FC2ブログ

<転生>ある日、目を覚ますと異世界の姫になっていた①

昨日まで、普通のサラリーマンだった。

だがー
目を覚ますと、
彼は、姫になっていたー。

---------------------

「--きみぃ!こんな企画なら、うちのポチでも企画できるよ」
企画部長の山盛 次郎(やまもり じろう)が言う。

「---は、申し訳ございません」

サラリーマンの
幾田 俊介(いくた しゅんすけ)。

30代後半の彼は、
大学卒業後にこの会社に就職した。

だが、
上司に恵まれず、出世もできず、現代にいたる。
金銭的余裕もなく、休みもあまりない。
恋愛もする余裕はなかったし、趣味を楽しむ時間さえなかった。

だからこうして、何もないまま、30代後半になってしまったのだ。

「申し訳ない申し訳ない申し訳ない…!」
山盛部長が机を叩く。

「君は政治家か!」

部長の怒号に、周囲が失笑する。

「--謝るんじゃなくて、行動で示せよ!きみぃ!」
山盛部長の言葉に、
俊介は唇を噛みしめながら机に戻る。

「---」
くそっ!と内心で毒づく。

俊介の企画は決して悪いわけではない。
山盛部長は、俊介にパワハラを仕掛けているのだ。

「ま、お前は悪くないよ」
ニヤニヤしながら後輩の足利(あしかが)が言う。

「先輩…気を落とさないで下さい!」
優しい20代の女性社員・麻美(まみ)が言う。

後輩にも完全に舐められている。
俊介は悔しがりながらも、
どうすることもできずに居た。

・・・・・・・・・・・・・

夜ー
ボロいアパートに帰宅した俊介。

大家のおばさんから
「--あんた、騒音の苦情が来てるよ!」
と嫌味を言われた。

だがー
騒音を出しているのは俊介ではない。

隣の部屋に住んでいる
30代で、ロックミュージシャンになることを目指している男の騒音だ。

だが、ガラが悪いため、
大家のおばさんは、びびってしまい、彼に注意することが出来ず、
代わりに隣に住んでいる俊介に嫌味を言ってくる。

とんだとばっちりだ。

「くそっ!つまんねぇ人生だぜ」
俊介が、チューハイの空き缶を放り投げる。

家に帰っても、やることがない。
テレビもないし、楽しい事と言えば、スマホで
ツイッターを開くことぐらいだ。

テレビは昔あったのだが、
見ていないのにTHKが受信料受信料うるさいので、
集金の人にテレビをそのまま持たせて追い返した。

「--はぁぁ…生き難い世の中だぜ」

そう呟きながら俊介は布団に入る。

どうせ、明日も同じ1日だ。
いや、明日だけではない。
来週も、来年も、10年後も、
同じような日々だろうー

山盛部長が居なくなっても、
また別の嫌なやつが現れる。

それだけのことだ。
前任の薄禿部長が転勤になったときも喜んだものだが、
何も変わらなかった。

もういい、寝よう。

夢だけが、
娯楽だー。

俊介は、今日もいつものように眠りについた。

・・・

・・・

・・・

「--姫…!姫様!」
聞きなれない老人の声で、俊介は目を覚ます。

「姫様!ひめさま!!」
やかましい声ー

俊介は目を開いた。

「---!?」
物凄く広い部屋にいるー。

自分は椅子に座っていて、
横では、老人が何かを言っている。

「--あ、、え???」
俊介は混乱した。

「--まだ寝惚けておられるのですか…?」
老人が言う。

「--まったく、父君が急死なされたのですから
 もう少し姫様としての自覚を持ってもらいたいものですな」
老人の言葉に俊介は首をかしげた。

「姫様?」
俊介の言葉に、老人も首をかしげる。

「--ほれ、しゃきっとしなされ…!
 シャイン王国の姫君としての自覚を…」

老人に言われて、俊介は自分の身体を見る。

高貴なドレスを身にまとった自分がそこには居たー

「--えっ?うわああああああ!」
俊介は叫ぶ。

老人も、整列していた臣下たちも驚く。

「--な、、なんだこの格好は~~!」

立ち上がり、叫ぶ姫。

”姫様はご乱心か”

整列していた騎士団はそう思った。

「--ひめさま!」
老人が叫ぶ。

「いい加減、目を覚ましなされ。
 間もなく罪人のジローがここに連れてこられます。
 姫様がその処遇を決めるのですぞ」

老人の言葉に、
俊介は困惑しながら言った。

「あ、あんたは誰だ…?」
と。

口から出るのは、高い声ー
それに違和感を感じながら、
俊介は”あぁ、夢か”と納得しながら
”どうせ夢ならこの状況を楽しむか”と決める。

「だ、、、誰…!?」
老人が驚く。

「わ…私は姫様を幼いころからお世話しております
 マグナスですぞ!」

老人・マグナスがそう言う。

「あ、そ、、そうか、、いや、、そうね…マグナス!
 あは、あはははははははは!」

笑いだす姫。

周囲はさらに困惑していく。

だがー
一番困惑しているのは俊介だった。

夢だとは分かっているけれど、
自分が女ー
ましてや姫になるなんてー

「---姫様!」
兵士が頭を下げる。

そして、罪人・ジローが、引っ立てられてきた。

「---!!」
姫になった俊介は驚いたー

連れてこられたのはー
企画部長の山盛 次郎そっくりの男だった。

「--街で盗みを働いていた男です。
 姫様。王族の名のもとにこの男に裁きを」

この国ではー
国王や姫が、自ら罪人への処罰を下す。
シャイン王国の基本的方針ー
”慈悲の心”の名のもとに。

「え?お、、俺…?」
俊介が言うと、
側近の老人・マグナスは言った。

「お、、俺…?
 ゴホン・・・
 姫様、罪人に裁きを与えるのは初めてでございましたな。

 父君がやられているのを以前見たことがあるはず。
 姫様、いつものようにやれば良いのです」

その言葉に、俊介は頷いた。

「--あ、、、そ、、そうか…いや、そうよね」
姫は立ち上がった。

そしてー
ジローの方を見る。

見れば見るほど、企画部長の山盛 次郎に似ている。

「あはははははは!そうかそうか!
 俺も部長にストレスを溜めていたんだな!」

姫の声が響き渡る。

側近のマグナスも、兵士たちも唖然とする。

俊介は思う。
自分が姫になっていて、
部長の山盛が罪人になっている。
なんていう夢だと。

「あははははははは!面白すぎるぜ!」
姫の身体でそう叫ぶ。

姫の声が宮殿内に響き渡り、
側近のマグナスも、臣下達も表情を歪めていた。

「--罪人・ジロー。
 貴様は、わが国で盗みを働き、
 民を混乱と恐怖に陥れた。
 その罪をこれから、姫様が直々にお裁き下さる」

騎士団長のカペルが罪状を読み上げる。

「--コホン、姫様…
 いつも通りやるのですぞ。
 お父上のやられていた通りに…。」
マグナスが耳打ちした。

姫になった俊介は叫んだ。

「決まってるだろ!山盛部長~!お前は死刑だ~!」
俊介は、姫の身体でそう叫んだ。

ざわ…

王宮内が一斉にざわつく。

「ひ…姫様…!」
マグナスが困惑する。

「---死罪…?」
騎士たちも首をかしげる。

だがー
この国で、姫の権力は絶対だった。

「---はっ」
戸惑いながらも、騎士は一礼すると、
ジローを掴み、その場で切り捨てた。

血しぶきが飛ぶ。

「ひっ!?!?!?」
俊介は思わず悲鳴を上げた。

ふざけて”死罪”と言ったのに、
ホントに死罪になってしまった。

しかも、血ー

「う…うわああああ」
うろたえる姫。

「--これ、姫様はお疲れのようだ
 自室にお連れしろ」
側近・マグナスが言うと、騎士の何名かが、
姫の方に歩み寄る。

「--はっ。姫様。お部屋までご案内致します」

「ひっ…え?あぁ、はい、ありがとうございます」
サラリーマンの癖で、俊介は唐突に敬語で
答えてしまった。

王宮を歩く俊介ー
姫の格好で歩くのは落ち着かない。

王宮を歩きながら、さっきの光景を思い出す。
山盛部長に似た、ジローが斬り捨てられた場面を。

トラウマになりそうだ。

だが、それを頭から振り払う。

…それよりも、綺麗な髪ー
程よい大きさの胸ー

「な…なんだこれは…ぐふふふふ」
つい、一人で笑みを浮かべてしまう俊介

王宮の風景を見渡しながら
俊介は思う。

”に、しても凄い夢だな”

と。

自分にこんな願望があったなんて驚きだ。
まぁ、毎日、疲れてるから、
夢が醒めるまでは楽しませてもらうぞ。

ジローを死罪にしたことなんてどうでもいい。
夢なのだから。
ポジティブに行こう。

俊介はそう思いながら部屋へと入った。

「では姫様。我々はこれで」
案内してきた2名の騎士が頭を下げて立ち去る。

「俺が…いや、、わたしが…姫」
部屋にあった鏡を見ながら、姫になった俊介は微笑む。

姫の顔は、俊介の想像よりもきれいで、
整った顔立ちだった。

「---ごくり」
俊介は唾を飲み込む。

やけに、リアルな夢だ。

「--こ、、、この身体…今なら」

胸に少し手を触れてみる。

ドキッ!
少し触れただけで、大声でやったぜ~!と叫びたくなるぐらいに
興奮してくる。

「か…髪…おんなの…かみ」
髪を触りながらはぁ、はぁと荒い息を出す姫。

さらさらした髪…

ぺろり…

少しだけ舐めてみる

「--うぁぁ…ぁぁぁぁ」
なんか、甘い香りがする。

そしてー

鏡を見ながら思うー

ドキ

ドキ

今なら、服を脱ぐのも自由ー

「---お、、俺の身体だし、
 俺の夢だしー」

「いいよなー」

にこっとして鏡を見つめながら
服を脱ごうとしたその時だった。


「---姫様!失礼いたします」

ドキィィィィィイ

「ひぃっ!ご、ごめんなさい!」
サラリーマンの癖で、謝ってしまう俊介。

入ってきた可愛らしいメイドがきょとんとしている。

「あ…わ、、私こそ申し訳ありません。
 姫様を驚かせてしまって」

メイドが、頭を下げる。

「あ…い、、、いえ、、、わ、、私こそ」
姫のフリをしながら俊介は言う。

それにしても、長い夢だ。

「--あ、、あの、、お着替えを…と思いまして」

「き…着替え」

「はい…」
メイドが、鎧のようなものを差し出す。

「--こ、、これは?」
戸惑いながら聞くと、
メイドは答えた。

「これから騎士の皆様の演習の視察に
 お出かけになられるお時間ですので、
 お着替えを、と思いまして」

「き…着替え…?」

俊介は頭の中で、着替える姫を想像したー

そして、
この可愛らしい姫が凛とした騎士の姿に
なるのを想像したー

「ぶふぅ~!」
姫は鼻血を噴きだして
その場に倒れてしまった。

「ひっ…姫様!」
メイドが叫ぶ。


あぁ…幸せだーーー
ここで、目が覚めるんだなー


俊介は、そう思いながら意識を失ったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

がばっ!

目を覚ました俊介は
時計を見る。

遅刻だー。

そう思ったー

だがー
遅刻、ギリギリだった。

「ふぅ~!やっぱ夢か
 それにしても、リアルだったな」

俊介は苦笑いする。

そして、会社に向かう。

会社に到着すると、
俊介はあることに気付いた。

「--山盛部長は?」
山盛部長が居ないのだ。

「---え?あぁ、山盛部長なら、昨日、自宅で急死したけど?
 知らなかったか?」
同僚が言う。

「--え」
俊介は思うー。

「---」

俊介は
”夢”で、山盛部長に良く似た”ジロー”を死罪にしたことを思い出す。

「ま…まさかな」

ジローの死罪。
山盛部長の死ー。

俊介は得体のしれない不安を感じていたー


②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

初の異世界モノ(?)デス…!

上手く書ききれるか分かりませんが、
少しでもお楽しみ頂ければ嬉しいデス!

コメント

No title

夢の中だけ異世界に……しかも異世界での出来事が現実にリンクして…?
最近流行りの異世界転生ものとは大分趣向が違って面白いですね
続きが気になります

Re: No title

> 夢の中だけ異世界に……しかも異世界での出来事が現実にリンクして…?
> 最近流行りの異世界転生ものとは大分趣向が違って面白いですね
> 続きが気になります

ありがとうございます~!
異世界転生ものは世の中にたくさんあるので、
少し違うテイストにしてみました~☆
非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム