FC2ブログ

<憑依>甲子園の悪夢

その日ー
甲子園球場では高校球児同士の熱い戦いが行われていた。

両チームのコーチが試合を見守る中、
”それは”起こるべくして起こったー。

※「甲子園憑依モノ」のリクエストにお応えした作品です!
-------------------------------

甲子園球場ー

高校球児同士の熱い戦いが、
そこでは行われていた。

脳洗高等学校(のうせんこうとうがっこう)と、
依憑高等学校(いひょうこうとうがっこう)

その2つの高校の試合だ。

「---」

4回裏ー。
脳洗高等学校の攻撃。
試合は2-2。

依憑高等学校のエースと呼ばれるピッチャー、
龍王寺 卓(りゅうおうじ すぐる)は、
ここまでノーヒットだったが、
ここで、ピンチを迎えていた。

龍王寺はフォアボールで、先頭バッターを歩かせた上に、
デッドボールを与えてしまい、
さらには、ヒットを打たれて満塁のピンチを迎えてしまった。

「--くそっ」
龍王寺は、ベンチの方を見る。

鬼コーチとも呼ばれるコーチ、若本(わかもと)がこちらを
睨みつけていた。

マネージャーの姫山 杏子(ひめやま あんず)が、
不安そうに、試合を見つめている。
杏子は、龍王寺の彼女だー。

脳洗高校の
4番打者が、意気揚々とマウンドに立つ。

4番打者ー
里鋤(りすき)-。

これまでの試合でも、ホームランを何度も
放っているバッターだ。

「負けてたまるかよ!」
龍王寺は、持ち前の剛速球ストレートを投げたー

カキィン!

もの凄い音がした。


ーー走っていた。
既にー。
里鋤は走っていた。

唖然とする龍王寺。

そう、満塁ホームランだ。

2-6。
盛り上がる脳洗高校。
絶望する依憑高等学校ー。

龍王寺は、マウンド上で立ち尽くした。

マネージャーの杏子も、悲しそうな表情を
浮かべた。

龍王寺がちらっと杏子の方を見る。
杏子はとてもかわいらしく、一生懸命の少女だった。

だからこそ、野球部員たちは、杏子のことが好きだった。
試合に勝って、彼女の喜ぶ顔を見ることが
何よりの喜びでもあったのだ。

2-6。

「---くそっ…」
龍王寺は、怒りをにじませた。

脳洗高校の5番打者、
割橋がさらにトドメの一撃を加えようと、バッターボックスに立った。

しかしー
龍王寺はプライドも高い高校球児だったー。

このまま屈辱にまみれたまま負けるわけにはいかないー。

5番打者の割橋、
6番打者の藍原、
7番打者の柚子葉を
あっという間に3アウトにしてみせた

がー
目に見えて、チームメイトの戦意は下がっていた。

「・・・・」
コーチの若本は、そんな様子を見かねてある秘策を
思いついた。

「姫山ーちょっといいか?」

「え?は、はい」
マネージャーの杏子を呼び出して、コーチの若本は
奥へと向かう。

ピッチャーの龍王寺は、そんな様子を不思議そうに
見つめていた…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

裏へとやってきたコーチの若本の
マネージャーの杏子は、立ち止まる。

そして、若本が杏子の方を見て、ほほ笑んだ。

「--このままでは俺たちは負ける」
若本は言った。

「え、あ・・・はい、で、、でも、
 まだ5回表ですから…」

杏子が言うと、
若本は首を振った。

「2-6だ。まず無理だろう」

若本は、”どんな手段でも使って勝つ”ことから、
鬼コーチと呼ばれていた。

「---あ、、諦めたらそこで試合終了ですよ!」
杏子があたふたしながら言う。

すると、若本はニヤリとほほ笑んだ。

「そうだ。諦めたらそこで終了だー。
 だからー」

若本が、信じられない言葉を口にした。

杏子は、思わず言葉を失った。

若本はー
”きみの身体を貸してくれ”

そう言ったのだー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

依憑高校の5番バッター、大道が
外野フライに倒れた。

1アウト。

「---くっそ~」
大道が戻ってくる。

そのタイミングで、
マネージャーの杏子が戻ってきた。

6番バッターの阪下(はんげ)も、
相手ピッチャーの前に苦戦を強いられている。

杏子は苛立った様子で舌打ちした。
そして言う

「みんな、この試合、負けたら承知しないから」

低く、脅す様な声だった。
ふがいない試合に、苛立っているのだろうか-

「ひ、姫山さんー」
エースピッチャーの龍王寺が、困惑した様子で杏子を見る。

杏子は龍王寺を睨んだ。

「--だいたいテメェがしっかり抑えねぇからそうなるんだろうが」
杏子はぶち切れた様子で、龍王寺を蹴り飛ばした。

「--ひ、姫山さん!?」
周囲の選手たちが驚く。

そんなのお構いなしで、杏子は怒鳴り声を上げる。

「いいかお前ら!無様な醜態晒してみろ?
 絶対許さねぇからな」

杏子はそこまで言うと、
今度は不気味な笑みを浮かべたー。

「--その代わり…
 活躍したら、わたしがご褒美あげる…♡
 ふふふ…」

杏子の豹変ぶりに、
選手たちは驚く。

杏子はー
憑依されていた。
コーチの若本に。

若本は、目的のためなら手段を択ばない。
”勝つ”という目的のためなら
マネージャーの身体だって使って見せる。

6番の阪下が三振になって戻ってくる。

「--バカ野郎が」
杏子は乱暴にそう吐き捨てると、
7番バッターの紫亜乃巣に向かって言う。

「--打てたら、ご褒美…よ?ふふ♡」

その言葉に、紫亜乃巣は、嬉しそうに
微笑み、バッターボックスへ向かって行った。

カキィン

ホームランが放たれた。

紫亜乃巣は、嬉しそうに手を上げながら、
戻ってくる。

「--ふふ、やればできるじゃない」

3-6

杏子は、紫亜乃巣に太ももを差し出した。

「--ご褒美よ。ほら、お舐めなさい」

その言葉に紫亜乃巣は嬉しそうに、
杏子の太ももを舐めはじめた。

「なーー何やってるんだよ、杏子…!」
ピッチャーの龍王寺が言う。

龍王寺は杏子の彼氏だった。

「--なにって?勝つための応援よ。
 無能なアンタは黙ってて頂戴」

杏子がきつい口調で言うと、
龍王寺は周囲を見渡した。

「コーチ!あんただな!
 あの噂は本当だったのか!」
龍王寺の言葉に、杏子はニヤリと笑った。

「…フン、そうさ。俺は人の身体に憑依することができる!
 いま、マネージャーの姫山は、俺が自由に
 操ってるんだよ!」

ざわめく選手たちをよそに
龍王寺は叫んだ。

「あ、杏子を返せ…!返してください!」
龍王寺が、杏子の目の前で土下座をすると、
杏子は微笑みながら、龍王寺の足を踏みつぶした。

「なら、勝て。」
杏子が冷たい声で言い放った。

そして、ベンチに座ると、足を組んで
自分の足を撫で回しながら呟く。

「負けたら…わたし、変えられちゃうから…ネ?ふふ」
それだけ言うと、自分の髪をいじくっては
ニオイを嗅いだりして、一人、ほほ笑み始めた。

8番バッターの濁里がアウトになり、
スリーアウト。

試合は6回表に進むー。

「どうにか、しなくてはー」

龍王寺がマウンドに上がる。

不気味な笑みを浮かべて、手と足を組んで
ふんぞり返った態度で、龍王寺を見つめる杏子。

もしも・・・
もしも負けたら、杏子はどうなってしまうんだ?

龍王寺はそう思った。

そして、龍王寺は今まで以上の気迫で、
ボールを投げ始めた。

「-ストライク!バッターアウト!」

龍王寺は3人を完璧に抑えると、
ベンチに戻っていく。

「--餓鬼が」
杏子は呟いた。

「たるみやがって…」

杏子はイライラした様子で貧乏ゆすりを
しながら、舌打ちをしたー。

カキィン!

5番バッターの大道が2ランホームランを放つ。

5-6。

8回裏。
試合は終盤。

杏子は大道の方に近づいていき、
キスをした。

「ご褒美よ♡ やるじゃない」

そう言って、大道の手を自分の胸に触らせると、
大道の肩を叩いて、満足気にベンチに座る。

「---勝てばいい。勝てばな」
杏子は微笑みながら、そう呟くー。

・・・・・・・・・・・・・・

「逆転ホームランー!」

歓声が上がった。

6番バッターの阪下が逆転2ランホームランを放った。

「うぉおおおおお!」
仲間たちが歓声をあげる。

「--流石ね…」
杏子は戻ってきた阪下にキスをすると、
阪下の顔を撫で回した。

「---あとで、いいことしてあげる♡」

そう言うと、若本に憑依されたままの杏子は
偉そうにイスに座り、足を組みながら微笑んだ。

7番バッターの紫亜乃巣はアウトになり、
いよいよ最後の守りに入ることになった。

「-ーー杏子」
ピッチャーの龍王寺は、杏子の方を見た。

大事なマネージャーでもあり、
彼女の杏子を、奪われるわけにはいかない。

「---ふふ、勝てたら、わたしを助けることができるわよ?」
杏子は甘い声で囁いた。

挑発的なその態度に龍王寺は腹を立てて叫んだ。

「俺は、ゼッタイに、勝つ!」

とー。

「うおおおおおおおお!」
龍王寺は雄叫びをあげ、
マウンドに上がる。

脳洗高校の2番打者・根月がバッターボックスに上がった。

だが、龍王寺は根月をストライク3球で仕留めた。

続く、3番打者の見尾がバッターボックスに上がる。
しかしー

「なっ…!」
龍王寺の投げたボールは、ヒットとなり、
見尾が1塁へと進んだ。

「---…」
龍王寺は額から汗を流す。
彼女である杏子の方を見る。

杏子は睨むようにしてこちらを見ている。

あの日ー、
彼女に呼び出されて告白されたー

可愛いマネージャーに告白されて
カップルになれるなんて思わなかった。

彼女のために龍王寺はいつも必死だった。
彼女の喜ぶ顔を見るために…!

「--俺は、、負けられないんだ!」
龍王寺がボールを投げた。

しかしーーー

4番打者・里鋤は無情にもホームランを放った。

”逆転ホームラン”

球場が歓声に埋め尽くされる。

逆転のサヨナラホームラン。
龍王寺は絶望してマウンド上に膝をついた。

そして、杏子の方を見ると、
杏子は失笑して、ベンチの奥へと下がって行った。

龍王寺は試合後の挨拶そっちのけで杏子を追いかけたー。

「---杏子!」
叫ぶ龍王寺。

歩いていた杏子が振り返る。

「--無能が…逆転を許しやがって」
杏子が龍王寺を睨んだ。

バッ!

龍王寺が土下座をした。

「--たのむ、コーチ…
 杏子を、返してくれ・・・!
 彼女は、何も悪くない…!
 俺と彼女の思い出を、奪わないでくれ・・・」

龍王寺が嘆願するようにして言うと、
杏子は微笑んだ。

「---俺はな、憑依した相手の記憶を
 いじることができるんだよ。

 だから、お前への好意も消すことができるー」


龍王寺は杏子の言葉を聞いて絶望する。
コーチは、杏子の”好意”を消そうとしている。

「---だが」
杏子が続けた。

「逆に”お前を好きだ”という記憶を刷り込むこともできる」

ーーー!?

龍王寺は、杏子が何を言いたいのか分からず困惑する。

杏子はニヤリと笑った

「---この女はな、
 元々野球になんて興味はなかった。
 入学当時は美術部に入ろうとしていたよー。

 だがな、憑依して、それを変えた。
 ”野球部への興味”を刷り込んでやったんだ」


龍王寺はその言葉を冷や汗をかきながら聞いていた。

杏子は自分の髪の毛をいじりながら笑う。

「わたしみたいに、可愛い子がいれば
 み~んなやる気になるでしょ?」

そして、杏子は続けた。

「---そして龍王寺…
 エースであるお前の力を最大限引き出すためにー」

龍王寺はそこまで聞いて、
杏子が何を言うのか分かってしまった。

「やめろ・・・聞きたくない…」
龍王寺が首を振る。

「--この女がお前に告白したのは何故だと思う?
 俺がこの女に憑依して”お前が好きだ”と刷り込んだからだよ!
 はははは!
 お前の性格なら、彼女のためにってなると思ったからなぁ!」


杏子が両手を広げて笑う。

「だがーー」
杏子は冷たい目で龍王寺を見つめた。

「お前は、負けた。
 もう、用済みだ。
 この女の記憶を”元に戻す”

 刷り込んだ、お前への好意をーー消す
 彼女彼氏の関係であったころの記憶を、消すー」

杏子の言葉に
龍王寺は叫んだ

「やめろーーーーーー!」

杏子は笑いながら「ばいばい」と手を振ったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後日。

練習試合では龍王寺はベンチにいた。

マネージャーの杏子はいつも通り、
他の部員たちと話している。

「---あら…今日もベンチにだけは座ってるのね」
杏子が冷たい口調で言うー

あの日、コーチに好意を消去され、
さらには、龍王寺に対する敵意まで刻み込まれてしまった。


「よっしゃ!今日も調子がいいぜ!」
龍王寺に代わってエースピッチャーとなった男が杏子に言う。

「ふふ、今日も絶好調ね♪」
杏子が微笑みかける。

若本コーチによって記憶を操作されてしまい、
杏子は、また別の男に寄り添うようになった。

「くそっ…」
龍王寺は、コーチの若本を睨みつけた。

”俺と杏子の心を弄びやがって…”

龍王寺は思う。
”コーチを叩きのめしてやるー”

と。

だが、若本コーチは、そんな龍王寺の怒りに
気づいていたー。

「---くく」

もしも、
もしも龍王寺が、若本を襲うようなことがあれば
若本は、杏子に憑依して、杏子を盾にするつもりだー

「ーーー勝つためなら、手段を択ばない」

練習試合を見つめながら、若本コーチは微笑んだ。


おわり


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

「甲子園憑依モノ」のリクエストにお応えした作品です!
時期はずれてしまいましたが、なんとか書くことができました~

以前書いた「球場の悲劇」と同じ野球モノなので、
前回のと内容が被らないように気を付けました。

コメント

No title

憑依で彼女の体を好き勝手されるどころか、
好意すら植え付けられたものだったところは、意表を突かれて面白かったです。
選手たちの名前が見覚えあるのは気のせいでしょうか…?w

Re: No title

> 憑依で彼女の体を好き勝手されるどころか、
> 好意すら植え付けられたものだったところは、意表を突かれて面白かったです。
> 選手たちの名前が見覚えあるのは気のせいでしょうか…?w

お楽しみ頂けて何よりです~♪
ありがとうございます!

選手たちの名前…
確かにどこかで聞いたことがありますネ(笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム