FC2ブログ

<憑依>闇に染まるママ①~支配~

幸せな家庭があったー

心優しい母親に、
真面目な父親ー

そして、可愛い息子ー。

しかし、その家庭は、豹変したママによって崩壊する。

※リクエスト作品です!お待たせしました~
--------------------------

笹川 東吾(ささかわ とうご)は、
29歳のサラリーマンだ。

同い年の妻が居るー。

妻と東吾は18のときに結婚し、
その後、すぐに子供が出来たー。

29の両親に、10の長男。
両親としてはかなり若い部類に入るー。

子供をそこまで早く作ったのには理由があったー。
妻・理恵(りえ)の、父親が病気であと数年の命とされていて、
孫の顔を見たがる父のために、理恵は、子づくりに一生懸命だったー

そのため、若くして子供が出来たのだったー
理恵の父親は、孫の顔を見てから数か月後、満足そうに
息を引き取ったー。

二人とも、とてもまじめな性格で、
若いながらも立派だと、周囲からも褒められる、
理想の夫婦だった。


「---あははははははは!まじかよ!」
「その女の顔によ、俺のミルクぶっかけてやったんだぜ」
「--うける~!」

コンビニの前で明らかにヤバそうな不良二人が
溜まっていた。

「---」
東吾は、仕事が遅くなり、深夜のコンビニで何かつまみでも
買って帰ろうと、レジで会計をしていた。


「---くはは!いいんだよ!あの女、ヤリまくって捨ててやるからよ」
「お前、極悪人だな~!」
「--あと7回ぐらいヤッたら唾吐きかけて振ってやるぜ!」

二人組の不良は、
コンビニで買ったと思われる菓子を散らかしながら
タバコを吸い、大騒ぎしている。

「--おい、お前たち」
正義感の強い東吾は、コンビニから出てすぐ、
その不良たちに声をかけた。

「--何時だと思っている?少しは静かにしろ!」
東吾が言うと、
不良たちは「何だぁ?おっさん?」と不満そうに立ち上がった。

しかし、臆せず東吾は不良たちを睨みつけた。

「--周囲の迷惑を、少しは考えろ!
 それと、散らかしたゴミ、ちゃんと片づけろ!」
そう言うと、不良たちも負けじと東吾を睨む。

そして、そのうちの一人が、東吾の結婚指輪に気付いた。

「-----…」
その不良はニヤリと笑みを浮かべた。

「---おい、帰るぞ」
そして、その不良は仲間にそう言うと、
そのまま立ち去って行ったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あ~ウゼ~あのおっさん!」
不良の一人が、壁を蹴りながら叫ぶ。

すると、先ほどニヤついた不良が
笑みを浮かべた。

「--おい?見たか?あのおっさん、
 結婚指輪つけてたぞ」

そう言うと、もう一人が
「それがどうしたんだよ?」と言う。

その言葉を聞いて、金髪の男は
笑みを浮かべた。

「--ちょっと、面白れぇことしてみないか?」
金髪の男は、謎の液体が入った容器を
もう一人の不良に見せて微笑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

「--はい、今月の給料!」
東吾は、昨日の給料日に支給された
給料を妻の理恵に手渡した。

「ありがと!今月もお疲れ様!」
嬉しそうに微笑む理恵。

理恵は、29になった今でも、とても綺麗で、
女子大生に間違えられることもあるぐらいに
若々しい。

「--あ、竜太(りゅうた)!学校、遅刻しちゃうよ~!」

のんびりしている10歳の息子の竜太に、
声をかける理恵。

「--お、そろそろ俺も行かなきゃ!」
東吾も、出勤するために準備を始める。

ごく普通の幸せそうな家庭―。

理恵は、作った弁当を東吾に手渡す。

「--今日も、頑張って!」
優しく微笑む理恵。

東吾は、頷くと
「いってきます」といつものように挨拶をして、
玄関の扉を開けた。

ーーそれが、最後の幸せだとも知らずにー。

「---ママ~
 歯磨き粉の蓋が開かない~」

竜太に呼ばれて、理恵は「もう~」と
言いながらも、笑いながら竜太の方に向かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

竜太と東吾が出かけたあと、
理恵は、自宅の掃除を始めた。

パートも週3回しているが、
今日はちょうど休みなので、
家事を重点的に色々片づけようと思っていた。

そのときだったー。

ピンポーン

インターホンが鳴る。

「はい」
理恵が応答すると、
「お届け物です」と帽子を被った男が言った。

「は~い!お待ちください~!」
理恵は何の疑いもせずに、玄関を開けたー

玄関を開けると、
男たちが有無を言わさず家の中に入ってきた。

「--え?ちょ、ちょっと!?」
理恵が驚いて声をあげる。

すると、2人組の一人が、帽子を脱ぎ捨てて笑った。

「--今から、あんたの身体を貰うぜ」

その言葉に、理恵は「えっ!?」と表情を歪める。

そして、もう一人が理恵の両腕をつかんで、
理恵を動けないようにした。

「え?な、、なに?ちょっと!やめて!やめて!」
理恵は悲鳴をあげた。

金髪男がそんな理恵を見ながら笑う

「こんな美人の奥さんがいるなんて、
 ククク…
 興奮してきたぜ!」

謎の液体を飲み干すと、その容器を
投げ飛ばして男は笑った。

「---今日から”わるいママ”になるんだよ」
男はそう言うと、
理恵にキスをして、そのまま倒れたー。

「きゃあああああ…・あ・・・あああ・・・あ」
目に涙を浮かべている理恵が痙攣を始める。

そしてー

ガクッと気絶したかのように
動かなくなると、
少しして、乱暴に仲間の男の手を振り払った。

「-へへっ!成功だぜ!」
そう言うと、理恵は、胸をわしづかみにして
笑みを浮かべた。

「おぉぉぉぉぉ!すげぇ!」
不良が叫ぶ。

「---旦那と餓鬼が帰ってくるまで
 時間があるからな。遊ぼうぜ」

そう呟いた理恵は、ふと玄関近くの鏡を見た。

妻らしい動きやすい服装。
色っぽさは無いー。

「-まずは…」
理恵は、机の上に置いてあった
給料を見つめる。

ちょうど理恵は家計簿をつけようとして
給料を机に置いたままにしていた。

「---ショッピングタイムだ」
理恵は、不気味にほほ笑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

2時間後ー

理恵は仲間の不良と、
恋人のように、イチャイチャしながら
家に帰ってくると、
購入したものを開いたー

色々な服ー
大人のおもちゃー
化粧品ー

「---ククク…旦那の給料のほとんど
 使っちゃいました~!」

理恵が嬉しそうに言うと、
「ひゅ~!」と仲間の不良が叫んだ。

「--そうだ!今日からお前は、ここに住め!
 そうだな…旦那の部屋ぶっ壊して、
 お前の部屋にするか!」

そう言うと、理恵たちは、夫・東吾の部屋に上がって
東吾の部屋を破壊し始めた。

次々とゴミ袋にモノを詰め込み、
そして、そのまま、部屋をいじくり倒して、
仲間の不良の部屋を作り上げてしまった。

「--くくく…パパ、どんな顔するかな~」
理恵は意地悪そうに微笑んだ。

そして、時計を見ると、
理恵は嬉しそうに笑いながら
「ちょっとだけ楽しもっか!」と服を脱ぎ始めたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長男の竜太が帰ってきた。

「ただいま~」

竜太が元気よく家にいるであろう
母親に向かって挨拶をするが返事がない。

「ママ~?」

竜太は、不思議に思い
声をかけるが、”ママ”からの返事はない。

「あぅん♡ はぁん♡」
奥から、甘い声が聞こえてきた。

10歳の竜太には
その声が何を意味しているか、
分からない。

「--あぁ…♡ もっと…♡ もっと…♡
 ほら…口を開いて♡」

その声の方向に向かう竜太。

するとそこにはー
母親の理恵と、見知らぬ茶髪の男が
抱き合っていたー。

しかも、母親は、
女子高生姿…
先ほど購入してきたコスプレ衣装に身を包んでいた。

「はぁぁ…♡」
二人とも、大人の時間に夢中になっていて
竜太が帰ってきたことにすら気づいていない。

「--ま…ま?」
竜太が唖然としながら言うと、
ようやく理恵は竜太にきづいて微笑んだ

「あら、おかえり~」
微笑む理恵。

しかし、顔は欲情しているうえに、
何故か女子高生のような格好をしている。

「--だ、、誰そのおじさん?」
竜太が聞いた。

指をさした先には、理恵に憑依した不良の仲間、
茶髪男の三治(さんじ)が居た。

「--おい、三治、おじさんだってよ?」
理恵が男言葉で言うと、
三治と呼ばれた不良は「まだ18なんだけどな~」とニヤニヤ
しながら言う。

「--竜太、だめじゃない?おじさんだなんて。
 あの人は、わたしの愛人よ、あ・い・じ・ん」

理恵がイヤらしく微笑みながら言う。
いつもと違う母親の様子に、竜太は困惑していた。

”愛人”なんて言われても、普通の10歳の子は
分からないだろうー。

当然、竜太にもその意味は分からなかった。

「--なぁなぁ、栄五(えいご)、
 その餓鬼、ママで射精するかなぁ?」

三治がイヤらしく笑う。
栄五とは、理恵に憑依した金髪不良の名前だ。

「はぁ?まだ10歳だろ?
 しねぇんじゃねぇの?」

理恵が乱暴な言葉遣いで言う。

困惑した様子で、ちょっと目に涙を浮かべつつある
竜太を無視して、二人は続けた。

「--なぁなぁ、ママがアレ咥えてやれば、
 射精すんじゃね?」

三治が言うと
理恵は笑った

「ざけんなよ!俺が男のアレ咥えるなんて
 気持ちわりぃこと言うなよ!」

理恵が嫌悪感を丸出しにして言う。
理恵の中にいるのは、男ー。
当然、男のアレを咥えるのには抵抗があるだろうし、
不潔なイメージもある

「--でもよ、興奮しねぇか?
 息子のアレを咥えるママ。
 そして、ママにアレを咥えられてイッチャウ餓鬼」

三治がニヤニヤしながら言うと、
理恵は考えた。

「しょうがねぇな。1回だけだぞ」

理恵はそう言うと、
ため息をつきながら、息子の方を見た。

「ねぇ竜太。
 わたし、牛乳が飲みたくなっちゃった」

理恵の言葉を、純粋な10歳の息子は
純粋な意味で受け取った。

「--牛乳なら冷蔵庫にあったよ!」
竜太が言うと、
理恵は「その牛乳じゃイヤなの~」と
指を唇に当てて、甘い声で言った。

「--え…あ、じゃあ、ボクがスーパーで買って…」

”おつかい”を頼まれるのかと思い、
竜太がそう言ったそのときだった。

理恵が、竜太のズボンを下ろして、
パンツをおろしー
突然、竜太のソレを咥えたのだった。

理恵は、とても嫌そうな表情をしながらも続けた。

「--竜太の、ミルクが飲みたいな?うふふ♡」
理恵の言葉に、竜太は
「ママなにやってるの?ねぇ!」と叫んだ。

「--おっほ!いいぞいいぞ!」
見物している不良の三治が笑う。

「--んふふ・・・ほ~ら、ミルクちょ~だい!」
息子のアレを舐める母親ー

周囲から見たら異常な光景だ。

息子は泣きそうになりながら
「や、やめてよママ…ねぇ!」と叫ぶ

クチュクチュと音を立てながら、
息子のそれをイヤらしく咥えたり、
舐めたり、なでたりしている理恵。

息子のそれはあっという間に大きくなった。

「--や…や…やめてママ…な、なんか・・・
 ぼ、ボク…おしっこに行きたくなっちゃった…ねぇ!」

竜太は、
射精しそうな状態を、理解することもできず、
おしっこに行きたいと表現したー。

「--んふふ・・・いいの…私にちょうだい… 
 みるく~うへへへへへへ♡」

最初は抵抗があったが
だんだん男のそれを舐めているという行為自体に
エロさを感じた、理恵は興奮していた。

そして…

「やめて…あ、、ああああ…ママ、もれちゃう…
 あ、うわああああああ!」

竜太は我慢できず、白い液体を
理恵の口の中に大量にぶちこんでしまった。

「う…あ・・・あ」
竜太は、放心状態でその場に座り込む。

初めての快感ー
漏らしたんじゃないかという不安ー

「んははは…あは…ははははは」
理恵は興奮に支配されて、
口を汚したまま、笑っていた。

「--やるじゃん!」
不良仲間の三治が言うと、
理恵が「どうだ?エロいママだろ~ははは」
と笑った。

理恵は放心状態になっている息子を
無視しながら、仲間の三治のほうをみた

「さて、あの野郎が帰ってくるのが楽しみだぜ」
理恵は笑うー

コンビニで注意してきたヒーロー気取りのサラリーマン。
あいつの、絶望する顔が楽しみだー。

優しいママは豹変したー
悪魔のママにー


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

「母親憑依のダークモノ!」というリクエストにお応えした作品です!
とにかくダークで、ということなので、
ひたすら闇に突き進みましょう~

…10歳の男の子って射精するのかな…?
…フィクションなのでそのあたりはお許しを!
(なんとなく、設定上母親の年齢を30以上にしたくなかったので…笑)

コメント

No title

すばらしいです!!!期待しています!!!

Re: No title

> すばらしいです!!!期待しています!!!

ありがとうございます!
期待に応えられるように頑張ります!
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

カテゴリ

検索フォーム