FC2ブログ

<入れ替わり>君と交わるなんて考えもしなかった②~優花編~

勇輝の身体になってしまった
優花ー。

ひとまず、お互いの家に帰ることにした2人は…!

※優花視点での物語
(身体は勇輝・中身は優花)デス!
勇輝編はこちら(音調津様のPixiv)でご覧ください!

※ツイッターのフォロワー様
 音調津様(@Tabikorai)との合作!
 第2話・優花視点は、私が担当しました!!

※本日の小説は午前中に投稿済みデス!
----------------------------------

優花は、勇輝の身体で帰宅しながら思うー

「なんなの、、この展開…!」

とー。

普段の優花は
おしゃれも遊ぶのも大好きな元気な女子高生ー

けれどー

今はー

「あぁぁあぁ~~どうしよう…」

入れ替わってしまった動揺からか
特に何も考えずに、”お互いの家に帰ろう”と、
そういう話の流れになってしまったが、
失敗だったー

「とりあえず家に帰ってどうするのよ…」

とりあえずお互いの家に帰るー?
そんなの、何の解決にもならないー

優花はそう思いながらー
勇輝の身体で、勇輝の家を目指して歩いていくー

「--う~ん」

商店街のお店のガラスに反射する
勇輝の姿を見て、優花は呟く。

「素材はいいと思うんだけどなぁ~~」

勇輝は、おしゃれには興味がないー。

だからかー
顔立ちは悪くないのに、
髪はちょっとボサボサしているし、
地味な印象を受けるー

しゃべれば、しゃべるけど、
こちらから話しかけなければ
話しかけてくることはないし、
いつも狭いコミュニティの中で、
過ごしているような感じー

それが、勇輝だ。

けど、、そんなところが…。

「---って、行かなくちゃ…
 竹沢くんの家に…

 …というかこれ、ホント、どうするの?!」

一人でうろたえながら
優花は、勇輝の身体のまま
家へと向かうのだったー。

先日、お礼を渡しに行くときに
この道は通っているから、
勇輝の家に行くまでに
迷ってしまうようなことはなかったー。

けれどー…。
そこが”自分の帰るべき場所”となると
気分が違う。

「あぁ…もう~!
 家に帰ってシャワーあびたいのにっ!」

優花は思わず通学路で
イライラして叫んでしまった。

頬を膨らませてー
ぷんすかしている優花ー

周囲の視線が集まっているのに気付くー

しまった!今、身体は男子のー
竹沢くんの身体だった!

身体が入れ替わっている、なんてことを
知らない周囲の人からすれば、
男子高校生が突然オネェみたくなった
ようにしか見えないだろうー

「あ、、あははは…
 え、、演劇部の練習でーす!」

優花は
勇輝が変なやつだと思われないように
慌ててそう言うと、
周囲の通行人たちはさらに不思議そうな顔で
優花を見つめる。

こ、これじゃやばい男子になっちゃう!

優花はそう思って、
猛ダッシュでその場を立ち去ったー。

「わわ…!」
猛ダッシュしてみて優花は思うー

だ、男子の身体って走りやすい~!

正直、竹沢くんのことは
体力無さそうに思ってるけど、
こんな風に走れるなんて~!

優花は思わず「すご~い」と声に出してしまった。
それほどまでに
女子と男子の身体では
差があったのだったー。

優花が、陸上でもやっていれば別だったかもしれない。
けれど、優花はごく普通の女子高生。
だからー体力面では
勇輝のような男子にも遠く及ばないのだった。


「はぁ…思わず全力疾走しちゃった」

そう呟く優花。

優花は、”竹沢”と書かれた表札の前で
深呼吸するー。

一体、竹沢くんは普段
どんな風に振る舞っているのだろうー?
学校では大人しいけれど
家ではそうとも限らないー。

「と…とにかく、当たって砕けるしかない…!」

優花は、勇輝の身体で、
勇輝の家へと入って行く。

「おじゃましま~す!」

ーーー!!

優花は自分の口から
男の声…勇輝の声が出たことではっとした

「じゃない…!ただいま~~~!」

そう言うと、母親が苦笑いする。

「--ど、どうしたの?」

いきなりのピンチ!
優花はそう思いながら
「あはははははは…」とだけ笑った。

母親と話していれば
絶対ボロを出すー
なりきることなんてできない!

そう思いながら優花は2階へとダッシュしたー

しかしー

「-------…!」
優花は戸惑う。

竹沢くんの部屋はどこなのかー

優花は勘で部屋を開けると、
母が声をかけてきた。

「ど、、どうしたの?
 お父さんの部屋なんて開けて…」

部屋の中には
プラモデルや、”百合”と書かれた習字が
貼りだされていたー。

「---あ…え…えと…
 お父さんのプラモデルすごいなぁ~って あはは」

優花は勇輝の身体でそう呟くと、
母親はさらに苦笑いする

「あんたの部屋は、1階でしょ」
とー。

「--1階」

優花は溜息をつく。

自分の部屋が2階だから
ついつい勇輝の部屋も2階だろうと
先入観を持っていた。

「あ、そうそう、あの子とどういう関係?」
母親が言う。

ーーあの子?

優花は考える。

ーー!!

あの子って、たぶん、わたしのことじゃん!

とー。

この前、お礼を届けに来た時、
優花は、勇輝の母親と顔を合わせている。

その時、母は
戸惑うような表情を見せていた。

恐らく、竹沢くんの家に女子が
やってくることが、珍しかったのだろうー

優花はそう思いながら、
さらに考えるー

「まさか…彼女だと思われてる?」

優花はそう思いながら
口にした。

「---た、、た、ただのクラスメイトだよ」

勇輝がいつもどのように母と会話
しているのかは分からない。

けれどもー
なんとか、そう返事をすると、
そのまま歩いて行こうとしたー。

「---でも」
母が言う。

「勇輝、あの日ずっと、顔を赤くしてたから
 てっきり好きなのかと思って」

「え…あは…あはははは、
 そんなことないわ、、、ねぇよ!」

勇輝の身体で必死に笑顔を
作って、優花は勇輝の部屋に飛び込んだ。

鞄を丁寧に置き、
ため息をつく。

部屋には
アニメのグッズやフィギュア、ブルーレイから
ゲーム、漫画などが揃っていた。

「はぁ~インドア派ね」

優花は呟く。

別に、趣味は人それぞれだから
何でもいい、と優花は思っている。

自分はアウトドア派だけど、
こういう趣味の人のことを
とやかく言うつもりはない。

「---はぁぁ…どうしよう」
疲れ果ててベットに座りこむ優花。

男の身体にも慣れていないー

「う~ん…」
部屋を見回す。

それにしても色々なものが
置かれている。

そしてー

「ん~?」
優花はふと、本棚に並べられた本の
一部がほんの少しはみ出ていることに気付くー

優花がそこを開けてみるとー

エッチなDVDや本がずらりと並んでいたー

「--ぴぎゃ~~~~!!!!」

あまりそういうことに耐性のない優花は
思わず叫んでしまったー

顔を真っ赤にして
したばたする優花。

「な、、なにこれぇぇぇ…」
慌てて本棚の位置を元に戻す。

赤面したまま、
ぼ~っとする優花。
何故か、勇輝の身体が興奮したのか、
勇輝のアソコが大きくなっている。

「わわわわ…な、なにこれ…
 ど、どうすればいいの…?」

優花は戸惑ってしまう。

男の人のコレが大きくなってしまった場合は
どうすればいいのか。
全く分からない

「…も~!小さくなって!」
優花は叫ぶ。

高校生の男子が、必死に
アソコを抑えながら
女言葉で、慌てふためいている。

「---あ」

ふと気づくと、
部屋の入口が開いていて―
そこに母親が立っていた。

母親は苦笑いしながら
静かに勇輝の部屋の扉を閉めたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「は~」

優花は疲れ果ててベットに横たわっていた。

自分の身体は大丈夫だろうかー。
普段、人見知りとかはしない自分でさえ
こんなに勇輝として振る舞うのに
戸惑っているのだからー
奥手な感じの勇輝はー
今頃ー

「--はぁぁ…気が重い」
優花は頭を抱える。

優花の身体になった勇輝が
何かトラブルを起こしていないかどうか
心配になってくる。

いやー
それだけじゃない。

勇輝の部屋にアダルトゲームが
置いてあったということは、
つまり、それは、あれだ。
そういうことにも興味があるということになる。

二次元専門か、
三次元にも実は興味があるのかー
分からない。

けどー

「あぁぁぁ…心配…」
優花は、頭を抱えることしかできなかったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜ー

母と父に囲まれて
晩御飯が始まるー。

「う…」
優花は思わず表情を歪めた。

「--あら?どうしたの?」
母親が不思議そうな顔をする。

「い、、いえ、なんでも、、ないです」
思わず実の母に
敬語で話してしまった優花ー。

だが、母はそこではなく、
別の場所が気がかりな様子だったー

「勇輝の好きな餃子よ?
 いつもすっごく喜ぶじゃない」

母の言葉に
優花は「あは、あははははは」と
苦笑いしながら、ようやく
餃子を食べ始めたー

優花はー
餃子が大の苦手だー

身体は勇輝だからー
味覚も違うはずー

そう思ったけどー

ダメだったー。

味覚は優花のままなのか、
それとも、優花が”嫌い”と思っているから
不味く感じるのかー

「--う…うううう」
優花は苦しみながらも
ここで餃子を吐き出したら
流石に、勇輝のお母さんに申し訳ないと思い、
餃子を必死に飲み込んだ。

「---どう?おいしい?」
母親が聞いてくる

「あ、、う、、、うん、やっぱり、、おいしいな…」
目からは涙がこぼれていたー

「泣くほど美味しいか!そうかそうか!」
父も笑っている

「--むぐぐぐぐぐ…」
優花はもがきながら餃子を2個、3個と
食べていく。

そして、ようやく自分の前に
置かれた餃子を5つ食べ終えた
優花ー

勇輝の身体なのに
優花の意識が餃子を拒絶している。

餃子は敵であると。

「---いい食べっぷりだな!」
父が笑った。

「--俺のを2つやろう!」
父が、残っていた餃子3つのうち2つを
優花の皿の方に置いた。

「・・・・・・・・」

優花は、そんな餃子を見つめながら
涙を浮かべるのだったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

餃子戦争を終えた優花は、
ふらふらしながら
お風呂へと向かうー

「竹沢くんの身体でお風呂なんて
 なんか変な気持ちだけど…
 まさか入らないわけにはいかないし、
 餃子臭いし…」

そう思いながら
優花はお風呂に入る。

「はぁぁぁぁ…」

男の裸に優花は正直、
あまり興味はない。

だがー
胸がないーというのは
不思議な感覚だった。

「--わぁ…小さい…」

男子の乳首を見て
優花は思わずつぶやいてしまう。

もちろん、テレビだとか写真だとか
そういうものでみたことはあったが
改めて自分がそうなってみると
不思議だった。

「う~ん」
優花は不思議な感覚になって呟く

「なんか…こう、、
 膨らんでないと寂しいかな?」

優花は苦笑いする。
別に、日常生活で何に使うわけでもないけれど、
なんとなく、あったものがない、というのは
寂しい感じだった。

「--」
頭を洗い流す優花。

「お風呂は楽かも…」
優花は、この状況を少しだけ楽しんでいたー

滅多に味わうことのできない感覚。
せっかくなら楽しまなくちゃ、と優花は思うー

元に戻れるかどうか、まだ、分からないー
けれど、きっと、戻ることはできる。

それに、くよくよ考えても仕方がない。

優花はー
いつも、前向きに、人生楽しく生きることを
大切にしてきたー。
それは、今も同じ。

何事にも前向きな優花ー

「--あ…」

優花は身体を洗いながら
苦笑いした。

「---違和感がすっごい…」

男の身体にしかないそれを見て
優花は違和感を感じるー

こんなものが身体についているなんてー

どんな感覚なんだろう、と思っていたけれど
こんな感覚なのね…と優花はまた苦笑いすると
身体を洗い終えて浴槽へと入るー。


お風呂から上がると、
優花は鏡を見つめるー

そこには勇輝の姿。

「----頑張れば、かっこいいと思うんだけどな」

優花は鏡を見ながらぼそっと呟く。

勇輝はおしゃれっ気がないー
でも、顔自体は悪くないと思うし、
もっと、自分自身に自信を持つことができればー

「--お、勇輝~!」
父親が何の合図もせずに、
風呂場の側にやってきた。

「きゃあっ!?」
優花は思わずバスタオルで身体を隠す。

しかも、反射的に勇輝の身体で
「きゃあ」とか言ってしまった。

やばっ!と思いつつ、
優花は勇輝の父親の方を見る。

「--なんか、今日のお前は可愛いな」
勇輝の父親が笑う。
優花は「はは…」と苦笑いしながら、
そういえば今は男の子の身体だったんだ…と
思いながら適当に父親と
会話を交わすー。

「ところでー」
父親が口を開くー。

「--この前、家に来たって子、
 好きなんだろ?」

父親の言葉に優花は
思わずえぇぇ!?と叫びそうになったー

この父親は何を言ってるのか。

「母さんから聞いたぞ。
 何かその子からおみやげのようなもの
 貰ったって。

 その日ずっと、お前、うわの空
 だったらしいじゃないか」

父親がニヤニヤしながら言う。

「いや~お前にも好きな子が
 できたんだな~」

父親の言葉に
優花は反論する

「ち、違うってば!
 わたしは、ただのクラスメイトで!」

優花はそこまで言って
自分で自分の口を塞いだ。

”わたし”じゃなーい!

優花は自分で自分に突っ込みを入れた。

今、優花は勇輝の身体だー
だから、優花はわたしであってわたしではないー

「体は正直だな」
父親が言う。

「--!!」
優花はゲゲッと、思いながら
勇輝の身体を見るー。

あそこが大きくなっていた。

「も~~~!!!!なんなのこれ~!」

優花は思わず叫んでしまった。

・・・・・・・・・・・・・

「はぁぁぁあ~」

勇輝の部屋に戻った優花は、
もうくたくただったー

「ほかのひとの身体で過ごすって、たいへん…」

勇輝の身体で過ごすのは大変ー

もし、入れ替わった相手が
同じ女子だったとしても、
また違う意味で大変だっただろうー

他人の身体で生活するということは
本当に大変なこと。

優花はそう思いながら
くたびれた身体を
なんとかベットまで運び
そして、眠りについたのだったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪~!

「---!」

朝が訪れるー

優花は目をこすりながら
部屋を見渡した。

「--あれ…」

目を覚ました場所は
見慣れた光景ではないー

一瞬、
何事かと優花は思う。

そしてー
自分の手が
自分の色白の手ではなく
ちょっとごつごつした感じの手であることに気付く。

「あ…」

優花は眠りから覚めて、
今の自分の状況をはっきりと
思い出すのだったー

「あぁ…!わ、わたし…
 竹沢くんと入れ替わったんだった~~~!」

優花は大声で叫んで頭を抱えた。

「----…」

ふと気づくと、母親が扉を開けて
唖然としていた。

「---あ、、、」

優花は、やばっ!と思う。
今のセリフを聞かれただろうかー

しかも、
部屋の中で、一人、頭を抱えるという
謎ポーズを取ってしまっている。

どうすればー

「--あぁ…わたし…
 お父さんと入れ替わったんだった~!」

母親がふざけて、優花の真似をすると
ニヤニヤしながら、「なかなか起きてこないから
起こしに来たのよ」と笑ったー

「---あ、、ありがと~」

聞かれた。

優花は絶望した。

このままだと入れ替わったことがばれるーというか、
頭がおかしくなったと思われそうだ。

やっぱり、早く元に戻らないとー。

優花はそう思いながら、
朝食を手早く済ませる。

母親との会話をなんとか
乗りきり、制服に着替える。

「う~ん…
 男子の制服ってなんだか窮屈~」
優花はそう呟きながら着替える。

普段、スカートの優花にとって
なんとなく、制服のズボンは
暑苦しく感じたー

もちろん、学校以外の場面では
優花もずっとスカートというわけではなく、
ズボンをはくような場面もあるけれど、
学校のズボンとなると
なんだか足が締め付けられているような
そんな窮屈な気分になるのだった。

ようやく着替え終えた優花は、
自分の部屋から出て
洗面台に行き、髪を整える。

「あらー?」
母親が笑う。

「あんた、今まで学校行く前に
 髪なんてとかしたこと
 なかったじゃない。

 --やっぱり、あの子のこと
 好きなのね?」

母親の言葉に
優花は顔を赤らめながら
「ち…違うよ!」と叫んだー。

実は優花も、勇輝のことは
内心少し気になっている。
自宅では…

そこまで考えて、優花は
首を振るー

今はそんなこと考えている場合じゃな~い!

とー。

慌てて家を飛び出す優花。

「はぁ~疲れた…」

優花は勇輝の家から出て
ようやく解放されたかのような気持ちになる。

「は~…」
人の家で、他人のふりをして
1日過ごすってとっても大変だー。

しかも、それが異性の身体であればなおさら。

「--ってか…」
優花は呟く。

「髪ぐらい少しは手入れしなさいよ…」

そう呟くと優花は勇輝の身体で
学校へと向かったー。

”待っててね、わたしの身体”

今頃勇輝は、自分の身体で
どうしているのだろうー
エッチなことしたりしてないか、だとか
家族に変に思われていないか、だとか
心配になりながら-
優花は足早に学校へと向かうのだったー


③へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

私がもしも優花ちゃんだったら…
こんな風に戸惑うかなぁ~
なんて思いながら書きました!笑

勇輝くん視点は、音調津様の
Pixivで掲載中なので、そちらもぜひお楽しみくださいネ~!

明日が最終回デス!

コメント

非公開コメント

プロフィール

無名

Author:無名
憑依小説好きです!
TSF/憑依系メイン
の小説を公開していきます!

基本的に毎日更新しています!

無断転載はご遠慮下さい。。

ツイッターやってます!

PR

PR

カテゴリ

検索フォーム