭兵・ムネークが
惑星に上陸した。

他のメンバーは宇宙船で待機する。

「--呼吸は、問題ないな」
艦長のケネスが率先して、酸素マスクを取り
安全を確認した。
包容力と人望を併せ持つケネスは、ダイダロスのメンバーにとって
頼れる存在だ。

「---」
戦闘要員のジャックが、銃を構えながら周囲を見渡す。
無口だが、頼れる存在だ。

「--ここが人類の次の故郷になるといいですね」
医療スタッフのシンディが言う。
彼女は、優しそうな雰囲気の25歳の女性だ。

「--そうね」
ケイトが笑う。28歳のブロンドの美女だ。

「な、何もないことを祈るばかりだよ」
エンジニアのレオンが笑う。
気が弱いが、コンピューターの知識は神レベルだ。

最後尾には、トーマス。
”暴走機関車トーマス”の異名を持ち、
まるで機関車のように、相手を蹴散らす、狂犬のような男だ。


数時間後。

虫や小動物が何体か見受けられたが、
特に、問題はなさそうだ。

「……今のところ、脅威はなさそうだな」
副艦長のセルゲイが言う。

素性不明の傭兵・ムネークは
ダンボールを被って、何かをしている。
他の隊員たちは首をかしげたが、
相手にしないことにした。

その時だったー

ガサッ…!

「---なんだ!?」
スライムのような物体が草むらから姿を現した。

「---生き物のようだな」
艦長のケネスが銃を構え、
戦闘担当のジャックとトーマスも銃を構えている。

「---地球では、見かけない生き物ですね」
シンディが言うと、
レオンもうなずいた。

「昔よくみた映画だとさ、こういうスライムみたいなのが
 急に襲い掛かって来たりするんだよな」

レオンが冗談を言うが、
他の男たちは、スライムのような物体を注視し、
相手にしていない。

魅音も、そのスライムのような生き物を凝視している。

「---まぁ、地球で見かけない生き物が
 いるのは当たり前だろうからな。
 問題は人間にとって害があるのか、ないのか、それだけだ」
戦闘班のジャックがスライムから銃を逸らそうとした
その時だった。

”ド ソ ク デ ワ レ ラ ノ ホ シ ニ フ ミ イ ル ト ハ"

不気味な声がした。

「--!?」
艦長のケネスがスライムの方を見る。

スライムは、瞬時に、ケネスらの会話から、
言語を身に着けたようだ。

スライムのような物体に目のような赤い物体が
現れて、光った。

”ハ イ ジ ョ ス ル

「ーーー動くな!」
ケネスが叫ぶが、
スライムは警告を無視して人間たちの方に向かってきた。

「う、撃て!」
艦長のケネス、副館長のセルゲイ、
戦闘班のジャックとトーマスが一斉に銃を放った。

しかし、スライムがジャンプすると、
セルゲイの口を無理やりこじ開けてその中に侵入した。

「うっ…うぇっ…!」
セルゲイが苦しそうにもがき始める

「お…おい!」
艦長のケネスが声をあげる。

次の瞬間、セルゲイの身体が、風船のように膨張し始めた。

「きゃああああ!」
医療スタッフのシンディや日本人の魅音が悲鳴をあげる。

そしてー
セルゲイは膨張を続けて”破裂”した。

中からスライムが出てくる。

"コ ノ カ ラ ダ ハ ダ メ ダ"

そう呟くと、
今度は医療スタッフのシンディの口に飛び込んだ。

「あっ・・ああああ」
シンディもセルゲイと同じようにもがき始める。

そしてー

ニヤッと笑った。

「メスはーー適合できる」
シンディが不気味な笑みを浮かべると、
破裂したセルゲイの持っていた銃を掴み、
それを乱射し始めた。

「ーーあははははははははは!」

スライムに支配されて、豹変したシンディを見て
一同は驚く。

さらに、セルゲイを破裂させ、シンディを乗っ取ったスライムの
ようなやつらが、周囲に集まり始めていた。

「--この星は我々の星だ!」
シンディが叫ぶ。

「あそこに逃げ込め!」
艦長のケネスが叫ぶ。

近くに洞窟のようなほら穴の入り口があった。

「ーーーは、早く!」
日本人の魅音も、エンジニアのレオンに
促されて、仲間と共に洞窟の中に逃げ込んだ。

洞窟の外から”逃げても無駄よ”と
シンディの声が聞こえる。


「ーークソッ、どういうことなんだ?」
戦闘班のジャックが言うと、
アドバイザーのケイトが言う。

「--この星の生命体ね…
 一瞬で私たち人間の言語を理解して、
 しかも身体を乗っ取った。
 恐るべき存在だわ」

もしも、あのスライムのようなものが
この星にいるのであれば、
ここは人間の住める場所じゃない

「--撤収だ」
艦長のケネスが言う。

「--で、でも、シンディさんは?」
魅音が言うと、
ケネスは首を振った。

「---駄目だ。これ以上の犠牲は出せない。
 ダイダロス号に戻り、この惑星から脱出する」
ケネスはそう言いながら周囲を見回す。

ムネークの姿が見当たらない。
ダンボールを被ったまま、
外に取り残されているのだろうか?

「--とにかく移動だ」
ケネスの言葉に、残るメンバーはうなずく。

洞窟を進むと、
別の出口が見つかった。

ジャックとトーマスが出口の安全を確認し、
エンジニアのレオンが自分たちの座標を分析した。

「ここから歩いて30分で、
 ダイダロス号の停泊地点です」

「--そうか」

ケネスはそう言いながらも、
周囲の警戒を怠らない。

セルゲイが破裂し、
シンディが乗っ取られた。

これは、何を意味するのだろうか。

”メスは適合できる”

シンディはそう言った。

あのスライムは男には、適合できないのか?


色々考えながら進んでいると、
声が聞こえた。

「--た、助けて!」

声のした方向を見ると、
そこには、苦しそうにしゃがみこんでいる
シンディの姿があった。

「ーーみ、、みんな、助けて!」
可愛らしい容姿のシンディの表情は、
恐怖で歪んでいた。

「---」
艦長のケネスは冷静だった。

シンディはスライムに乗っ取られている。
ならばー
これも罠だろう。

しかしー

「---シンディちゃん!」
エンジニアのレオンは、シンディに好意を
抱いていた。

真っ先にシンディの方に駆け寄る。

「あ、おい!待て!」
他のメンバーの制止も聞かず、
レオンはシンディの近くに行くと、
「大丈夫かい?」と声をかけた。

シンディは、笑った。

「ーーお馬鹿さん」と。

大口を開くと、
中から触手のようなものが出てきて、
エンジニアのレオンの顔面を”破壊”した。

「ーーーひっ!」
ブロンド美女のケイトがそれを見て叫ぶ。

「---構うな!行くぞ!」
艦長のケネスが、不気味に笑うシンディと
目を合せないようにして、走り出した。

艦長のケネス、
戦闘班のジャックとトーマス、
アドバイザーのケイト。
残っているのは4人ー。

4人と一緒に走る魅音はー、
口元を不気味に歪めながら微笑んだ。

「わたしも、、乗っ取られちゃった…うふふ♡」

いつの間にか、日本人の魅音も、
スライムに体内に侵入され、支配されていた。

4人と共に走りながら、
これから起こることを想像して、
魅音は興奮するのだった…


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

SF風作品です!
導入部分に時間がかかりました笑

明日からはスライムの恐怖を堪能できる…かもしれません!


コメント

No title

オデッセイとプロメテウス……
どこかで聞いた名前ですねぇ(・ω・)

そして暴走機関車トーマスwww

魅音さんもどうなるか楽しみですねぇ

Re: No title

> オデッセイとプロメテウス……
> どこかで聞いた名前ですねぇ(・ω・)
>
> そして暴走機関車トーマスwww
>
> 魅音さんもどうなるか楽しみですねぇ

ありがとうございます~
トーマスは…ネタ枠ですネ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム