FC2ブログ

<洗脳>悪魔の眼鏡①~幻~

その眼鏡は、危険な眼鏡だったー。

”禁忌の眼鏡”
そう呼ばれ、封印されてきた。

ある日、その眼鏡をかけてしまった少女はー?
----------------------------

禁忌の眼鏡ー。

その眼鏡には、悪魔が宿っていた。

一見、何の変哲もない、
可愛らしい眼鏡なのだが、
かけてしまった人間は、発狂し、
最後には死に至ってしまうー

そんな、眼鏡だ。

これは、そんな眼鏡をかけてしまった
一人の少女の物語ー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「--眼鏡壊れちゃった…」

昼休み、図書室で本を片づけている最中に
バランスを崩して転倒してしまった少女・
早崎 朱莉(はやさき あかり)は、ため息をついていた。

「--まったく、ドジなんだから」
幼馴染で、大の親友の女子生徒・
眞篠 郁恵(ましの いくえ)は呆れた様子で言う。

ショートへアーで活発な女子生徒の郁恵と
ロングヘアーで大人しそうな眼鏡女子の朱莉。

二人は性格は正反対だったが
小学生のころから、とても仲が良く、
高校でも、仲良しな二人として、知られていた。

「--ま、怪我がなくて良かったじゃない」
郁恵が言うと、
「う~ん、でもまたお父さんとお母さんに怒られるよ~」と
朱莉が悲しそうに笑う。

「--まったく~朱莉はドジなんだから」
郁恵があきれた様子で言う。

朱莉は小学生のころからドジだった。

給食の準備中に転んで給食をこぼしたこと、8回ー。
小学生時代の運動会の際に、100m走るで走る方向を間違えて大恥をかいたり
中学時代の修学旅行では、別の方向の電車に一人で乗ってしまい大騒ぎになったりー

「---ドジなのは昔からだもん!」
不貞腐れたように言う朱莉。

「--またまた~そうやってすぐ拗ねる~!」
郁恵の言葉に「からかわないでよ!」と顔を赤くして朱莉は反論したー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「はぁ~」

放課後。
朱莉は、重い足取りで自宅へと向かっていた。

眼鏡を壊してしまった。
また両親にドジだと呆れられるだろうー
せっかくのバイトで稼いだお金を
使うことになるだろうかー。

数万円で済むとは言え、
高校生にとっては大きな出費だー。


「---もし、そこのお嬢ちゃん」

背後から、声がした。

「え?」
朱莉が振り返ると、
そこには老婆が居た。

人懐っこそうな笑みを浮かべた老婆は
朱莉に対して手招きをする。

首をかしげながら近づいてきた朱莉に対して、
老婆は笑った。

「その眼鏡ー」

ヒビの入った眼鏡を指さす老婆。

「あ…こ、これは、ちょっと
 図書室で転んじゃって」

朱莉が笑いながら言うと、
老婆が「おやおや」と優しく微笑んだ。

「だったら、あんたにこれをあげるよ」
老婆が可愛らしい眼鏡を取り出した。

「---え??わたしに?」
朱莉が不思議そうに尋ねる。

何か、怪しい人なんじゃないかと
警戒するー。

当然の反応を見て、老婆は笑った。

「わたしはね…
 あんたぐらいの年の孫がいたんだー。
 けどね…
 わたしの孫は事故で死んじゃってね…」

悲しそうな顔で語る老婆。

老婆の目からは涙がこぼれていたー

「わたしの孫も、あんたみたいな眼鏡をかけていたー。
 だから、ちょっと孫のことを思い出しちゃってねー」

老婆が笑う。
朱莉は、もしかして…と口にして、続けたー

「--その眼鏡は…」
朱莉の言葉に、老婆は頷く。

「わたしがね…次に孫にあったときにプレゼントしようと思ってた
 眼鏡だよ…

 でも、あの子が死んじゃったから、使い道がなくてね」

老婆はそこまで言うと微笑んだ。

「だから、あんたみたいなカワイイ子に使って
 もらえれば、きっと、この眼鏡も、あの子も
 喜ぶと思うんだー」

老婆の顔は嘘をついているようには見えないー
そして、何のたくらみがあるようにも見えないー

けれどー
普通だったら、やっぱり何だか気が引けてしまって
見たこともない人から眼鏡を受け取ったりはしないだろうー

だがー
朱莉は天然だったー

「--あ、、、ありがとうございます。じゃあ…」
眼鏡を受け取る朱莉。

「--ちょっと、かけてごらん」
老婆が言う。
朱莉は「あ、はい」と言って、その眼鏡をかけた。

眼鏡は、朱莉によく似合っていた

「おやおや、よく似合ってるよ」
手鏡を取り出して、朱莉に見せる老婆。

「---あ、、ありがとうございます」
朱莉は嬉しそうにお礼を言ったー

少し雑談をしたあとに老婆は
「急に呼び止めて悪かったね」と呟き、
朱莉は「あ、もうこんな時間」と微笑んだ。

「じゃあね…。眼鏡を大切にするんだよ」
老婆の言葉に、
朱莉はお礼の言葉を述べて
その場を立ち去ったー

老婆は、そんな朱莉の後ろ姿を見つめながら
悲しそうに微笑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ただいま~」
帰宅した朱莉。

眼鏡が変わっていることに気付いた母親が
「それどうしたの~?」と聞いてくる。

朱莉は、適当にバイトで貯めたお金で、と
誤魔化してそのまま自分の部屋へと上がった。

「ふぅ~。
 親切なおばあちゃんだったな~!」

朱莉は嬉しそうに微笑む。

晩御飯を済ませて、
勉強をしてー
好きなテレビ番組を見てー

ベットに入り、朱莉は眠りについたー

いつもの日常ー

そう、この日はまではー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝。

いつものように朱莉が朝食を食べているー。
母親も、弟も、父親もいつも通りだ。

「---朱莉」

母親が、朱莉のことを呼び、振り返った。

ーーーーーーーーーーー!?!?!?!?!?

「きゃあああああああああああああ!」
朱莉が悲鳴をあげる。

「---え?」

振り向いた母親の顔がーー
”醜悪な怪物”のような顔になっていたー

「---ど、、どうしたの!」
母がただ事ではない娘の悲鳴に驚き、
声をあげた。

しかしー

「---あ、、、あれ…?」
朱莉がもう一度母の顔を見ると、
そこにはいつもの母の顔があった。

「ど、、どうしたのよ、急に悲鳴なんかあげて」
母の言葉に、朱莉は
「ううん、なんでもない」とだけ答えた。

確かに今一瞬、母の顔が
化け物のように見えたー

「…ま、まだ寝惚けてるのかな、わたし」
そんな風に想いながら、朱莉は学校へと向かうのだったー

学校についても、特に異変はない。
”さっきのはなんだったんだろう?”と
不思議に思いながらも、朱莉はいつも通りの
時間を過ごしていく。

やっぱり、自分は寝惚けていたのかもしれない。

そんな風に想いながら
昼休みの図書室当番の仕事をしていたー

「どうしたの?今日は?」
友人の郁恵が声をかけてくる。

朝からずっと何か、考え込んでいる様子の
朱莉を見て、郁恵が心配したのだった。

「え…?」
ぼーっとしていた朱莉が返事をすると、
郁恵は溜息をついた。

「はぁ…何か悩みでもあるの?
 わたしで良ければ、相談に乗るよ…?」

「---」

朱莉は迷った。

”朝、一瞬だけ母親の顔がモンスターのように見えた”
なんて言ったら、郁恵は信じてくれるだろうか?

それとも、いつもみたいにどじっ子扱いされて、
笑われるのだろうかー

ガラガラ…
図書室の入り口が開く。

ふと、朱莉が目をやると、そこには、
ーーーガスマスクのようなものをした重武装の
特殊部隊のような人間が3人程立っていた。

「---え…な、、何あれ?」
朱莉が驚いて指を指す。

特殊部隊のような格好をした人物たちは、
”銃”を持っていた。

「え…ええ…っ!!…い、、郁恵ちゃん!あれ!」
朱莉の慌てた様子に、郁恵もその方向を見るー

そこにはー
C組の男子生徒の3人組が居た。
今、図書室に入ってきた生徒たちだー

「---あぁああ…あああああ…」
朱莉が恐怖に満ちた表情で身体を震わしている。

「え?ど…どうしたの?」

”図書室に入ってきた3人”が、
朱莉には、武装集団に見えていた。

「--ひっ…こ、、来ないで!」
朱莉が叫ぶ。

「ーーーちょ、どうしたの?」
唖然とする郁恵。

「----!!」
朱莉はふと周囲を見渡した。

よく見ればー
図書室には武装した兵士がたくさん座っている。

「きゃあああああああ!」
朱莉は読んでいた本を投げ飛ばして走り出した。

「---せ、、先生を呼ばなきゃ!」
慌てて走る朱莉。

職員室に駆け込んだ朱莉は、
驚きの光景を目にするー。

そこではーー
先生たちが皆、血を流して倒れていた。

「いやあああああああああああああっ!」
朱莉は恐怖のあまり大声で叫んだ。

そして、スマホを取り出す。

スマホで、警察を呼ぼうと必死に
110と入力する朱莉ー


ーーーー?

職員室に居た先生たちが首をかしげる。
入ってきた朱莉が突然一人で悲鳴をあげて
スマホをいじりだしたのだ。

「ーーおい?早崎?どうした?」
先生の一人が朱莉に近づく。

朱莉はスマホで、
出会い系サイトにアクセスして、
自分の写真をアップロードしようとしていた。

「---お、、おい?」
先生が唖然とするー


朱莉はーー
出会い系サイトに自分の意思でアクセスしているわけではないー

朱莉はー
警察に電話をしようとしているつもりだったー

「---はぁ…はぁ…
 どうして??操作ができない…
 このスマホおかしい!」

朱莉が叫ぶー


”眼鏡ー”

眼鏡から映し出される光景はー
現実世界のものと、少し異なっていたー

この眼鏡には、
悪魔が宿っていたー。

朱莉は、悪魔の眼鏡に実際に見えているものとは
違う光景を見せられて、巧みに操られていた。

「ーーーはぁ…はぁ…はぁ」
過呼吸を起こしそうな様子で、朱莉は職員室から立ち去る。

警察への電話も通じない。

どうしようー?


「----」
朱莉はふと、深呼吸をして冷静になった。

そういえばー。
眼鏡のせいではないか?

そう思った。

「--」
眼鏡を外してみようー

廊下にあった鏡を見つめながら、
朱莉は、眼鏡を外そうとしたー。

しかしー

「----!?」

朱莉は突然
”眼鏡を外したら自分は死ぬ”という恐怖に襲われた。

「---え…あ…」
慌てて眼鏡から手を放す朱莉。

「はぁ…はぁ…はぁ…」
朱莉は狂ったように周囲を見渡しながら、
小走りで廊下を走り始めたー

サブリミナルー。
眼鏡はほんのごくわずかな時間ー
一瞬だけ”眼鏡を外したら死ぬ”という文字を
表示していたー。
人間には認知できない、ほんの一瞬ー。

それを一瞬のうちに何百回も行うことで、
朱莉は、”眼鏡を外したら死ぬ”と思い込んでしまったー

「---はぁ…誰か…誰か助けて…!」

パニックになりながら走る朱莉はー
完全に眼鏡の術中にはまっていたー


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

視覚一つで狂わされていく朱莉ー。
果たしてどうなってしまうのでしょうか?


コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム