FC2ブログ

<憑依>独裁国家レギン③~炎に消える国~(完)

レギンが、他国の攻撃を受けた。

憑依能力を持つ独裁者ー
国に疑問を持つ隆吾ー
国民たちー

それぞれの運命はー
------------------------------

激しい爆発音が響いたー。

国民大集会が、悲鳴に包まれるー。

他国の戦闘機が、容赦のない攻撃ー
爆弾による攻撃を仕掛けたのだー

悲鳴に包まれた会場を見ながら、
国王に憑依されている少女・姫香が唖然とした
表情でその様子を見ている。

セーラー服姿の彼女は怒りの雄叫びをあげた。

「憑依が効かない!何故だ!」

側近たちが、姫香を安全な場所に
避難させようとするー。

しかし、姫香はそれを振り払って
隆吾の方に近づいてきた。

「貴様ぁ!何をした!?」
姫香が隆吾の胸倉をつかむ。

綺麗な手に胸倉をつかまれた隆吾は笑う。

「---こんな国…間違ってる!」
隆吾が叫ぶと、
可愛らしい表情を歪めて姫香が叫んだ。

「この非国民が!」
姫香の言葉に、隆吾は笑うだけだった。

姉の朋美が、「国王様!」と叫んでいる。

「--うるさい!お前は早くこいつを斬れ!」
姫香が、発狂しながら隆吾を指さした。

「---は、、はい…!」
炎に包まれた宮殿前大広間。

しかし、朋美はこの期に及んでまだ国王の
命令を聞こうとしていた。

剣を持ち、
隆吾の方に迫る朋美。

「くくくく…やれ!やれ!」
姫香が叫ぶ。

もはや、威厳も何もない。

「---姉さん…
 この国はおかしいんだよ…
 俺は外の世界を聞いて、映像を見せてもらって
 知ったんだ。
 この国は、間違ってる」

隆吾がそう言うと、
朋美は動きを止めた。

裸のまま、
恥ずかしがることもなく、
国王の命令で動いている朋美ー。

そんなの、絶対におかしい。

父親と母親が「何をしてるんだ!早く!」と叫ぶ。

朋美に隆吾を斬れと言っているのだ。

「・・・・・・・・・わたし」
朋美が目に涙を浮かべて
剣を下す。

「--わたしには、弟を斬ることはできません!」

朋美が叫んだ。

戦闘機の音が上空で響き渡る。

国民たちはパニックを起こして逃げ惑っているー

宮殿前広間の壇上で、隆吾の家族と国王の姫香、
その側近が、沈黙しているー。

「-だって…わたし…
 お父さんのことも、お母さんのことも…」
朋美が泣きながら剣を落とす。

「---姉さん」
隆吾が朋美の近くに歩み寄ろうとしたときだった。

朋美が突然、ビクンと身体を震わせた。

そしてー
にやりと笑みを浮かべた。

「馬鹿な女だ…!」
朋美が涙を浮かべながら笑っている。

「姉さん!?」
隆吾が驚いて、国王・姫香の方を見ると、
姫香は倒れていた。

姫香に憑依していた国王が、
朋美に乗り移ったのだー

「--直々にお前を斬り捨ててやる!」
朋美は怒りの口調でそう言うと、
剣を拾って、隆吾の方を向いた。

「姉さん!」
隆吾が叫ぶ。

しかしー
その言葉は朋美には届かない。

「無駄だ!この女は、俺のものだ!
 あははあはははははは!」

朋美が狂気の笑みを浮かべて、
刀を振ろうとしたー

隆吾は目を瞑る。

「姉さんーーー」

ーーーー死んだ。
隆吾はそう思った。

だがーーー

ビチャアアア!!!

液体が顔に大量に降りかかったー

痛みはなかった。
これが、死ー。

斬られるときにはー
痛みすら感じないのかー

隆吾はそう思って目を開けたー

「-----!!」

姉の朋美が、血を流していたー

刀を振り上げたまま、
朋美は目を見開いているー

「---!?」

ズババババババババ!

戦闘機が国民大集会の壇上に向けて
弾丸を放っていたー

目を見開いたままの朋美に、弾丸が命中して、
そのまま身体ごと、粉砕されるかのように、
朋美は吹き飛び、動かなくなった。

「----!…ね、、、姉さん…!」
隆吾の身体に噴きかかった血は、
姉の血だった。

「----うあああああああああ!」
隆吾が叫ぶ。

「----おおおおおおおおおおおおおお!」
隆吾のほかにも叫ぶ人間が居たー

女子高生の姫香ー。
朋美に憑依していた国王は、
間一髪で、朋美が死ぬ直前に、憑依から抜け出し、
姫香に憑依したのだった。

「----くそっ!」
姫香は側近と共に、
宮殿の内部へと逃げ込んでいく。

「---ね…姉さん…」
隆吾は亡骸になった朋美の前にしゃがみ込む。

「--お前…!」
少し離れた場所にいた父親が、隆吾の方を見て叫ぶ。

その時だったー。

閃光が走りー
隆吾の父親と母親が吹き飛ばされたー

2人の身体はー
次の瞬間には、無くなっていたー

「うああああああああああああああ!」
隆吾が叫びながら空を見る。

どうして?
家族の安全は保障されていたはずー
何故ー

「---どうしてだぁああああああ!」
隆吾が朋美の亡骸を抱えながら
戦闘機に向かって叫んだ。

戦闘機の攻撃が止むと、
ヘリコプターから特殊部隊が降下してきた。

逃げ惑う国民を銃撃しながら、
宮殿の方に向かっていく。

炎に包まれた宮殿前広間。

そこにー
”あの男”がやってきたー。

隆吾が、出会ったレギンに”密入国したジャーナリスト”だ。

「----ご苦労だったな」
ジャーナリストは、軍服を着ていた。

「---ど…どうして」
隆吾が言うと、ジャーナリストは微笑む。

「--この国を滅ぼすため、君を利用させてもらった。
 ただ、それだけのこと」

彼は、ジャーナリストなどではなかった。
レギンを滅ぼすことを画策する国のー
軍人だった。

「---だ…だましたな!」
隆吾が叫ぶ。

隆吾の言葉に
ジャーナリストを装っていた軍人が笑う。

「腐敗した国は、
 根本から全て絶やさなくてはならない…。
 国民もろとも、全てな」

隆吾は目に涙を浮かべる。

「うあああああああああああああ!」

その怒りの雄叫びをかき消すように、
銃声が響き渡ったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「---くそっ!」
セーラー服姿の姫香が怒りの形相で、
宮殿に戻ってくる。

外からは爆音や銃声が響き渡っている。

「やつら、憑依が通用しないとはー」
姫香は、絶望の表情を浮かべて
髪を掻き毟った。

”独裁国家レギン”には
大した軍事力も軍隊もない。

本当に、国王・中谷の憑依能力だけで
他国と渡り合ってきたのだー

憑依が通じないとなるとー

「---こうなったら…! 
 おい!」

姫香がそう叫ぶと、側近の康史と翔希が、
頷いた。

地下の牢屋を解放する2人。

そこからはー
大勢の女性が出てきた。

その数ー数百。

「---くくく…いざという時のために
 体を確保しておいてよかったぜ」

姫香はそう言うと、
狂った笑みを浮かべながら、
自分の魂を分離させたー

相手に憑依できないなら、排除するまでー。

自分の魂を数百の女性に憑依させると、
数百の女性は全員同じ笑みを浮かべた。

側近の康史と翔希が、全員に武器を手渡す。

そしてー

「--我が国への侵略は許されない!」
と全員が叫ぶと、そのまま宮殿の入り口に向かって
少女たちは歩いていく。

姫香に憑依している中谷が全員を操っているため、
その動きは少しぎこちない、
充分”兵器”としては利用できる範囲だった。

「--脱出用ヘリで離脱するぞ!」
姫香がそう叫ぶと、
側近の康史と翔希が頷く。

あの少女たちも時間稼ぎにしかならない。

もう、この国は終わりだ。
国民の命?そんなものは知らない。

全ての身体は、自分のおもちゃなのだからー。

姫香は笑いながら、裏に用意してある
ヘリコプターの場所へと向かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮殿前の広間では、
ゾンビのように襲い掛かってくる
少女たちと、他国の軍隊が激突していた。

少女たちを容赦なく排除していく軍隊。

操られている少女たちは
「レギン万歳!」と繰り返しているー。
本人の意思は、心の奥底に封じ込められたまま、
死んでいく少女たちー

操られているだけの女性が、
軍隊に勝てるはずもなく、
やがて少女たちは、全滅した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「急げ…!」
姫香が、裏の格納庫の天井を開閉させる。

地下に隠してあったヘリコプターで、
ここから脱出するー

しかしー
銃声が響き渡り、
側近の康史と翔希が悲鳴をあげて倒れた。

「---!!」
姫香が振り返ると、
そこには、ジャーナリストを偽っていた軍人が居た。

「---く…くそっ!」
姫香が叫ぶ。

軍人は笑いながら近づいてきた。

「---お前が中谷だな?」
軍人は、目につけたスコープのようなもので姫香を
見ると微笑んだ。

一般市民を装って逃げ切ろうとしたが
それも無理なようだ。

「く・・・」
姫香はその場に膝をつく。

「---こ、、、この女が、どうなってもいいのか!?
 この女は…真面目にがんばっていた女子高生だぞ!」

姫香が叫ぶ。

しかし、軍人は笑いながら首を振った。

「--きみたちの国の人間は誰一人として
 生かすつもりはない。
 ”レギン浄化作戦”ー。
 我が国で既に決まったことだ」

軍人の笑みに、姫香は
逃れることが難しいことを悟る。

「-------」
姫香は悔しそうに唇を噛みしめると、
呟いた。

「---さ、最後に!」
姫香の言葉に軍人が呟いた。

「最後に一服でもしたいのか?」
ポケットに入っていた煙草を差し出すと、
姫香は笑った。

「胸を揉ませてくれー」

そう言うと、姫香は嬉しそうに自分の胸を触りながら
喘ぎ始めた。

「---変態が」
軍人が呆れた様子で首を振ると、
格納庫内に銃声が響き渡ったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

独裁国家・レギンは一夜にして壊滅した。

憑依の力を封じられたレギンに、
もう勝ち目はなかった。

最も、侵略してきた軍人たちに憑依が通用しないのだとしても、
他国や、軍人たちの母国に対して憑依能力を使えば
なんとかなったかもしれない。

しかしー
”攻撃を受ける”ということを経験してこなかった中谷には、
攻撃されて、混乱した中、そういう考えに至ることができなかったー

レギン40年の歴史はー
終焉を迎えたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ーー「お姉ちゃん~!」

とある平和な国ー。

仲の良い姉妹が休日を楽しんでいた。

ふと、後ろを歩いていたはずの姉が立ち止まっていることに
気付いて、妹が姉を呼ぶ。

呼ばれた姉は、笑みを浮かべたー

「---あ、ごめんごめん、今行く~!」
姉が妹の方に向かって走って行くー。

走りながら姉は、静かに呟いたー

「--また、1から新しい体でやり直しだ…クク…」

とー。


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

レギンは壊滅しましたが、
彼は最後の瞬間に、姫香の身体を捨てて、
別の国の少女に憑依したようです…!

ここまでお読み下さりありがとうございました☆


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

流石にしぶといですね。
しかし憑依の力封じるとは相手もやりますな・・・

No title

さすがに憑依者だけあってしぶといですね
最後に胸を揉ませてくれは、不覚にも笑いました…w
隆吾くんは……南無

Re: No title

> 流石にしぶといですね。
> しかし憑依の力封じるとは相手もやりますな・・・

コメントありがとうございます!
3つとも読ませて頂きました!

こんなジャンルが読みたい!のご希望も
できる限り叶えられるようにします~☆

Re: リクエスト

お名前無しのリクエスト様>

リクエスト受け取りました!
ありがとうございます!
ただ、あまり低年齢をメインにすると、ブログで投稿できない(1回はじかれました)ので、
表現や内容を調整するかもです!

Re: No title

> さすがに憑依者だけあってしぶといですね
> 最後に胸を揉ませてくれは、不覚にも笑いました…w
> 隆吾くんは……南無

コメントありがとうございます!
一般市民は争いに利用される…悲しいですネ…!
最後に胸を…!
欲望に満ちた彼らしいお言葉デス☆
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム