fc2ブログ

<憑依>最後の聖夜①~永遠の別れ~

クリスマスイブ…。

2人は幸せな時間を過ごしていたー。
それが、最後の聖夜になることも知らずー。

--------------------------

12月24日夜ー

大学生カップルが、二人でクリスマスを楽しんでいたー。

友川 雄吾(ともかわ ゆうご)と
花岡 由美(はなおか ゆみ)

2人とも、同じ大学に通う大学生で、
付き合い始めて1年のカップルだー。

イルミネーション輝く広場で、2人は談笑していたー

「---綺麗だね…」
由美が呟く。

”由美の方がきれいだよ”
などと恥ずかしいセリフが雄吾の中に浮かんできたが
雄吾は、それを抑えて呟いた。

「--そうだね」

と。

付き合い始めたのが今年の1月。

これが、二人にとって、初めてのクリスマスー。

目を輝かせながら由美は
イルミネーションを見つめる。

イルミネーションを見つめる由美の目元に
涙が浮かぶ。

目元のほくろのあたりで輝く涙を見て
雄吾は言う。

「--そろそろ行ってあげなよ」

と。

本来、雄吾と由美は、クリスマスイブとクリスマスを
2人で過ごすつもりだったー

けれども、
それは出来なくなったー。

入院していた由美の祖父が、危篤状態になってしまったのだー。

大学生になって上京してきていた由美は、
急遽、北海道に戻ることになっていたー。

「---うん。ごめんね」
由美が涙を流しながら笑う。

「--大丈夫。僕たちには来年もあるだろ?
 おじいちゃんと由美の時間の方が、大事だよ」

雄吾が優しく言うと、
由美はうなずいた。

「--ほら、早く行ってあげなよ」
雄吾が言うと、由美はうなずいた。

雪が降り出してきた。

由美は、少し歩くと、雄吾の方を振り返ったー。

「--また来年も、一緒にクリスマス、楽しもうねー」

とーー

イルミネーションのように輝く笑顔ー

けれどー
それがー
雄吾が見た、彼女の”最後の笑顔”


翌日、12月25日ー。
雄吾は廃人のようになりながら、一人
テレビのニュースを見つめていたー

そこにはーーー
飛行機の墜落した映像ーーー

そしてーー
犠牲者の名前が表示されていたー

”花岡 由美”

とー。

「由美…
 由美…」

涙を流しながら雄吾はそう呟いた。

彼女の笑顔はーーー
消えてしまったー
永遠に…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月24日ー

雄吾は、自宅にやってきた由美を出迎えた。

「雄吾の家に来るの、2回目だね!」
由美が”お邪魔します~”と呟きながら
中に入ってくる。

雄吾も、由美も一人暮らしだ。

「---襲ったりしないから安心してよ~」
雄吾が笑いながら言う。

「--大丈夫~!
 超草食系の雄吾は、そんなことできないもんね~!」
笑いながら由美が冗談を返す。

雄吾と由美は、今年の1月から付き合っていて
これが、初めてのクリスマスだった。

クリスマスイブとクリスマスを2人で過ごすことにした由美は
こうして、雄吾の家に止まりに来ていたのだ。

「--たいしたもの、ないけど…いいかな?」
雄吾が笑う。

テーブルの上にクリスマスケーキやクリスマスチキン、
お寿司などが並んでいるのを見て、
由美は苦笑した。

「こんなにたくさん、食べられるかなぁ~?」

平和なクリスマスー

そうなるはずだった。

しかしー
それは、急に訪れたー。

「---!?」
由美が突然、身体を震わせる。

「由美?」
雄吾は不思議そうに由美の方を見ると、
由美は体を震わせながら青ざめていた。

「--あ、、、あ…あふっ♡ あ…
 な、、、何かが…入ってくる…!」

由美が青ざめた表情で、
雄吾の方を見て助けを求めた。

「な…?何かって!?え…ちょっと!」
雄吾が由美の方に駆け寄る。

しかしー
由美は体を震わせてうつぶせになり、
激しく痙攣し始めるのだった。

「--由美!由美!」
雄吾が必死に由美を呼びかける。

が、痙攣が止まないのを見て、
雄吾は机に置いてあったスマホを手にして
救急車を呼ぼうとした。

「---呼ばないで!」
由美は叫んだ。

「---え」
雄吾がスマホを持つ手を止めて、
由美の方を見る。

痙攣していた由美が、こっちを見ている。
もう、痙攣はしていない。

「---も、、もう大丈夫なの?」
雄吾がそう聞くと、由美は言った。

「---お願い。落ち着いて聞いて。
 私はーーー今夜…死ぬわ」

由美の言葉に、
雄吾は沈黙したー

時計の時刻は18:30-。

「---は?」
雄吾が言うと、
由美は言った。

「お願い!信じてー
 わたしはーー未来から来たわたし…。
 今夜の飛行機が落ちて、
 わたしはーー死ぬの」

由美の言葉に、雄吾は混乱しながら言う。

「は、、、ははは・・・
 由美、、どっきりは良くないよ…
 びっくりするじゃないか」

雄吾が言うと、由美は叫んだ。

「お願い!信じて!
 今夜、わたしのおじいちゃんの容体が急変して
 わたしは北海道に戻ろうとして、飛行機に乗るの!」

由美は目から涙をこぼしながら叫ぶ。

「その飛行機が落ちて…わたしは…!

 それで…雄吾…ずっとわたしのことで
 悲しんで…ずっとずっと、雄吾、泣いてるの…」

その場に泣き崩れてしまう由美。

「ちょ…ちょっと!」
雄吾が由美を抱きかかえる。

由美は言うー

「---わたし…
 死んだ未来の由美…
 お願い…わたしを、、助けて」

由美の言葉に、雄吾は、ごくりと唾を飲み込んだ。

「・・・あのさ」
雄吾が呟く。

「さすがに、笑えない冗談だよ、それ」
雄吾がため息をついて、ケーキのほうを見つめる。

部屋の隅に飾ったクリスマスツリーが
むなしく点灯している中、
由美は続けた。

「---本当なの…!
 信じてもらえないだろうけど…信じて!
 死んだ後に過去に来て、こうして
 過去のわたしに憑依してるなんて、
 非現実すぎるとはおもうケド…
 でも…!」

由美が涙を流しながら言う。

半分、パニックになっているようにも見える。

雄吾は「なら…」と呟く。

「ボクがこれから由美に渡すプレゼント、わかる?」
雄吾が聞くと、由美は涙を流しながら微笑んだ。

「ーーちょうど先週、わたしが壊しちゃった
 音楽プレイヤーでしょ?」

雄吾は驚くー
あたりだった。

「え…な、、何で知ってるの?」

「--未来から来たから」

由美の言葉に、雄吾は驚く。

「---ほ、、、本当なの?」
雄吾が言うと、由美はうなずく。

「---ほ、、本当だとして
 どうすればいいんだよ?」
雄吾はそう言いながらも
「温めたクリスマスチキン、醒めちゃうなぁ」などと思いながら
テーブルの上を見つめた。

「--わたしと…エッチして」
由美が言った。

「えっ…えぇ!?!」
雄吾が驚いて飛び上がる。

雄吾と由美は、付き合い始めて1年近くになるが
エッチの経験はない。
由美がそういうの苦手そうだったし、
雄吾にとっても一緒に居られればいい、という理由で
エッチをしたことがなかったのだった。

「---そ、、そんなこと言うなんて!
 由美じゃないな!」

雄吾が叫ぶ。

「--お、、お前は誰だ!」
雄吾は思うー
さっきの由美の苦しみ方は芝居なんかじゃないし、
悪ふざけするにしても、こんなに長々と悪ふざけを
するような子じゃない。

「---だ、だから由美だってば!」
由美が叫ぶ。

「---違う!エッチをしようなんて由美は言わない!」
雄吾が叫ぶー。

「-わたしさ…ずっと、雄吾となら…って思ってたんだよ…!
 でも、雄吾が何も言ってくれないから…!」
由美が涙をこぼしながら叫ぶ。

そして、由美は時計の方を見つめた。

「あと10分で、わたしのおじいちゃんの容体が
 急変した、って電話が私のスマホに来るの」

「---」
雄吾も時計の方を見つめる。

「その連絡に、わたしが気付かないように…
 わたしとエッチして…。お願い…」
由美が真剣な表情で呟いた。

「---」
雄吾は、返事をしない。

もしも、今、話している相手が
本当に未来から来た由美ならー?

この由美の言うとおり、
祖父が急変し、由美は飛行機で北海道に戻る途中にーー
死ぬーー。

「--ごめん。これ以上は……もう…」
そう呟くと、由美の身体から、何か光るものが飛び出した。

そしてー
由美の姿をした幽霊のようなものが現れた。

由美の身体が倒れる。

「お…おい!由美!」
雄吾が駆け寄り、呼びかけると由美はすぐに目を覚ました。

「あ…あれ?雄吾…?わたし…」
由美は無事だった。

「--ーーー」
由美の無事を確認すると、雄吾は、横に居る
”未来の由美”の幽霊を見つめたー

「---どうしたの?」
雄吾の見つめている方向を由美が見つめる。

しかし、由美には、未来から来た自分の幽霊が見えていないようだ。

”はやく!はやくわたしをエッチに誘って!”
幽霊の由美が語りかける。

雄吾は幽霊の由美の目を見つめて、
考える仕草をしたあとに、微笑んだ。

「---由美、そろそろ食べよう?」

と。

クリスマスの食卓の方に、由美と共に移動する雄吾。

立ち尽くす未来の由美の亡霊。

そのときーー
由美のスマホが鳴った。

「--ちょっと待っててね」
由美の言葉に、雄吾が頷く。

そしてー
通話を終えた由美が、目に涙を浮かべて、言った。

「--ごめん…
 おじいちゃんが、急変したって…
 今すぐ、病院に行かなくちゃ…」

由美の目元から涙が零れ落ちたー。
傷もにきびも何もない綺麗な顔が、
涙で濡れているー

「---由美…」
雄吾は由美の言葉を聞いて確信したー。

”未来から来た由美”の言うことは本当だと。

そんな雄吾を見つめていた”未来から来た由美”の幽霊は
叫んだ。

”わたしを行かせないで!早く止めて”

とー。

その言葉を聞いて、
雄吾は静かに首を振った。

「---わかった。早く、おじいさんのところに
 行ってあげてー」

雄吾は、そう由美に伝えたのだった…。


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

今年唯一のクリスマスモノです☆
ちょっと変わった感じの憑依モノ…!
結末はどうなるのでしょうか~!



コメント

No title

なるほど、タイムリープ物も見方を変えると憑依と言えなくもないですね…
果たして由美は助かるのか、気になるところです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> なるほど、タイムリープ物も見方を変えると憑依と言えなくもないですね…
> 果たして由美は助かるのか、気になるところです

コメントありがとうございます☆
明日をお楽しみに~!
とだけ言っておきます~笑

Re: No title

リクエストご希望様>
漫画の内容を小説家は権利関係で問題になると大変なので、
受付していません…!
ごめんなさい…!
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

カテゴリ

検索フォーム