FC2ブログ

<憑依>独裁国家レギン②~クーデター~

独裁国・レギン。
憑依能力を持つ中谷 辻尾という男が
作り上げた国だ。

その国は、憑依と恐怖で支配されていた。
しかし、国に疑問を持った一人の高校生が
クーデターを画策した…!
---------------------------

国民大集会。

その集会の場で、
何十万の人間が見つめる中、
隆吾は、裸にされてしばりつけられていた。

姉の朋美が両手を広げて国民に語りかける。

「--こいつは反逆者だ!」
優しい朋美とは思えないような堂々とした声で
宣言する。

「--我が国で生まれ育ちながら
愚かな考えを抱き、レギンを危険に晒そうとした。
 その罪は重い。」

朋美がそう言うと、
国民たちからも
「非国民~!非国民~!」と
言葉が投げかけられた。

「ーーー非国民には、何を与えるべきだ?」
朋美が大声で、国民たちに問いかけた。

「非国民には、死を!」
「非国民には、死を!」
国民たちが同じタイミングでそう叫ぶ。

群衆の中にいる隆吾の母親と父親もそう叫んでいた。

レギンで生まれ育った彼らにとって、
国王へ逆らうことは、家族の絆をも断ち切るほど、
重い罪なのだ。

「--ふ…ふざけるな!」
隆吾は大声で叫んだ。

マイクもない状態。
その声は、群衆にかき消される。

「--みんなは知らないんだ!
 国王は神でもなんでもない!
 中谷辻男という一人の男だ!

 そいつが憑依能力を使って、
 国を支配しているだけだ!」

隆吾が大声で叫ぶ。
国王の側近の一人が、隆吾にマイクを向けたため、
その声は群衆に響き渡る。

「くくく…者ども!聞いたであろう?
 この者は、外のものたちに洗脳されて
 妄想するようになっておる!」

朋美が笑う。

「---我こそが神。
 他国がわが国に攻撃してこないのは何故だ?
 わが国の思い通りに何でもことが進むのは何故だ?

 それは、我こそが神だからだ!
 
 神である我にとっては、この身体も、
 お前たち国民の身体も、全て、わたしのものなのだ!」

朋美が大声で叫ぶと、
国民たちから拍手が巻き起こる。

「この朋美という女も、
 我に選ばれてさぞ光栄であろう」

朋美は、そう言いながら隆吾の方を見る。

「ふざけんな…姉さんの身体を好き勝手
 しやがって…!」

姉の朋美は、隆吾の考えには賛同してくれなかったし、
他の国民と同じく、国王に心酔していた。

けれどー
それでも、隆吾にも優しくしてくれたし、
理想の姉だった。

「--姉さんを、返せ!」
隆吾が叫ぶ。

そして、さらに叫んだ。

「---みんな!聞いてくれ!
 大切な人をこんな風に奪われてもいいのか?
 おかしいとは思わないか?
 姉さんだって一人の人間だ!
 それなのにこんな風に人生を奪われてー」

隆吾がそこまで叫ぶと、
群衆からブーイングが巻き起こった。

「神様に身体を使われるのは光栄なことだろうがー!」
「わたしだって、その人みたいになりたい!」
「人生を奪われる?何言ってるんだ?奪っていただくんだろうが!」

駄目だー
隆吾は思う。

独裁国家レギンの国民たちは、
その独裁に洗脳されている。

何を言っても無駄だ。

「--ふん。どうしようない弟ね」
朋美はそう言うと、微笑みながら、
突然、倒れてしまった。

「姉さん…!?」
隆吾が声を出すと、
背後から、別の女子生徒が歩いてきた。

セーラー服姿の女子高生…。

今現在、国王の中谷が、メインの身体で使っている身体・姫香だ。

「---弟の罪は、姉の罪でもある」
姫香はそう言って笑うと、朋美を叩き起こした。

「あ…あれ…わたし…?」
朋美がおびえた様子できょろきょろしていると、
国民たちからブーイングが起きた。

「一族もろとも皆殺しだー!」
「できの悪い弟を持って災難だったなー!」

「---」
朋美は混乱した様子で隆吾の方を見た。

「---お前の弟は、反乱を企てた
 よって”逆族取締法”より、
 お前も、お前の両親も、死罪に処する」

その言葉に朋美は目に涙を浮かべた。

そしてー
群衆の中に居た母親と父親も
連れてこられたー

「---隆吾!貴様ぁ!」
父親が憎しみの目で隆吾を見つめる。

「--あんななんて、生まなければ良かった!」
母親が叫ぶー

隆吾が凍りついた。

”反乱を起こそうとしたものがどうなるか”
よく知っていたからだー。

反乱者は、家族ともども、殺されるー。

しかも、残酷なやり方で…だ。

反逆者の処罰は、
いつも、この国民大集会で行われる。

処罰は
”余興”
”第1部”
”第2部”
に分けられている。

余興とはーーー

「--では、まず、姉と弟の公開エッチを見せてもらおうか」

姫香が足を組み、玉座に座りながら言う。

「--国家を不安に陥れたモノは、
 その不安を解消させるために、国民を
 喜ばせなくてはならないー」

憲法を読み上げる姫香。

つまりー
公開エッチして、国民を楽しませろと言っているのだ。

「ふ…ふざけるな」
隆吾が叫ぶ。

けれどー
姉の朋美は「はい…申し訳ありませんでした」と言いながら
服を脱ぎ始めた。

「---や、やめろ姉さん!こんなやつの言うこと、聞くことなんてない!」
隆吾が、姫香を指さしながら叫ぶ。

「---………隆吾…」
朋美は、あくまでも国王の命令に従っている。

「--ご命令は絶対でしょ?
 私は国王様にご命令されているの…
 だから、従わなくちゃ」

朋美は、洗脳されているわけではない。
この国は、そういう教えなのだ。

「--…」
下着姿になった朋美が、全国民の注目する中、
恥ずかしそうにして立っている。

「いいぞ。では、次だ」
姫香が笑いながら言う。

隆吾は、そんな姫香の方を睨む。

この少女も、この国の創設者・中谷に
憑依された操り人形に過ぎない。

「--姉と弟の激しいエッチ、見せてもらおうかしら。
 全国民を不安に陥れた罪は重いわ。
 身体を持って、不安を消してちょうだい」

姫香がクスクスと笑いながら言うと、
朋美は、「はい」と呟いて、
隆吾の方に向かってきた。

「お…おい!やめろ!やめろ姉さん!」

”逆族取締法”の罪は重いー

これは、処罰の”余興”
まずは、家族の絆をズタズタに引き裂かれるのだ。

「---やめろぉぉぉぉぉ!」
縛られたままの隆吾は、朋美に押し倒されて
そのままエッチをさせられてしまう

「あん♡ うぁ♡ あぁぁ♡ あぁん♡」
朋美が顔を赤らめながらエッチを続けている。

最初は不安そうな表情だったが
次第に快感に飲み込まれて
朋美は嬉しそうに喘ぎ始めた。

「やめろ…姉さんの…そんな顔、、、見たくない!」
隆吾が叫ぶ。

しかし、朋美は、まるで操られたかのように
エッチを続けている。

「んあぁあああ♡ あっ♡ あぁあああ♡ あっ♡」
倒れている隆吾の上で、嬉しそうに液体を
垂れ流す朋美。

「ほら!もっと!もっと激しく!」
姫香が笑いながら、朋美を煽る。

その言葉に、朋美は絶対服従だった。

弟のことを想いながらも、朋美は、この国の、
独裁国家レギンの教えに染まっていた。

だからー
国王に憑依された姫香の命令は絶対。

「んああああああああああああっ♡」
朋美は、激しく喘ぐと、
そのまま絶頂を迎えたのか、動きを止めて
はぁ♡ はぁ♡と声を漏らしている。

母親と父親は、何とも言えない表情でそれを見ていた。

この国の国民にとって、
国王とは神ー。
神だからこそ、憑依能力を持っており、
その神に憑依された人間、
つまり、今の姫香は、国民にとっての神。
神の命令は絶対だー。

この国には、2種類の国民がいる。

”準国民”
40年前、レギンが出来た際に、他国から憑依で脅されて
連れてこられた国民ー。
何らかのかたちで脅されるか、中谷の魂に憑依されて
操り人形になっている国民だ。

もう一つが”純国民”
これは、レギンで生まれて、レギンで育った人間を示す。
隆吾や朋美は純国民だったー。

純国民にとって、
神の命令は特に絶対であり、
それを疑うものは、隆吾以外、存在しなかった。

「---さて、第1部に移ろうか」
姫香が笑いながら、剣を持ち、
朋美の方に投げた。

裸の状態ではぁ、はぁ、言っている朋美の方に
剣が転がっている。

国民たちの間で”悪魔の剣”と呼ばれている剣だ。

逆族を処罰するとき、
レギンでは、古風なやり方で、剣を用いて処罰するー。

「--まず、父親を殺せ」

”第1部”とは、
逆族の家族を処断することだ。

しかもー、
この上なく、残虐なやり方で。

朋美は、表情を歪める。

「---父を、斬れ!」
姫香が叫んだ。

父親は、立ち上がり、
手を広げた。

「申し訳ありませんでした国王様。
 隆吾のような子供を育ててしまった罪
 私は全て受け入れます。」

父親が叫ぶ。

「--さぁ朋美!私を斬れ!」
父もー
レギンの教えに染まっていた。

「---はい…」
朋美はそう言うと、剣を手に立ち上がった。

「待ってくれ!おい!…おい!」
拘束から解かれていた隆吾が叫ぶ。

「家族での殺し合いなんて、間違ってる!
 みんなおかしい!」

隆吾もー
数年前までは姉や両親と同じ考えだった。

だがー
今は違う。
外の世界を知り、レギンがどんなにおかしな国だか、
気付いたのだー。

「やめろおおおお!」
隆吾は大声で叫びながら朋美に突進した。

朋美は隆吾を振り払う。

「ねぇ!隆吾!これ以上、罪を犯さないで!
 私たちはあなたのせいで汚れたの!
 汚れた私も、お父さんもお母さんも、
 死ななきゃいけないの!」

朋美の言葉に、隆吾は「違う!」と叫ぶ。

レギンはおかしな国なんだ!
そう叫びたかった。

けれど、朋美は、生れてからずっとレギン暮らしで、
外の世界を知らない。

朋美にとっては、これが、”ふつう”なのだー。

「-----」
隆吾はチラリと空を見る。

隆吾はずっと、この日の”クーデター”を画策してきた。
”外の世界のジャーナリスト”と連絡を取りながらー。

今日ー。
そのジャーナリストの母国が、
国民大集会を襲撃することになっているー。

隆吾はー
ジャーナリストに、
”憑依された人間の死体の皮膚”を
提供したー。

彼の母国では、その皮膚を元に
”憑依への対抗能力”の開発に成功したー。

だからーレギンはもう終わりだ。

憑依能力が通用しないー
そうなれば、国王に反撃の術はない。

今日、レギンは、ジャーナリストの母国の攻撃で滅びる。

隆吾は取引をした。

”俺と、俺の家族は、助けてくれ”

と。

ジャーナリストは、頷いていた。

”きみと、君の家族は、攻撃の際に助けだし、
 私の母国に避難させる”

とー。

隆吾は、時間を稼いでいた。

あと、少し。
あと少しなんだ…


そしてー

戦闘機の音が聞こえてきた。

「--なんだ?」
姫香が叫ぶ。

姫香の側近が告げ口をすると、
姫香は笑った。

「--馬鹿な国だ…!」
姫香に憑依している中谷は、いつものように
魂を億単位に分離させて、戦闘機のパイロットにそれを放った。

後続の戦闘機の位置も把握し、全てに自らの分身を憑依させたー。

「---!?」
姫香の表情が歪む。

「--憑依、、、できない!?」

姫香が焦った表情を浮かべる。

そしてーーー
戦闘機から、爆弾が放たれたー

”国民大集会”の会場に向けてー


③へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

隆吾くんは、家族を救い出して、
独裁国家レギンから逃げられるのでしょうか!

次回の最終回をお楽しみに!


コメント

No title

予想外の逆転のチャンス…!
隆吾くんは果たして助かるのか、次回が楽しみです!

Re: No title

> 予想外の逆転のチャンス…!
> 隆吾くんは果たして助かるのか、次回が楽しみです!

ありがとうございます!
次回は意外な結末に…!デス☆
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム